メインメニューを開く

概要編集

1990年代のいわゆるジェネレーションXMTV世代を描いた映画。原題の "Reality Bites" からも分かる通り、厳しい現実(現実が噛み付いてくる=現実に直面する=厳しい現実)に立ち向かう4人の若者を描いた青春群像劇

ザ・ナックビッグ・マウンテンU2レニー・クラヴィッツダイナソーJr.リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズらの曲が全篇を彩っている。

ストーリー編集

大学を総代で卒業したリレイナはTV局の契約社員として働き始めるが、ひょんなことからクビになってしまう。そんな時、同じように仕事をクビになった大学生時代の男友達トロイとサミーが、リレイナと親友のヴィッキーが住むアパートに転がり込んでくる。4人は半ば強引に共同生活を始める。

登場人物編集

リレイナ・ピアース
演 - ウィノナ・ライダー、日本語吹替 - 小林優子
大学を総代で卒業した優秀な学生だった自分と、現実のつまらない仕事(TV局のAD)の狭間で悩む。ドキュメンタリー制作の仕事を夢見ており、自分たちの生活をビデオカメラで時折撮影している。
トロイ・ダイアー
演 - イーサン・ホーク、日本語吹替 - 関俊彦
リレイナの男友達。哲学科に在籍していたが、中退してしまう。頭は良いようだが、現実を斜めから見ているひねくれ者。真面目に働くのがバカらしいと感じている。バンドボーカルをしている。
ヴィッキー・マイナー
演 - ジャニーン・ガラファロー、日本語吹替 - 喜田あゆ美
リレイナの女友達。リレイナと共同生活をしている。大学卒業後はGAPで働いている。男性経験は豊富だが、真剣な恋愛には無関心。HIVへの感染を心配している。
サミー・グレイ
演 - スティーヴ・ザーン、日本語吹替 - 高木渉
トロイの男友達。ゲイである自分と両親との関係に悩んでいる。
マイケル・グレイツ
演 - ベン・スティラー、日本語吹替 - 堀内賢雄
MTVの編集局長。ひょんなことからリレイナと出会う。
トム・ピアース
演 - ジョー・ドン・ベイカー、日本語吹替 - 辻親八
リレイナの父。
シャレーヌ・マグレガー
演 - スージー・カーツ
リレイナの母で、トムとは離婚し再婚相手がいる。
グラント・カブラー
演 - ジョン・マホーニー、日本語吹替 - 田原アルノ
TV番組「グラントのモーニング・ショー」司会者。
タミ
演 - レネー・ゼルウィガー
トロイの遊び相手。
ロジャー
演 - キース・デイヴィッド、日本語吹替 - 辻親八
ラジオ局の面接官。
ルイーズ
演 - アン・メイラ
新聞社の面接官。
ホットドッグ店員
演 - デヴィッド・スペード(クレジットなし)
ホットドッグ店のベテランマネージャー。
シェリル・グッド
演 - ジーン・トリプルホーン(クレジットなし)
TV番組「ヒップ・ファッション」のレポーター。

スタッフ編集

サウンドトラック編集

  1. My Sharona / ザ・ナック
  2. Spin The Bottle / Juliana Hatfield Three
  3. Bed Of Roses / The Indians
  4. When You Come Back To Me / World Party
  5. Going, Going, Gone / ザ・ポウジーズ
  6. Stay / リサ・ローブ&ナイン・ストーリーズ
  7. All I Want Is You / U2
  8. Locked Out / クラウデッド・ハウス
  9. Spinning Around Over / レニー・クラヴィッツ
  10. I'm Nuthin' / イーサン・ホーク
  11. Turnip Farm / ダイナソーJr.
  12. Revival / Me Phi Me
  13. Tempted / スクィーズ
  14. Baby, I Love Your Way / ビッグ・マウンテン
    本編ではオリジナルのピーター・フランプトンのヴァージョンが使われている。
  15. Rock & Roll (Part 2) / ゲイリー・グリッター

参考文献編集

  1. ^ Reality Bites”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク編集