リオ・ロボ』(原題:Rio Lobo)は、1970年制作のアメリカ合衆国西部劇映画ハワード・ホークス監督、ジョン・ウェイン主演。

リオ・ロボ
Rio Lobo
監督 ハワード・ホークス
脚本 バートン・ウォール
リイ・ブラケット
製作 ハワード・ホークス
出演者 ジョン・ウェイン
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ウィリアム・H・クローシア
製作会社 シネマ・センター・フィルムズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ナショナル・ゼネラル・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年12月17日
日本の旗 1971年2月13日
上映時間 114分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $4,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $9,265,000[1]
テンプレートを表示

ホークスがジョン・ウェイン主演で製作した西部劇映画『赤い河』(1948年)、『リオ・ブラボー』(1959年)、『エル・ドラド』(1966年)4作品の最終作で、ホークスの遺作となった。基本的なプロットを『リオ・ブラボー』『エル・ドラド』と共有している。

あらすじ編集

南北戦争末期。北軍のマクナリー大佐が護衛指揮をする金塊輸送列車が、南軍のコルドナ大尉率いるゲリラ部隊に襲われる。マクナリーは捕えられるが巧みに脱出し、逆にコルドナとその部下タスカロラを捕虜にして北軍内に密通者がいるか詰問するが、二人は口を割らない。マクナリーは南軍の兵士たちではなく、愛する自分の部下を死に追いやった自軍の裏切り者をこそ憎み、探し出すことを誓う。

その直後に戦争が終わり、敵味方の区別がなくなったマクナリー、コルドナ、タスカロラは酒を酌み交わす。元南軍の二人は密通者の人相について彼らの知る限りを明かし、もし今後見かければマクナリーに連絡することを約束する。故郷の町テキサス州リオ・ロボに帰ると言うタスカロラにマクナリーは餞別を渡して別れる。

その後、コルドナから連絡を得たマクナリーは彼の滞在する街ブラックソーンを訪れるが、そこで偶然、若い娘シャスタの危機を救う。シャスタはリオ・ロボで悪徳保安官ヘンドリックスに仲間を殺されたうえ、自らも追われていた。 コルドナは、ヘンドリックスの裏に例の北軍密通者がいることをマクナリーに教えた。コルドナはタスカロラの牧場がリオ・ロボの街を暴力で支配するケッチャム一味に乗っ取られそうになっていることを聞き、応援に行くところだった。マクナリーも加勢することにする。

マクナリー、コルドナ、シャスタの3人はリオ・ロボへ向かう。道中で夜を明かすが、マクナリーが朝起きると横にシャスタが寝ている。シャスタは「若いコルドナと違ってあなたなら安心だから」と言い、年寄り扱いされたマクナリーは大いに腐る。

街に着くなりタスカロラが馬泥棒の濡れ衣を着せられて逮捕され、さらに彼の祖父フィリップスが監禁されていることを知った。3人はタスカロラの恋人マリア、アメリータ、歯医者たちの力を借りてフィリップスを救出した後、ケッチャムのアジトを襲い、彼を締め上げる。北軍の裏切り者はケッチャムだった。 マクナリーはケッチャムを人質に取り、保安官事務所を占拠してタスカロラを牢屋から救い出すが、逆にヘンドリックスはコルドナを待ち伏せて捕え、人質交換を要求してくる。

マクナリー達はヘンドリックス・ケッチャム両一味と最後の対決に臨む。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
フジテレビ テレビ東京
コード・マクナリー ジョン・ウェイン 小林昭二 納谷悟朗
ピエール・コルドナ ホルヘ・リベロ 仲村秀生 石丸博也
シャスタ・デラニー ジェニファー・オニール 北浜晴子 横尾まり
フィリップス ジャック・イーラム 相模武 田中康郎
ケッチャム ヴィクター・フレンチ 緑川稔 屋良有作
タスカロラ クリストファー・ミッチャム 池田秀一 目黒裕一
マリア・カルメン スサンナ・ドサマンテス 弥永和子 麻上洋子
トム・ヘンドリックス マイク・ヘンリー 飯塚昭三 有本欽隆
ジョーンズ デヴィッド・ハドルストン 今西正男
アメリータ シェリー・ランシング
パット・クローニン ビル・ウィリアムズ 上田敏也
ホワイティ・カーター ロバート・ドナー 笹岡繁蔵
役不明又はその他 幸田直子
亀井三郎
伊井篤史
平林尚三
清川元夢
幹本雄之
笹岡繁蔵
速水奨
翻訳 山田実 高橋京子
演出 春日正伸
調整 山田太平 国定保孝
効果 PAGプロデュース
音楽 PAGプロデュース
プロデューサー 堀江正雄
松尾淳
制作 千代田プロダクション テレビ東京
千代田プロダクション
解説 高島忠夫
初回放送 1980年6月13日
ゴールデン洋画劇場
1985年1月4日
『西部劇ノーカット劇場』

フジテレビ版吹替がDVDに収録。

脚注編集

外部リンク編集