リス亜目またはリス形亜目(リスあもく・りすけいあもく Sciuromorpha)は、齧歯目に属する亜目である。リスヤマネの仲間が属する。

リス亜目
AmericanRedSquirrel.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目(齧歯目) Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
学名
Sciuromorpha Brandt1855
和名
リス形亜目[1]
下目

齧歯類で最初に分岐した、最も原始的なグループである。

かつては、顎骨の構造から、進化した顎を持つヤマアラシ下目以外の全ての齧歯類、つまり、ネズミ亜目ヤマアラシ亜目グンディ下目と共にリス顎亜目 Sciurognathi にまとめられていた。これをリス亜目と呼ぶこともあるので注意。

下位分類編集

現生では、2下目(または上科)3科が属する。そのほか、絶滅した数科が属する。

脚注編集

  1. ^ 川田伸一郎・岩佐真宏・福井大・新宅勇太・横畑泰志ほか 「世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』第58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。