メインメニューを開く

リオ・グランデ川 (Rio Grande) は、アメリカ合衆国コロラド州から流れ出しメキシコ湾へ注ぐである。スペイン語で、リオ (Río) は川を意味し、リオ・グランデ (Río Grande) は、「大きな川」という意味。(したがって、「リオ・グランデ川」は、重言になる。)

リオ・グランデ川
リオ・グランデ川 2005年3月26撮影
延長 3,057 km
平均の流量 82 m³/s
流域面積 570,000 km²
水源 サンフアン山地 英語版[1]
水源の標高 3,658[1] m
河口・合流先 メキシコ湾
流域 アメリカ合衆国 (52.1%)
メキシコ (47.9%)
テンプレートを表示

メキシコでは、リオ・ブラーボ(Río Bravo、怒れる川)またはリオ・ブラーボ・デル・ノルテ(Río Bravo del Norte、北の怒れる川)とも呼ぶ。アメリカ合衆国では、スペイン語名に「川」を意味する英語 river を付けて Rio Grande river と呼ぶこともある(ただし、重言)。

地理編集

コロラド州のサンフアン山地に源を発し、サンルイス谷を流れてニューメキシコ州に入る。アルバカーキラスクルーセスを流れ、テキサス州エルパソに至る。エルパソ、シウダ・フアーレスから下流は、1845年からアメリカとメキシコ国境となっている。南東へ流れマタモーロスの東側に小さな三角州を形成しメキシコ湾に注ぐ。

リオ・グランデ川は高い山地を源流とし、かなりの部分は標高の高い場所を流れる。エルパソの地点での標高は1,147mある。ニューメキシコ州ではリオ・グランデ地溝を流れ、エルパソからは東に砂漠の中を流れる。亜熱帯であるリオ・グランデ谷では大規模な灌漑農業が行われている。長期間雨がほとんど降らないと、水は海まで到達しなくなる。

古代にはリオ・グランデ川の流れはリオ・グランデ地溝内の塩湖で終わっていたが、およそ100万年前に大規模な河川争奪が発生して以降、東に流れるようになった。

支流はペコス川コンチョス川サラド川、サンフアン川など。

国際河川編集

国境の川をはさんで向かい合う「米墨双子都市」と呼ばれる都市の組みがいくつかある。エルパソシウダ・フアーレスラレードヌエボ・ラレードマッカレンレイノサブラウンズヴィルマタモーロスなどである。

1906年には蛇行するリオ・グランデ川の本来アメリカ合衆国の土地であったはずの川の北側の部分が、開削による河道のショートカットによって川の南側になってしまったので、1967年までの60年間はメキシコ領となっていた。その忘れ去られた土地に作られたリオ・リコと呼ばれる街がアメリカ領とメキシコ領のどちらかで両国は揉めていたが、1977年に協議がまとまって正式にメキシコ領の街となった。

移民の渡河編集

メキシコからアメリカに向け川を渡る不法移民は後を絶たず、しばしば川を渡り切れずに溺死する例も見られる。2019年には、2歳児を含む親子が死亡、アメリカ民主党は不法移民に否定的なドナルド・トランプ大統領を批判する材料としたが、大統領側は「民主党が成立を阻んでいる法律さえあれば、こうした人々は来ないだろう。」として一蹴している[2]

利水編集

リオ・グランデ川の水の利用は1906年のリオ・グランデ協定によって規定されている。これはコロラド州、ニューメキシコ州、テキサス州間の協定およびアメリカとメキシコとの間の条約である。

その他編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b Metz, Leon C.. “Rio Grande”. The Handbook of Texas Online. 2016年12月21日閲覧。
  2. ^ 移民親子の水死体写真に怒り 民主党、トランプ氏批判強める”. AFP (2019年6月27日). 2019年6月27日閲覧。