リシ・スナック英語: Rishi Sunak1980年5月12日 - )は、 イギリス政治家ジョンソン首相と対立したことで辞任したジャヴィド財務大臣の後任として、2020年2月より財務大臣を務めている。保守党所属の庶民院議員

リシ・スナック
Rishi Sunak
Chancellor Rishi Sunak (cropped).jpg
生年月日 (1980-05-12) 1980年5月12日(41歳)
出生地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランドハンプシャーサウサンプトン
出身校 オックスフォード大学(BA)
スタンフォード大学経営大学院(MBA)
所属政党 保守党
配偶者 アクシャタ・マーシー
子女 2人

イギリスの旗 イギリス
第73代財務大臣
内閣 第2次ジョンソン内閣
在任期間 2020年2月13日 -

内閣 第1次ジョンソン内閣
第2次ジョンソン内閣
在任期間 2019年7月24日 - 2020年2月13日

内閣 第2次メイ内閣
在任期間 2018年1月9日 - 2019年7月24日

選挙区 リッチモンド選挙区英語版
当選回数 3回
在任期間 2015年5月7日 -
テンプレートを表示

経歴編集

生い立ち編集

1980年5月12日にハンプシャーサウサンプトンで、総合診療医の父と薬剤師の母の長男として出生する[1]。彼の祖父はインドパンジャーブ出身で、1960年代に東アフリカからイギリスへと家族とともにへ移住してきている[2]

オックスフォード大学リンカーン・カレッジで哲学、政治学、経済学を学び、スタンフォード大学経営大学院MBAを取得[3]ゴールドマン・サックスヘッジファンドザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンドなどで勤務した[4]

政治家として編集

2015年イギリス総選挙に、政界を引退するウィリアム・ヘイグの後継としてリッチモンド選挙区英語版から立候補し、庶民院議員に初当選[4]

2017年イギリス総選挙では63.9%の得票率で再選した[5]

2019年イギリス総選挙では63.6%の得票率で3選[6]。選挙期間中には、BBCITVがそれぞれ開いた7党派の代表による討論会に保守党の代表として参加した[7][8]

2020年2月13日ジョンソン首相に最側近の交代を求められたサジド・ジャヴィド財務相が、この要求を拒否し突然辞任を発表した。これを受けてスナックは、後任の財務大臣に任命された[9]

脚注編集

  1. ^ Espiner, Tom (2020年2月13日). “Who is the new chancellor Rishi Sunak?”. BBC News. 2020年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月13日閲覧。
  2. ^ Puri, Anjali (2015年8月10日). “UK Cabinet member Rishi Sunak on being British, Indian & Hindu at same time”. Business Standard. https://www.business-standard.com/article/opinion/lunch-with-bs-rishi-sunak-115080601060_1.html 2019年10月1日閲覧。 
  3. ^ Sudha-Narayana Murthy's son-in-law Rishi Sunak wins polls as Conservative party member”. The Economic Times (2015年5月9日). 2015年5月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月9日閲覧。
  4. ^ a b “Quite positive that Rishi will do well as a MP, says Murthy”. Business Standard. (2015年5月8日). https://www.business-standard.com/article/companies/quite-positive-that-rishi-will-do-well-as-a-mp-says-murthy-115050800943_1.html 2019年10月1日閲覧。 
  5. ^ Richmond (Yorks)”. parliament.uk. 2019年10月1日閲覧。
  6. ^ Richmond (Yorks)”. BBC News. 2019年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月13日閲覧。
  7. ^ “Election debate: the night's winners and losers”. The Guardian. (2019年11月29日). https://www.theguardian.com/politics/2019/nov/29/election-debate-the-nights-winners-and-losers 2019年12月14日閲覧。 
  8. ^ Mason, Rowena (2019年12月1日). “ITV election debate: the winners and the losers”. The Guardian. https://www.theguardian.com/politics/2019/dec/01/sturgeon-in-control-to-better-opponents-in-itv-debate 2019年12月14日閲覧。 
  9. ^ “ジャビド英財務相が突然辞任、ジョンソン首相の内閣改造に打撃”. Bloomberg. (2020年2月13日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-02-13/Q5N3MUT0AFBD01 2020年3月21日閲覧。 

外部リンク編集

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国議会
先代:
ウィリアム・ヘイグ
リッチモンド選挙区英語版選出庶民院議員
2015年–現在
現職
公職
先代:
リズ・トラス
財務省主席担当官英語版
2019–2020
次代:
ステファン・バークレー
先代:
サジド・ジャヴィド
財務大臣
2020–現在
現職
第二大蔵卿
2020–現在