リシルヒドロキシラーゼ

リシルヒドロキシラーゼ(lysyl hydroxylase)は、リシンヒドロキシル化し、ヒドロキシリシンにする酸化還元酵素である。この酵素反応はコラーゲンの形成・安定に必須であり、翻訳後修飾として、タンパク質の合成のあとで起こる。この酵素は膜結合性二量体酵素で、粗面小胞体のルーメン(内腔)に局在している。

プロコラーゲン-リシン 1, 2-オキソグルタル酸 5-ジオキシゲナーゼ1
識別子
略号 PLOD1
他の略号 LLH, PLOD
Entrez英語版 5351
HUGO 9081
OMIM 153454
RefSeq NM_000302
UniProt Q02809
他のデータ
EC番号
(KEGG)
1.14.11.4
遺伝子座 Chr. 1 p36.3-36.2
テンプレートを表示
プロコラーゲン-リシン , 2-オキソグルタル酸 5-ジオキシゲナーゼ2
識別子
略号 PLOD2
Entrez英語版 5352
HUGO 9082
OMIM 601865
RefSeq NM_000935
UniProt O00469
他のデータ
遺伝子座 Chr. 3 q24
テンプレートを表示

補因子としてビタミンCを必要とする。

外部リンク編集