リターン オブ ザ インベーダー

リターン オブ ジ インベーダー』(Return of the invaders)は1985年に稼動開始したタイトーアーケードゲーム。開発はUPLスペースインベーダーシリーズの第3弾である。

リターン オブ ジ インベーダー
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
PSP
PlayStation 2
開発元 UPL
発売元 タイトー
人数 1~2人交互プレイ
メディア [PSP]UMD
[PS2]DVD-ROM
発売日 [AC]1985年
[PSP]2005年5月12日
[PS2]2007年1月25日
その他 PSP版は『スペースインベーダーポケット』に収録
PS2版は『タイトーメモリーズ2・上巻』に収録
テンプレートを表示

『スペースインベーダー パートII』から5年ぶりに発表された作品であり、パワーアップやチャレンジングステージなど、様々なシステムが追加されている。

ゲームのルール編集

2方向レバー、1ボタン(ショット)で基地を守る砲台XEROVYを操作しながら敵を倒していく。砲台が全滅するか、または残機が何機あってもインベーダーが画面の一番下まで占領されるとゲームオーバーとなる。全16面構成で、16面をクリアするとまた1面に戻る。

特定のインベーダーは撃たれると編隊から弾き飛ばされて落下してくるが、これをもう一度打つことでボーナス得点が入る。撃墜する高度が低いほど高得点。

スペースインベーダーのトーチカに相当するゼロガードは左側から3分の2のところで連結されており、連結部分だけを撃って切り離すことでゼロガードを遮蔽物とした攻撃が可能。

チャレンジングステージ編集

特定のインベーダー(ZICON)を3匹以上残してそれ以外の敵を全て倒すと、マザーシップから多数のインベーダーが降下してくるボーナスステージが始まる。ボーナスステージが終了する条件は以下の通り。

  • UFOを1分間撃たずにいる
  • マザーシップを撃墜
  • 敵や敵の攻撃に触れた時
  • インベーダーを230匹倒す

インベーダーは1体倒すと300点なので全て倒せば300×230=69000点。また、マザーシップ自体の得点は1万から3万点。

敵の攻撃に触れると、フレクターは離脱されるが、自機は減らない。

フレクター編集

画面上部を通過するUFOを撃つとアイテムを入手することが出来る。但し、フレクター部分を撃つとフレクターも壊れてしまう。また、フレクターは自動装着である。

  • GAZEL:装着すると連射可能
  • GORAL:装着するとビームが拡大
  • GOWL:装着すると直線上の敵を全て破壊可能

開発元編集

本作はUPLが開発しているが、これは自社の資金を上げるためにやっつけで作ったとされている[1]

なおUPL自体はノンクレジット扱いのため、開発元がそれだとは長らく知られていなかったが、メカデザインなど随所にUPLテイストが盛り込まれている。西角友宏がデザインしたインベーダーは、フォントの一部として登場するのみである。

移植作品編集

脚注編集

  1. ^ UPL元社員によるサイトの小ネタ集(で、結局どうなの「リターン・オブ・ジ・インベーダーズ」)

関連項目編集

外部リンク編集