リストラ・マン』(Office Space)は、1999年アメリカ合衆国犯罪コメディ映画。監督はマイク・ジャッジ、出演はロン・リビングストンジェニファー・アニストンなど。非情な企業規定と自身の勤労観の間で翻弄される人々の憤懣を描いている。

リストラ・マン
Office Space
監督 マイク・ジャッジ
脚本 マイク・ジャッジ
製作 マイク・ジャッジ
ダニエル・ラパポート英語版
マイケル・ロテンバーグ英語版
製作総指揮 ガイ・リーデル
出演者 ロン・リビングストン
ジェニファー・アニストン
スティーヴン・ルート
ゲイリー・コール
音楽 ジョン・フリッゼル
撮影 ティム・サーステッド
編集 デヴィッド・レニー英語版
製作会社 20世紀フォックス
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1999年2月19日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $10,827,810[1]
テンプレートを表示

日本では劇場未公開だが、WOWOWで『リストラ・マン にっくきボスをとっちめろ』のタイトルで放送された[2]

ストーリー編集

大手のコンピューター企業に勤めるプログラマーであるピーターは、休日もまともに休めず、日々仕事に追われていた。

出勤時は車の渋滞に遭い、会社では理由をつけて、気に入らない誰かの首にしようと目論む嫌な上司から無理な要求を呑まされる毎日。 上司に加えて、社内の身勝手な同僚にもウンザリしていた。

そんなある日、ピーターの彼女が彼を無理矢理催眠療法のクラスに連れて行くが、治療中に療法士が卒倒、ピーターは催眠にかかったままとなってしまう。

それ以後、すっかり心が解放されたピーターは、会社を無断欠勤する。次の日は堂々と遅刻し、上司専用の駐車スペースに無断駐車、上司の嫌味や小言にも動じず、事務所に私物を持ち込み、真面目に仕事をすることをやめていく。

更に、同じ不満を持ち真面目に勤務をしていたにもかかわらず、リストラ候補に上がってしまった仲の良い同僚と結託し、会社のサーバーにウイルスを流して、資本金の横領を目論む。

キャスト編集

作品の評価編集

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「マイク・ジャッジは鋭いセリフと機知に富んだジョークを見事に混合してオフィスでの単調な仕事を激しく風刺している。」であり、100件の評論のうち高評価は80%にあたる80件で、平均点は10点満点中6.80点となっている[3]Metacriticによれば、31件の評論のうち、高評価は23件、賛否混在は7件、低評価は1件で、平均点は100点満点中68点となっている[4]

その他編集

出典編集

  1. ^ a b Office Space” (英語). Box Office Mojo. 2013年5月5日閲覧。
  2. ^ 映画 リストラ・マン”. allcinema. 2013年5月5日閲覧。
  3. ^ Office Space (1999)” (英語). Rotten Tomatoes. 2020年9月27日閲覧。
  4. ^ Office Space Reviews” (英語). Metacritic. 2020年10月11日閲覧。
  5. ^ Office Space: Idle Profits is a waste of a great IP”. destructoid (2017年4月24日12時0分0秒). 2017年10月25日閲覧。
  6. ^ Office Space: Idle Profits”. Kongregate. 2017年10月25日閲覧。

外部リンク編集