メインメニューを開く

リアルタイム字幕放送(リアルタイムじまくほうそう。リアルタイムキャプション放送とも)は、字幕つきの放送のうち、放送時に字幕を作成・付加するシステムを指す。ここでは、主に日本テレビ放送で、受信機で表示を切り替えられるもの(「字幕放送」)を述べる。

概要編集

日本の字幕放送は事前に収録した番組にしか対応していなかった。生放送における字幕放送は、海外の表音文字のみ使用する場合だと音声認識で対応できたが、日本では同じ音でも複数の表記方法がある表語文字が使われ、機械的や技術的な問題があり行われていなかった。聴覚障害者高齢者にも情報バリアフリーを推進していこうとNHK放送技術研究所が音声認識ソフトによる文字放送を開発した。2000年3月27日から日本放送協会(NHK)の一部番組で実施されており[注釈 1]、現在は民間放送(2013年現在は前者の日本テレビTBSテレビフジテレビテレビ朝日テレビ東京各系列と、その番組を同時ネットする一部の独立局や、一部のBS放送局およびCS放送局)やインターネットテレビ配信サービスのAbemaTVでも実施している。

原理編集

リアルタイム字幕の原理には、人間が聞き取ってキーボードから文字を入力する方式と、音声認識技術を用いた音声認識方式と、の2方式が存在する。

字幕を生成する過程以外では、通常の字幕放送と同じ流れでデータが重畳され、電波に乗せられて届けられる。原理的に字幕を生成する部分での遅延が避けられないので、字幕は発声の数秒遅れで表示される事になる。

キーボード入力方式編集

放送音声を「ステノキャプショナー(速記字幕入力者)」と呼ばれる入力オペレータが聞きながら同時に打ち込みを行う。入力は複数人で分担して行われるが、方式によって役割分担が異なっている。

主に2つの方式がある。

一般的なキーボードを用いた方式
パソコン要約筆記を応用した方式。複数人のオペレータが交互にリレー入力をする。ふだんよく見かける一般的なOADG仕様のキーボードを使っている[注釈 2]ため、入力者を短期間で養成でき低コストというメリットをもつ。TBSテレビ朝日が採用している。
速記キーボードを用いた方式
スピードワープロ[1]やステンチュラといった速記用に最適化されたキーボードを使う。聞き取った音を入力する人と、その文字を漢字に変換する人に分担されている点が前項とは異なる。このため本方式ではかならず2人単位の人員を要する。トップスピードでは前項の方式に勝るものの、高価な専用キーボードが必要でオペレータの養成に3年程かかるため人件費もかさむ[2]。スピートワープロ研究所[3]やワードワープ[4] が採用しており、NHKやいくつかの民放がこれらの会社と契約をしている[2]

通常は打ち込み速度が放送音声より遅れるため、入力オペレータと校正オペレータの組を複数セット用いてリレー方式で入力を行う。

音声認識方式編集

基本的には音声認識による文字情報の直接生成を用いたものである。音声認識は現在でも100%の変換が難しいものであるが、ニュースにおいては語調や使用される単語などを一定の条件に制限できる事から、この用途に限って音声認識を用いる事で高い変換効率を実現した。開発当初、リアルタイム字幕の付加はスタジオなどでのアナウンサーの発声に限られる場合が多く、VTR映像などの音声には同様の字幕が付かない事が殆どだった。スポーツイベントやNHK紅白歌合戦などの番組では、専門のアナウンサーが字幕生成のためにセリフを再発声する「リスピーク方式」とすることで同様の条件を達成している[5]

NHKでは2012年3月14日放送の一部の『NHKニュース』から、アナウンサーの発声など認識率が高い部分は音声認識システムを使い、聞き取りにくい部分のみ担当者がリスピークを行う「ハイブリッド方式」の導入を開始した[6]

AbemaTVでは2018年12月10日放送の『けやきヒルズ』から、LASSICが開発したリアルタイムAI字幕システム「AIポン」の導入を開始した[7]

