リオレ・エ・オリビエ H-246

リオレ・エ・オリビエ H-246

リオレ・エ・オリビエ H-246(Lioré et Olivier H-246)は、1930年代末にフランスで製造された4発大型飛行艇である。

開発編集

リオレ・エ・オリビエ H-246は1937年リオレ・エ・オリビエ社(後の同年に国営の航空機製造会社のシュド・エスト社(SNCASE)に吸収された)で開発された。試作機のH-246.01は1937年9月30日に初飛行した。パラソル型配置の主翼に金属製胴体の機体は4名の乗員と26名の乗客を収容し、エールフランス1938年1月に6機のH-246.1を発注した。1940年フランス占領の後、ヴィシー政府は自軍の空軍で使用するために幾つかの改造を施した。これらの機体は主に偵察任務に使用され、4丁の7.5 mm 機関銃を装備した。4機の民間のH-246は1942年にドイツ空軍に引き渡された。ドイツ軍の機体は21名の兵員又は14床の担架が運べるように改装され、フィンランドへの輸送を含む様々な任務に使用された。戦後、2機のH-264.1が数年間エールフランスで運用された。

運用編集

  フランス
  ヴィシー政府
 

要目編集

 
H.246

(H-246.1)

  • 乗員:4 - 5名
  • 乗客:26名 又は 兵員21名 又は 担架14床
  • 全長:21.17 m (69.45 ft)
  • 全幅:31.72 m (104 ft)
  • 全高:7.15 m (23.45 ft)
  • 翼面積:131 m2 (429 ft2)
  • 空虚重量:9,800 kg (21,605 lb)
  • 全備重量:15,000 kg (33,069 lb)
  • エンジン:4 * イスパノスイザ 12Xirs
  • 最大速度:330 km/h (205 mp/h)
  • 巡航速度:287 km/h (178 mp/h)
  • 巡航高度:7,000 m (22,965 ft)
  • 航続距離:2,000 km (1,242 m)
  • 上昇率:
  • 武装

出典編集