メインメニューを開く

リジ・イヤスゲエズ語:ኢያሱ Lij Iyasu , 1895年2月4日 - 1935年11月25日)は、エチオピア帝国皇帝(在位:1913年 - 1916年)。皇帝としての名はイヤス5世。「イヤス」はゲエズ語アムハラ語で「旧約聖書」に登場するイスラエル人の長ヨシュアのことである[脚注 1]

イヤス5世
ኢያሱ
エチオピア皇帝
Yasu V.jpg
在位 1913年12月12日 - 1916年9月27日
戴冠 未戴冠

出生 1895年、もしくは1896年2月4日
Flag of Ethiopia (1897-1936; 1941-1974).svg エチオピア帝国、ウォロ領デシー
死去 1935年12月
次代 ザウディトゥ
王朝 ソロモン朝
父親 ウォロ王ミカエル英語版
母親 ウォイゼロ・シェワレッガ・メネリク
宗教 イスラム教
テンプレートを表示

目次

生涯編集

メネリク2世の外孫で生前には可愛がられ、1907年には後継者として指名される。1913年に皇帝に即位するがキリスト教の儀式を行うことを拒み戴冠せず、父のミカエル英語版を王に任命してエチオピア北部の実力者にした。熱心なイスラム教徒だったためエチオピア正教会を圧迫し、外交面では第一次世界大戦イギリスおよびイタリアと敵対していたオスマン帝国と同盟し、ソマリアで反乱を起こしていたサイイド・ムハンマド・アブドゥラー・ハッサンに協力しようとした。

これらの政策を問題視した首都の正教会の大僧正の発議により、1916年にエチオピア正教会からの破門と共に戴冠式を行わないまま退位させられ幽閉された。イヤスは退位の直前に改宗を宣言したが、認められるはずもなかった。父であるウォロ王ミカエル(元イスラム教徒)が8万人の大軍を用いてイヤスを救出したが、ザワディトゥラス・タファリの政府軍に敗走する。ミカエルはその2年後に捕縛されほどなく死亡した。イヤスは捕まり、監禁された。1931年に脱獄に成功するが、すぐに逮捕され厳重に監禁された。イタリアによる第二次エチオピア侵攻の騒乱の中で、彼は死んだ。一説には、エチオピアの政治的混乱を狙ったイタリア王国軍がイヤスの復位を宣伝していたため、ハイレセラシエによって暗殺されたという。これを陰謀論ととる見解では、イヤスは獄中で病死したのだとする。

イヤス5世の功績として、帝国摂政テッセマの補佐の下で、首都アディスアベバに警察を設置し、刑法を西洋諸国の制度に習って改正したことが挙げられる。これらは、先代のメネリク2世の近代化政策を継承したものである。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ なお、キリスト教とイスラム教双方で著名な「イエス(イーサー)」も同じ語源の名前であり、こちらはヨシュアのギリシャ語読み(厳密にはギリシャ語読みは「イエスス」)とアラビア語読みである。

外部リンク編集