リアンドロ・バルボサ

ブラジルのバスケットボール選手 (1982 - )

リアンドロ・バルボサLeandro Barbosa)ことリアンドロ・マテウス・バルボサLeandro Mateus Barbosa, 1982年11月28日 - )はブラジルサンパウロ州サンパウロ出身の元プロバスケットボール選手。バスケットボール指導者。NBAフェニックス・サンズなどに所属していた。ポジションはポイントガードシューティングガード。192cm、91kg[1]

リアンドロ・バルボサ
Leandro Barbosa
Leandro Barbosa Rio 2016cr.jpg
リオデジャネイロオリンピックでのバルボサ (2016年)
サクラメント・キングス
ポジション PG/SG
役職 アシスタントコーチ
シュート 右手
基本情報
愛称 "Leandrinho","The Brazilian Bomber",
"The Brazilian Blur","LD"
ポルトガル語 Leandro Mateus Barbosa
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1982-11-28) 1982年11月28日(40歳)
出身地 サンパウロ州の旗サンパウロ州サンパウロ
身長(現役時) 192cm (6 ft 4 in)
体重(現役時) 91kg (201 lb)
ウィングスパン(現役時) 208cm  (6 ft 10 in)
キャリア情報
出身 ブラジルの旗 バウル
ドラフト 2003年 1巡目 28位  SAS 
選手経歴
1999-2001
2001-2003
2003-2010
2010-2012
2011
2012
2012-2013
2013
2014
2014-2016
2016-2017
2017-2018
2018-2019
パルメイラス パルメイラス
バウル
フェニックス・サンズ フェニックス・サンズ
トロント・ラプターズ
フラメンゴバスケットボール
インディアナ・ペイサーズ
ボストン・セルティックス
ワシントン・ウィザーズ
フェニックス・サンズ
ゴールデンステート・ウォリアーズ
フェニックス・サンズ
フランカ・バスケットボールクラブ
ミナス・テニスクラブ
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ ブラジルの旗 ブラジル 2002年-
獲得メダル
男子バスケットボール
ブラジルの旗 ブラジル
FIBAアメリカ選手権
2005 サントドミンゴ 大会ベスト5
2009 サンフアン 大会ベスト5
パンアメリカンゲームズ
2003 サントドミンゴ
ブラジル代表でのバルボサ (2016年)

経歴編集

NBA入り以前はブラジル国内チームであるPalmierasやBauru Tilibraでプレイ。2002年にはブラジル代表として世界選手権に出場し、2006年には日本で開催された同大会のために来日している。

2003年のNBAドラフトにてサンアントニオ・スパーズより1巡目28位指名を受けるが、直後にフェニックス・サンズにトレードされる。バルボサがNBAで本格的に頭角を現し始めたのは、サンズにスティーブ・ナッシュが移籍してからであった。ナッシュが移籍した2004-2005シーズン、サンズはリーグでも最弱クラスのチームから最強クラスのチームへと生まれ変わった。サンズの今後は、MVPのナッシュを休ませるためのバックアップガードに掛かっていたが、バルボサにその期待が寄せられた。ナッシュが加わることによりもともとサンズのお家芸であったランアンドガンオフェンスにさらに磨きがかかり、ロングシュートを中心としたハイスコアゲームを展開するようになったサンズに、バルボサは完璧にフィットする。まずはシューターとしての才能を開花させ、2005-2006シーズンは3ポイントシュート成功率でリーグ3位にランクされた。持ち前のスピードも活かされるようになり、正確なロングシュートと素早いカットインを武器に、2006-2007シーズンにはチーム3番目となる18.1得点のアベレージを残し、NBAシックスマン賞を受賞した。 2010-11年シーズンはトロント・ラプターズヒド・ターコルードウェイン・ジョーンズとの交換で移籍。怪我に苦しみながらも、一試合平均13.3得点を挙げた。2011年、NBAロックアウトの影響で故郷ブラジルのチーム、フラメンゴバスケットボールでプレーする。2012年3月、インディアナ・ペイサーズに移籍。2012年10月、ボストン・セルティックスに移籍した。

2014年9月14日、ゴールデンステート・ウォリアーズと契約。67勝15敗とチーム史上最高勝率を記録したウォリアーズのベンチ陣を支え、自身初のNBAファイナル出場。見事に優勝し、前年サンアントニオ・スパーズでチャンピオンに輝いたティアゴ・スプリッターに続くブラジル人NBA選手のNBAチャンピオンに輝いた。

2016年7月6日、古巣のフェニックス・サンズと2年800万ドルで契約した[2] が、2017年7月2日に解雇された[3]

現役引退後編集

2020年9月14日、2015NBAチャンピオン、NBA記録の73勝樹立に貢献したゴールデンステート・ウォリアーズにプレイヤー・メンター・コーチとして帰還した[4]

2022-2023シーズン開幕前にウォリアーズを退団し、サクラメント・キングスのアシスタントコーチに就任することが発表された[5]

人物・エピソード編集

2022年にNetflixで配信されたNBAを題材とした映画のハッスル英語版に出演している[6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集