リイシ・オテルマ

リイシ・オテルマ(Liisi Oterma、1915年 - 2001年4月4日)はフィンランドの女性天文学者である。フィンランドで最初に天文学の学位を得た女性である。

リイシ・オテルマ

ユルィヨ・バイサラの助手として、小天体の観測を行い、周期彗星38P/ステファン・オテルマ彗星と39P/オテルマ彗星、139P/バイサラ・オテルマ彗星と54個の小惑星を発見した[1]1938年修士号を取得し、1956年女性として初めて天文学の学位を得た。1962年トゥルク大学の天文学の教授になった。

小惑星(1529)オテルマは彼女の名前から命名された[2]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Minor Planet Discoverers”. MPC. 2021年7月12日閲覧。
  2. ^ (1529) Oterma = 1912 VO = 1938 BC = 1950 PV = 1959 RD1”. MPC. 2021年7月12日閲覧。

外部リンク編集