リエック・マチャル

南スーダンの政治家

リエック・マチャル・テニィ英語: Riek Machar Teny1950年 - )は、南スーダンの政治家。現在、同国の第一副大統領。副大統領[1]を歴任した。独立までは南部スーダン自治政府の副大統領を務めていた。ヌエル族(ヌアー族)。日本語メディアでは「マシャール」とも表記される[1]

リエック・マチャル
Riek Machar
リエック・マチャル(2012年6月)
生年月日 1950年(73 - 74歳)
出生地 エジプトの旗 英埃領スーダンユニティ州レール英語版
出身校 ブラッドフォード大学
所属政党 スーダン人民解放軍
配偶者 エマ・マキューン
アンジェリーナ・テニィ

南スーダンの旗 初代 南スーダン統一政府第一副大統領
在任期間 2020年2月22日 -
大統領 サルバ・キール・マヤルディ

南スーダンの旗 初代 南スーダン第一副大統領
在任期間 2016年4月26日 - 2016年7月23日
大統領 サルバ・キール・マヤルディ

南スーダンの旗 初代 南スーダン副大統領
在任期間 2011年7月9日 - 2013年7月23日
大統領 サルバ・キール・マヤルディ

在任期間 2005年8月11日 - 2011年7月9日
大統領 サルバ・キール・マヤルディ
テンプレートを表示

経歴

編集

1950年、英埃領スーダンレール英語版生まれ[2]ジョン・ガラン大佐率いるスーダン人民解放軍(SPLA/M)の最も初期のメンバーの一人である[3]1991年、ラム・アコル、ゴードン・コング・チュオルとともに分派SPLAナシル派を結成する。その後1993年から1994年までSPLA統一派に参加し、武装闘争を調整した。そしてSPLM/SPLAの見解である統一を維持した「新スーダン」路線を否定し、南部スーダン住民の民族自決権が合法であることを宣言した。

マチャルはイギリス出身の援助員だったエマ・マキューンと結婚した。第一子妊娠中だったエマは1993年、ナイロビで自動車事故のために死亡している。

1997年、南スーダンの民族自決を合法化する内容を包括したハルツーム和平協定が締結されると署名している。

1997年から2002年まで、南部スーダン国防軍(SSDF、その後SSIM)の司令官となり、1997年8月7日から2000年1月31日まで、南部スーダン調整評議会議長兼スーダン共和国大統領補佐官を務めた。2005年8月11日から南部スーダン副大統領に就任し、2011年7月9日に南スーダン共和国として独立したことに伴い同国副大統領に就任した。

しかし、2013年7月にキール大統領により副大統領職を解任され[4]、同年12月にはマチャル支持派と政府軍の間で戦闘が勃発(南スーダンクーデター未遂事件 (2013年))。周辺諸国の介入もあり2015年8月には両者が和平に合意、2016年4月にキールを引き続き大統領、マチャルを第一副大統領とする暫定政権が発足した(2013年より副大統領職を引き継いだジェームズ・ワニ・イッガ英語版は引き続き副大統領のまま)。しかし和平は長く続かず、同年7月8日に両者が面会中に双方の警護隊が衝突したことをきっかけに再び両者の対立が激化し、7月23日にマチャルは第一副大統領を再び解任された[5]。その後、キールに対する反政府勢力に武力闘争を呼びかけたことで和平を目指す周辺諸国からの顰蹙を買い、やむなく南アフリカに拠点を移した。

2018年8月5日にスーダンにてキール大統領と統一政府樹立に合意。3ヶ月以内に発足する、3年間限定の移行政府の第一副大統領に就任することが決定した[6]。その後、移行政府の発足は2020年2月22日まで延期され、期限前日の2月21日になってマチャルが第一副大統領への就任宣誓を行った[7]。しかし合意内容はほぼ履行されることなく2年半が過ぎ、2022年8月にはキール大統領が選挙実施の困難さを理由に暫定統治期間を2年間延長し、総選挙は2024年12月に延期された。マチャルも協定の履行を確実にすること理由として、移行期間の延長に同意した[8]

脚注

編集
  1. ^ a b “南スーダン情勢治安悪化で米、大使館員に退避を指示”. 産経新聞. (2013年12月18日). https://web.archive.org/web/20131218130642/http://sankei.jp.msn.com/world/news/131218/mds13121816220007-n1.htm 2012年12月18日閲覧。 
  2. ^ “Salva Kiir et Riek Machar : après le geste du Pape pour sortir le Soudan du Sud de l’enfer”. Agence Ecofin. (2019年1月31日). https://www.agenceecofin.com/grand-format/3105-66611-salva-kiir-et-riek-machar-le-geste-du-pape-pour-sortir-le-soudan-du-sud-de-l-enfer 2020年2月23日閲覧。 
  3. ^ Sudan People's Liberation Army/Movement
  4. ^ “南スーダン前副大統領「反乱軍は自分の指揮下」”. 産経新聞. (2013年12月22日). https://web.archive.org/web/20131222225321/http://sankei.jp.msn.com/world/news/131222/mds13122218580002-n1.htm 2014年4月18日閲覧。 
  5. ^ “南スーダンの深刻な国内対立…自衛隊撤収後にできること”. 読売新聞. (2017年4月27日). http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20170427-OYT8T50036.html 2017年5月2日閲覧。 
  6. ^ “南スーダン、統一政府発足で合意 内戦終結へ道筋”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年8月6日). https://www.afpbb.com/articles/-/3185031 2018年8月28日閲覧。 
  7. ^ “South Sudan rivals Salva Kiir and Riek Machar strike unity deal”. BBC News. BBC. (2020年2月21日). https://www.bbc.com/news/world-africa-51562367 2020年2月23日閲覧。 
  8. ^ “South Sudan again delays its 1st election, until late 2024”. アルアハラム. (2022年8月4日). https://english.ahram.org.eg/News/472644.aspx 2023年3月7日閲覧。 

関連図書

編集
  • Douglas H. Johnson (2003) The Root Causes of Sudan's Civil Wars (African Issues), Indiana University Press, ISBN 0-253-21584-6
  • Deborah Scroggins (2004) Emma's War Vintage Books USA - Academi, ISBN 0-375-70377-2
  • Maggie McCune (1999) Till The Sun Grows Cold Headline Book Publishing Ltd, ISBN 0-7472-7539-4

外部リンク

編集
公職
先代
タバン・デン・ガイ英語版
(第一副大統領)
  南スーダン統一政府第一副大統領
初代:2020年 -
次代
(現職)
先代
(創設)
  南スーダン第一副大統領
初代:2016年
次代
タバン・デン・ガイ英語版
先代
(分離独立)
  南スーダン副大統領
初代:2011年 - 2013年
次代
ジェームズ・ワニ・イッガ英語版
先代
サルバ・キール・マヤルディ
  南部スーダン自治政府副大統領
第2代:2005年 - 2011年
次代
(分離独立)