通常の字幕放送との違い編集

  • 音声認識・キーボード入力共に、放送音声から字幕が表示されるまで遅延が発生することは、どうしても避けることができない。アメリカ合衆国クローズドキャプションも同様。
    • NHKの生放送番組(ニュース番組以外)などでは、VTR収録部分や予め決めているコメントがあるときは、事前に作成しているためか、遅延なしまたは微妙な遅延程度に抑えて表示することもある[注釈 3]
    • ニュース番組などで事前に作成されている原稿を、放送されている音声のタイミングに合わせて字幕を送出するものは「テイク方式」と呼ばれる。
  • 民放の番組ではCMに入ると、原理的にCMに入る数秒前の発言は字幕化できない。また、CMから明けてもCM入りする前の字幕から表示されるわけではないため、発言の流れがそこで途切れてしまう[注釈 4]
  • 歌や音楽の音符・効果音の記述「(○○の音)」等、音関係の表示が少ない(一部番組では実施)。
  • 表示位置は半固定。モニタの設定ができる場合をのぞき、常時同じ場所に表示される(NHKではほとんどの番組でテロップなどが隠れないように、字幕の位置を動かしている)。
  • 半角文字は用いられない。カタカナ英数字は無条件で全角になる[注釈 5]
  • 注意しないと誰が話しているのか分からないことがある。アメリカのリアルタイム字幕放送同様に話し始めは“>>”や“≫”の記号を挿入するが、実施していない番組もある[注釈 6]。ただ、NHK、テレビ朝日、TBS、日本テレビのスポーツ中継では生放送でも話している人の苗字が表示されることもある。
  • 日本の字幕放送は色別に区分けする事ができるが、民放のリアルタイム字幕での実施例は少ない(NHKではニュース番組を除き色分けを実施。日本テレビでも2018年から一部のスポーツ中継で色分けを実施している)[注釈 7]
  • 一部の録画番組では、放送日時近くまで番組制作をしていて、通常の字幕放送の制作方法では放送に間に合わないためか、リアルタイム字幕放送と同様の形式で字幕が表示されている場合がある(日本テレビ系列番組に多い。TBS系列にもある)。
  • 人名などの固有名詞が発せられると、その漢字が判明するまで字幕の進行が止まってしまうか、すぐに判明しない場合はひらがなもしくはカタカナでの入力を余儀なくされる(事前に準備しておいた資料と突き合わせられれば、かなりの改善が期待される)。
  • 放送局によって話がテロップ表示されている箇所も字幕表示するかしないかが異なる(日本テレビ系とフジテレビ(一部)はテロップ表示部分も字幕表示〔外国語を訳したテロップ表示を除く〕)。
  • 文字の打ち込みから送出までの時間が限られているため、通常の字幕放送に比べ誤字や脱字が出やすい傾向にある。そのため、一部の局では番組開始冒頭に事前に作成した「生放送のため誤字が生じる場合があります」や「誤字脱字が発生する場合があります」などといったその旨の断りを表示している。
  • SBS8ニュース』のKNTVでの放送分での日本語字幕は、翻訳しながら字幕を打ち込んでおり、常時放送では唯一のリアルタイム字幕放送となっている。『MBCニュースデスク』をネットしていた頃の2006年12月から実施している。

実施番組編集

ローカルに差し替わった部分では行わない場合がある。

NHK(特記がない限りすべて総合テレビ、Eテレ)編集

民間放送編集

日本テレビ系列編集

その他、各種スポーツ中継においても実施されている。字幕は日本テレビ制作番組では画面上段に固定表示(2017年9月3日のマスター更新からはニュース番組・情報番組・バラエティ番組などでは従来どおり画面上段で、スポーツ中継などでは上段よりやや下寄りに表示。日本テレビで地震速報などのテロップを表示する時には表示位置が移動する[注釈 11])読売テレビ制作番組では画面中段に固定表示されている。

