リズム・セクション (映画)

リズム・セクション』(原題: The Rhythm Section)は2020年に公開された合作のスリラー映画である。監督はリード・モラーノ、主演はブレイク・ライヴリーが務めた。本作はマーク・バーネル2000年に上梓した小説『堕天使の報復』を原作としている。

リズム・セクション
The Rhythm Section
監督 リード・モラーノ
脚本 マーク・バーネル
原作 マーク・バーネル『堕天使の報復』(二見書房
製作 バーバラ・ブロッコリ
マイケル・G・ウィルソン
製作総指揮 マーク・バーネル
スチュアート・フォード
クリステル・コナン
ヴァイシャリ・ミストリー
ゲイリー・ラスキン
グレッグ・ウィルソン
グレッグ・シャピロ
出演者 ブレイク・ライヴリー
ジュード・ロウ
スターリング・K・ブラウン
音楽 スティーヴ・マッツァーロ
撮影 ショーン・ボビット
編集 ジョーン・ソーベル
製作会社 ダンジャックLLC
グローバル・ロード・エンターテインメント
インジーニアス
イーオン・プロダクションズ
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗イギリスの旗 2020年1月31日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 109分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
製作費 5000万ドル[2]
興行収入 世界の旗 $5,983,043[3]
テンプレートを表示

本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2020年4月22日にiTunesで配信された[4]

ストーリー編集

3年前に愛する家族を飛行機事故で失ってからというもの、ステファニー・パトリックはドラッグや売春に手を出すなど自堕落な生活を送っていた。そんなある日、ステファニーは飛行機事故が単なる事故ではなく、何者かによって仕組まれたものであることを知らされた。ステファニーは真実を知るべく、厳しい訓練に身を投じ、暗殺者として敵地に乗り込むのだった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[5]

製作編集

2017年7月12日、小説『堕天使の報復』の映画化に際し、リード・モラーノが監督に、ブレイク・ライヴリーが主演に起用されたとの報道があった[6]。11月17日、ラザ・ジャフリーの出演が決まったと報じられた[7]2018年5月31日、スターリング・K・ブラウンがキャスト入りした[8]

本作の主要撮影は2017年12月にアイルランドダブリンで始まったが、ライブリーが撮影中に腕を骨折したため、撮影は一時中断された[9]。その後、2018年6月に撮影はスペインで再開された[10][11]

2019年11月13日、スティーヴ・マッツァーロが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[12]

公開・マーケティング編集

2017年8月16日、パラマウント映画が本作の配給権を獲得したと発表した[13]。2019年9月19日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[14]。2020年1月21日、新しい予告編が公開された[15]

当初、本作は2019年2月22日に全米公開される予定だったが、公開日は同年11月22日→2020年1月31日と延期されることになった[16][17]

興行収入編集

本作は『グレーテル&ヘンゼル』と同じ週に封切られ、公開初週末に500万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[18]、実際の数字はそれを大幅に下回るものとなった。2020年1月31日、本作は全米3049館で公開され、公開初週末に271万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場10位となった[19]。この数字は3000館以上で封切られた作品としては過去最低であった[20]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには142件のレビューがあり、批評家支持率は27%、平均点は10点満点で4.65点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「ブレイク・ライヴリーは見事な演技を披露している。しかし、『リズム・セクション』のストーリーは先が読めるものであり、しかも、ノロノロとしたペースで進んでいく。お馴染みのストーリーであったとしても、もっと上手く演出できただろうに。」となっている[21]。また、Metacriticには36件のレビューがあり、加重平均値は45/100となっている[22]。なお、本作のCinemaScoreはC+となっている[23]

出典編集

  1. ^ リズム・セクション”. 映画.com. 2020年4月20日閲覧。
  2. ^ Blake Lively Spy Thriller 'The Rhythm Section' Suspends Production (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2018年1月29日). 2019年12月18日閲覧。
  3. ^ The Rhythm Section (2020)”. The Numbers. 2020年4月20日閲覧。
  4. ^ リズム・セクション (字幕/吹替)”. iTunes. 2020年4月20日閲覧。
  5. ^ リズム・セクション”. スター・チャンネル. 2020年11月3日閲覧。
  6. ^ Blake Lively, Reed Morano Team On Female-Driven Espionage Thriller From James Bond Producers”. Deadline.com (2017年7月12日). 2019年12月18日閲覧。
  7. ^ Raza Jaffrey Cast In ‘The Rhythm Section’”. Deadline.com (2017年11月17日). 2019年12月18日閲覧。
  8. ^ Sterling K. Brown Joins Blake Lively Spy Pic ‘The Rhythm Section’”. Deadline.com (2018年5月31日). 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ Blake Lively Injured on Set of 'The Rhythm Section'”. Hollywood Reporter (2017年12月4日). 2019年12月18日閲覧。
  10. ^ 女性版ジェームズ・ボンド無期延期に…ブレイク・ライブリー再手術か”. シネマトゥデイ (2018年1月30日). 2019年12月18日閲覧。
  11. ^ Sterling K. Brown Joins Blake Lively in 'Rhythm Section' as Spy Movie Resumes Production (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2018年5月31日). 2019年12月18日閲覧。
  12. ^ Steve Mazzaro Scoring Reed Morano’s ‘The Rhythm Section’”. Film Music Reporter (2019年11月13日). 2019年12月18日閲覧。
  13. ^ Paramount Lands Blake Lively Spy Thriller ‘The Rhythm Section’ By 007 Producers & IM Global”. Deadline.com (2017年8月16日). 2019年12月18日閲覧。
  14. ^ The Rhythm Section - Official Trailer (2020) - Paramount Pictures”. YouTube (2019年9月19日). 2019年12月18日閲覧。
  15. ^ The Rhythm Section (2020) - New Trailer - Paramount Pictures”. YouTube (2020年1月21日). 2020年1月25日閲覧。
  16. ^ Blake Lively’s Action-Thriller ‘Rhythm Section’ Moves to Thanksgiving (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年1月25日). 2019年12月18日閲覧。
  17. ^ Blake Lively’s ‘Rhythm Section’ Moved Back to 2020”. Variety (2019年8月23日). 2019年12月18日閲覧。
  18. ^ 'Bad Boys for Life' Looking at Third Weekend at #1”. Box Office Mojo (2020年1月30日). 2020年4月21日閲覧。
  19. ^ Domestic 2020 Weekend 5 January 31-February 2, 2020”. Box Office Mojo. 2020年4月21日閲覧。
  20. ^ 'Bad Boys for Life' Tops Super Bowl Weekend; 'Rhythm Section' Delivers a Record Worst Opening”. Box Office Mojo (2020年2月2日). 2020年4月21日閲覧。
  21. ^ The Rhythm Section”. Rotten Tomatoes. 2020年2月13日閲覧。
  22. ^ The Rhythm Section (2020)”. Metacritic. 2020年2月13日閲覧。
  23. ^ ‘Bad Boys For Life’ Scores Over Super Bowl Weekend With Near $18M; ‘Rhythm Section’ Remains A Mess With $2M+”. Deadline.com (2020年2月2日). 2020年2月13日閲覧。

外部リンク編集