リジェ・JS11は、ジェラール・ドゥカルージュらにより設計されたF1マシンで、1979年から1980年にかけてリジェチームが使用した。

リジェ・JS11
JS11/15
JS11/15
JS11/15
カテゴリー F1
コンストラクター リジェ
デザイナー ジェラール・ドゥカルージュ
先代 リジェ・JS9
後継 リジェ・JS17
主要諸元
エンジン コスワース DFV
主要成績
チーム リジェ・ジタン
ドライバー フランスの旗 ジャック・ラフィット
フランスの旗 パトリック・デパイユ
フランスの旗 ディディエ・ピローニ
出走時期 1979 - 1980
通算獲得ポイント 127
初戦 1979年アルゼンチンGP
最終戦 1980年アメリカGP
出走優勝表彰台ポールFラップ
2951875
テンプレートを表示

JS11は2シーズンの間に5勝を挙げた。これはリジェのF1GPでの通算勝利数(9勝)の半分以上にあたる。

JS11編集

JS11は、前年のチャンピオンマシンロータス・79と同様、グラウンド・エフェクト構造のマシンだった。ベンチュリの後端をリアタイヤの前で跳ね上げた「スパッツ」と呼ばれる空力処理が特徴だった。

エンジンはF1参戦以来のパートナーだったマトラ (V12) がF1から一時撤退したため、量販型のコスワースDFV (V8) へスイッチした。

JS11は初戦となった1979年の開幕戦アルゼンチンGPと次戦ブラジルGPを、ジャック・ラフィットのドライブで連勝した。

その後、パトリック・デパイユが第5戦スペインGPでJS11の3勝目を記録したが、それ以後勝利を挙げることができなかった。

第7戦のモナコGP後にデパイユがハンググライダーの事故でチームを離脱すると、ジャッキー・イクスが後任としてチームに加わった。イクスは最終戦までの8レースに参戦したが、3ポイントを獲得するに留まった。3勝を挙げる速さを見せたリジェだが、コンストラクターズランキングは3位に終わった。

JS11は、シャシー番号01から04までの4台が作成された[1]

JS11/15編集

 
JS11/15

JS11/15は、JS11の改良モデルである。4台のJS11は全てJS11/15に改造された。この4台だけで1980年の全レースに参戦した[2]

この年もリジェは速さを維持して2勝を挙げ、チーム最高成績となるコンストラクターズランキング2位となった。

F1における全成績編集

(key) (太字ポールポジション

シャシー エンジン タイヤ No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 ポイント 順位
1979年 リジェ・JS11 フォード コスワース
DFV V8
G ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
ESP
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
CAN
 
USE
 
61 3
25   デパイユ 4 2 Ret 5 1 Ret 5
25   イクス Ret 6 Ret Ret 5 Ret Ret Ret
26   ラフィット 1 1 Ret Ret Ret 2 Ret 8 Ret 3 3 3 Ret Ret Ret
1980年 リジェ・JS11/15 フォード コスワース
DFV V8
G ARG
 
BRA
 
RSA
 
USW
 
BEL
 
MON
 
FRA
 
GBR
 
GER
 
AUT
 
NED
 
ITA
 
USE
 
CAN
 
66 2
25   ピローニ Ret 4 3 6 1 Ret 2 Ret Ret Ret Ret 6 3 3
26   ラフィット Ret Ret 2 Ret 11 2 3 Ret 1 4 3 9 8 5

脚注編集

  1. ^ Maurice Hamilton, ed (1979) (英語). Autocourse 1979-80. Hazleton Publishing. pp. p.49. ISBN 0-905138-08-2 
  2. ^ Maurice Hamilton, ed (1980) (英語). Autocourse 1980-81. Hazleton Publishing. pp. pp.44-45. ISBN 0-905138-12-0 

外部リンク編集