リタ・グランデRita Grande, 1975年3月23日 - )は、イタリアナポリ出身の元女子プロテニス選手。グランデは2004年全豪オープンの混合ダブルスでベスト4に入り、すべての4大大会で女子シングルスの4回戦に進出した実績を持つ。自己最高ランキングはシングルス24位、ダブルス26位。WTAツアーでシングルス3勝、ダブルス5勝を挙げた。

リタ・グランデ
Rita Grande
Tennis pictogram.svg
Rita Grande.jpg
リタ・グランデ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ナポリ
生年月日 (1975-03-23) 1975年3月23日(44歳)
身長 177cm
体重 66kg
利き手
ツアー経歴
デビュー年 1990年
引退年 2005年
ツアー通算 8勝
シングルス 3勝
ダブルス 5勝
生涯通算成績 534勝571敗
シングルス 336勝332敗
ダブルス 198勝239敗
生涯獲得賞金 $1,858,558
4大大会最高成績・シングルス
全豪 4回戦(2001・02)
全仏 4回戦(2001)
全英 4回戦(2004)
全米 4回戦(1996)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 ベスト8(2001)
全仏 ベスト8(1999・2002)
全英 3回戦(1997・98)
全米 3回戦(1996・2004)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 24位(2001年11月5日)
ダブルス 26位(2001年5月28日)

来歴編集

グランデは1994年から女子テニス国別対抗戦・フェドカップイタリア代表選手になり、1995年全米オープン4大大会本戦に初出場した。初めて予選3試合を勝ち抜いたグランデは、1回戦でイスラエルアンナ・スマシュノワを破り、2回戦で第1シードのシュテフィ・グラフに挑戦した。1996年全米オープンで初めての4回戦進出がある。全米オープン4回戦進出の後、グランデは日本の「ニチレイ・レディース」のダブルスでキンバリー・ポーアメリカ)と組んでベスト4入りしたが、その準々決勝で伊達公子&杉山愛組を 7-5, 0-6, 6-2 で破っている。グランデは1998年の「東レ パン・パシフィック・オープン・テニストーナメント」でもシングルスのベスト8がある。

彼女のテニス経歴は2001年から大きく開花し始め、この年に女子ツアーでシングルス年間2勝を挙げ、4大大会でも全豪オープン全仏オープンの2大会連続で4回戦進出を果たした。全豪オープンの4回戦では、グランデは第1シードのマルチナ・ヒンギスに 0-6, 3-6 で敗れた。2001年全仏オープンでは3人のイタリア人選手が女子シングルスの4回戦に勝ち残り、グランデとシルビア・ファリナ・エリアフランチェスカ・スキアボーネが勝ち進んだが、これはイタリアのテニス界を通じて史上初の偉業だった。グランデは4回戦でペトラ・マンデュラハンガリー)に敗退している。2002年全豪オープンで2年連続の4回戦進出を決めたが、ここではジェニファー・カプリアティに 3-6, 6-7 で敗れた。

2004年全豪オープンで、リタ・グランデはマルティン・ロドリゲスアルゼンチン)と混合ダブルスのペアを組み、初めて準決勝に勝ち進んだ。グランデとロドリゲスは、準決勝でネナド・ジモニッチ(当時セルビア・モンテネグロ国籍)&エレーナ・ボビナロシア)組に 3-6, 6-7 のストレートで敗れ、決勝進出を逃した。同年の2004年ウィンブルドンで、グランデは29歳にして初めて女子シングルス4回戦に勝ち進む。彼女はそれまでウィンブルドンは2回戦止まりの成績だったが、ついにすべての4大大会で女子シングルスのベスト16入りを決めた。そこでは第9シードのパオラ・スアレスに 6-4, 0-6, 2-6 の逆転で敗れ、ベスト8には手が届かなかった。

グランデは1996年アトランタ五輪2000年シドニー五輪で2度、オリンピックのイタリア代表選手としても出場経験がある。

しかし2005年、グランデは右肘の故障のため出場試合数が減り、全米オープン1回戦敗退が最後の4大大会出場になる。同年10月、グランデは地元イタリア・ビエラ大会の1回戦敗退を最後に30歳で現役を引退した。

WTAツアー決勝進出結果編集

シングルス: 4回 (3勝1敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0–0)
ティア I (0–0)
ティア II (0–0)
ティア III (0–0)
ティア IV & V (3–1)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1999年1月17日   ホバート ハード   チャンダ・ルビン 2–6, 3–6
優勝 1. 2001年1月14日   ホバート ハード   ジェニファー・ホプキンス 2–6, 6–2, 6–2
優勝 2. 2001年10月29日   ブラチスラヴァ ハード (室内)   マルチナ・スーハ 6-1, 6-1
優勝 3. 2003年4月6日   カサブランカ クレー   アントネッラ・セッラ・ザネッティ 6-2, 4-6, 6-1

ダブルス: 12回 (5勝7敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1990年5月6日   ターラント クレー   シルビア・ファリナ   Elena Brioukhovets
  エウゲニア・マニオコワ
6-7(4), 1-6
準優勝 2. 1997年2月16日   パリ カーペット (室内)   アレクサンドラ・フセ   マルチナ・ヒンギス
  ヤナ・ノボトナ
1-6, 2-6
優勝 1. 1999年6月20日   スヘルトーヘンボス   シルビア・ファリナ   クリスティ・ボーグルト
  カーラ・ブラック
7-5, 7-6(2)
準優勝 3. 2000年1月9日   ゴールドコースト ハード   サビーネ・アペルマンス   ジュリー・アラール=デキュジス
  アンナ・クルニコワ
3-6, 0-6
優勝 2. 2000年1月16日   ホバート ハード   エミリー・ロワ   キム・クライシュテルス
  アリシア・モリク
6–2, 2–6, 6–3
優勝 6. 2000年7月16日   パレルモ クレー   シルビア・ファリナ・エリア   ルクサンドラ・ドラゴミル
  ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
6-4, 0-6, 7-6(6)
準優勝 4. 2000年7月23日   ソポト クレー   アサ・スベンソン   ビルヒニア・ルアノ・パスクアル
  パオラ・スアレス
5–7, 1–6
準優勝 5. 2000年10月22日   上海 ハード   メガン・ショーネシー   タマリネ・タナスガーン
  リリア・オスターロー
5–7, 1–6
優勝 4. 2001年1月7日   オークランド ハード   アレクサンドラ・フセ   エマヌエル・ガリアルディ
  バルバラ・シェット
7–6(4), 6–3
準優勝 6. 2001年4月8日   ポルト クレー   アレクサンドラ・フセ   アナベル・メディナ・ガリゲス
  マリア・ホセ・マルティネス・サンチェス
1–7, 7–6(5), 5–7
優勝 5. 2002年1月13日   ホバート ハード   タチアナ・ガルビン   キャサリン・バークレー
  クリスティナ・ウィーラー
6–2, 7–6(3)
準優勝 7. 2003年5月19日   マドリード クレー   アンジェリク・ウィジャヤ   リーゼル・フーバー
  ジル・クレイバス
4–6, 6–7(6)

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A LQ LQ 3R 2R 2R 3R 1R 4R 4R 2R 1R A 13–9
全仏オープン A LQ LQ 2R 1R 2R 1R 2R 4R 3R 3R 2R A 11–9
ウィンブルドン LQ LQ LQ 1R 1R 2R 2R 2R 1R 2R 2R 4R A 8–9
全米オープン LQ LQ 2R 4R 2R 1R 2R 2R 1R 1R 1R 1R 1R 7–11

外部リンク編集