リソース (工作艦)

リソースHMS Resource, F79)はイギリス海軍工作艦。艦名は「富」や「源泉」などの意。「リソース」の名を持つ艦としては2代目。

HMS リソース
基本情報
建造所 ヴィッカース・アームストロング
運用者  イギリス海軍
艦種 工作艦
モットー Passim Ut Orim
(Everywhere as of yore)
艦歴
発注 1927年2月16日
起工 1927年8月
進水 1928年11月27日
就役 1929年[1]
退役 1951年
除籍後 1953年にスクラップとして売却
要目
基準排水量 12,300 トン
全長 530 ft (160 m)
最大幅 83 ft (25 m)
吃水 22 ft 4 in (6.81 m)
主缶 アドミラリティ × 4基
主機 蒸気タービン × 2基
出力 7,500 shp
推進器 2軸推進
最大速力 15 ノット (28 km/h)
乗員 士官、兵員581名(平時)
兵装 4インチ単装高角砲英語版×4基
テンプレートを表示

艦歴編集

リソースはバロー=イン=ファーネスヴィッカース・アームストロング1927年8月に起工、1928年11月27日に進水した[2]

リソースの要目は基準排水量12,300トン、全長160メートル、最大速力15ノット[2]、主武装は4インチ単装高角砲英語版4基である。艦内に優れた修理・工作設備を備え、艦中央部には30トン大型クレーンが設けられていたほか、良好な水雷防御も備えていた[1]

1939年9月の第二次世界大戦勃発後は地中海マルタ島へ展開し、艦隊の支援任務にあたった。1940年に一時的にフリータウンへ派遣されたが[1]、同年中に地中海へ戻り、引き続き1941年から1943年までアレキサンドリアを拠点に地中海艦隊で艦艇の修理・整備活動を続けた[2]

1944年にリソースは東洋艦隊へ配備されることになった。翌1945年4月にイギリス太平洋艦隊英語版へ移籍後は、工作艦アーティフェクス駆逐艦母艦タインHMS Tyne, F24)と共にフィリピンレイテ島を拠点にして、アイスバーグ作戦に伴う先島諸島日本軍飛行場への空襲を行うイギリス太平洋艦隊艦艇の支援を実施した[2]

1945年6月からはマヌス島で艦隊の訓練支援や宿泊任務に就く。日本の降伏後、リソースはイギリス本国へ帰還し、退役する1951年まで予備役に置かれた。リソースは1953年に廃棄リストに載り、スクラップとしてT・W・ワード社の手で解体されるためBISCO英語版へ売却された。その後曳航されたリソースの艦体は、翌1954年2月にインヴァーカイシング英語版の解体地へ到着した[2]

後にリソースの艦名は、イギリス海軍補助艦隊リソース級給兵艦一番艦リソース英語版RFA Resource, A480)に受け継がれた[2]

出典編集

  1. ^ a b c 「第2次大戦のイギリス軍艦」『世界の艦船』第839号、海人社、2016年2月、 177頁、 ASIN B01EYMD2LI
  2. ^ a b c d e f HMS RESOURCE - Heavy Repair Ship”. Naval-History.Net. 2019年11月25日閲覧。