また、これ以外の収録番組においても、放送回によってあるいは特別番組の場合にリアルタイム字幕放送を採用する事もある。

テレビ朝日系列編集

TBS系列編集

  • 昼のニュース番組(平日は2002年頃より実施、週末も実施)
  • 夕方の全国ニュース2001年JNNニュースの森より全国パートのみで実施、2008年度のイブニング・ファイブより夕方ニュースの全時間帯で実施)
  • JNNフラッシュニュース(平日は2014年度より、日曜は2017年度より実施)
  • 報道特集NEXT→報道特集(2008年6月28日までは、スポーツコーナーまでで終了していたが、同年7月5日より、ローカル枠を除いて全編に拡大)
  • SAMURAI BASEBALL2007年シーズンより。但しBS-TBSとその日に差し替え中継を行う地域〈MBSでは深夜の録画放送を除き実施〉は除く)
  • オールスター感謝祭(2011年秋より実施)
  • 王様のブランチ(2012年4月より。但しBS-TBS〈2012年9月終了〉は除く)
  • news23(2014年3月31日より実施)
  • 情報7days ニュースキャスター(2016年4月2日より実施)
  • S☆1(2017年4月2日より毎週日曜日に実施)
  • サタデープラス毎日放送制作、2015年4月4日の放送開始より)
  • サンデーモーニング(2016年10月2日より実施)
  • 報道1930(BS-TBS、2018年12月3日より実施、民放キー局系BSの独自番組では初のリアルタイム字幕放送。他番組の字幕放送(1行15文字)と比べると横に少し大きい(1行19文字))
  • サンデーニュース Bizスクエア(BS-TBS、2018年12月9日より実施。同上)
  • せやねん!(毎日放送の近畿地方向け情報バラエティー番組。2019年4月6日より実施)
  • ミント!「Newsミント!」(毎日放送の近畿地方向けローカル情報ワイド番組のニュースパート。2019年4月1日の番組開始時より実施)
  • MBSニュース(毎日放送のローカルニュース、平日昼に実施)
    毎日放送のニュース番組では事前に字幕を用意し、放送時にその字幕を手動で送出するためか、字幕が表示されるのはリード(導入部)とニュースおよび特集のVTR部分のみで、スタジオパートや天気予報では「【この部分は字幕がありません】」と表示される。
  • チャント!CBCテレビ東海3県向けローカル報道ワイド番組)
  • まるっと!サタデー(2019年7月6日の放送開始より)
  • グッとラック!(2019年9月30日の放送開始より)
    その他、各種スポーツ中継においても実施されている。字幕は画面中央(やや下寄り)に固定表示されている。
    TBSからのニュース番組[注釈 13]。で実施する場合、基本的にキャスターのニュース読みの文末を丁寧体(「です・ます」調)から新聞記事の文章のような普通体(「だ・である」調)に変換して表示している(例:ニュース読み「JNNの取材で明らかになりました。」⇒字幕「JNNの取材で明らかになった。」)。報道特別番組の場合は文末変更はない場合もある。
    また、通常の字幕放送では句点(。)はつけないが、リアルタイム字幕放送では付けている事が多い。

テレビ東京系列編集

フジテレビ系列編集

過去に実施された番組編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 最初の実施番組は開始同日の『NHKニュース7
  2. ^ 親指シフトや、JISかなをするオペーターもいるが稀である。
  3. ^ NHK以外で、この状況に当てはまる一例として、テレビ朝日系列の「ミュージックステーション」が挙げられる。同番組では、VTR部分(当てはまらないVTR部分もある)に入ると、事前に字幕の内容が決まっているためか遅延が一気に縮まり、ナレーションを示す括弧(<>)や、喋っている人物名(「人物名:文言」のように書かれる)も表示されるようになる。ただし、ときどき字幕が遅れる。なお、テレビ朝日制作の番組では、これに似たような形式の字幕(表示時間は字幕内容と番組の進行に合わせ調整されている)が通常の文字多重放送として展開されており、字幕が遅れることもあるが、リアルタイム字幕放送との関連は不明。
  4. ^ 関西テレビ制作の番組ではCM明けにCM入りする前の字幕が表示されている(『にじいろジーン』など)。
  5. ^ ただし、TBSでは「、」・「。」英数字は半角で表示されることもある(『輝く!日本レコード大賞』では、英字が使われているアーティスト名を半角で表示している)。
  6. ^ 関西テレビ制作『にじいろジーン』、『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』、『こやぶるSPORTS』では“◆”の記号
  7. ^ NHKの大相撲中継の場合、本日の実況・解説者を紹介する際に「○○≫○色で表示します。」と表示される。
  8. ^ 一部時間帯は関東甲信越地方向けに放送。
  9. ^ 一部時間帯は福岡県の福岡都市圏筑後エリアでのみ放送。
  10. ^ ごごナマ」や「NHKプロ野球」(BS1)など大型番組では、中断ニュース明けにも表示される。
  11. ^ 地震速報以外にも生放送番組でプレゼント応募の電話番号が画面上部に表示された場合も同様、字幕表示位置が移動する。(主に『火曜サプライズ』など)
  12. ^ ただし、それ以前にも重大ニュース時や2017年以降毎年1月1日に放送される「新春特大スペシャル」で実施されたことがある。
  13. ^ 対象となるのは、JNNフラッシュニュース、『JNNニュース』(『ビビット』、『新・情報7DAYS ニュースキャスター』、『S☆1』(日曜のみ)での最新ニュースコーナー時もJNNニュースと同じ扱いになるためその部分のみ文末変更)、『Nスタ』、『報道特集
  14. ^ BSジャパン(2018年9月まで)時代は未実施
  15. ^ ボクシングやRIZINなどの格闘技中継の場合試合中は画面中の段に表示位置を変更する

出典編集

参考資料編集

  • 読売新聞2013年4月9日付24面「テレビ知り隊」生放送の字幕、どう作成?

外部リンク編集