リチャル・カラパス

リチャル・アントニオ・カラパス[1]・モンテネグロ(Richard António Carapaz Montenegro, 1993年5月29日[2] - )は、エクアドルカルチ県トゥルカン郡エル・カルメロ出身[1]自転車競技ロードレース)選手。東京オリンピック2020、男子ロードレースの金メダリスト。

リチャル・カラパス
Richard Carapaz
Cycling (road) pictogram.svg
Richard Carapaz por la Agencia de Noticias ANDES.png
個人情報
本名 リチャル・アントニオ・カラパス・モンテネグロ
Richard António Carapaz Montenegro
生年月日 (1993-05-20) 1993年5月20日(29歳)
国籍 エクアドルの旗 エクアドル
チーム情報
所属 イネオス・グレナディアーズ
分野 ロード
役割 選手
特徴 クライマー
プロ所属チーム
2016-2016.5.31
2016.5.31-2019
2020
Strongman-Campagnolo Wilier
モビスター・チーム
チーム・イネオス
グランツール最高成績
ジロ・デ・イタリア 総合優勝 (2019)
ツール・ド・フランス 総合3位 (2021)
ブエルタ・ア・エスパーニャ 総合2位 (2020)
主要レース勝利

ジロ・デ・イタリア

Jersey pink.svg 総合優勝 2019
区間通算3勝

ツール・ド・スイス Jersey yellow.svg 総合優勝 (2021)、区間通算1勝
ツール・ド・ポローニュ 区間通算1勝
ボルタ・ア・カタルーニャ 区間通算1勝

エクアドルの旗 エクアドル選手権 個人タイムトライアル(2022)
獲得メダル
オリンピック
2020 東京 ロードレース
最終更新日
2022年3月27日

経歴編集

2016年、ストロングマン・カンパニョーロ・ウィリエールにてプロキャリアスタート。同年6月、モビスター・チームへ移籍。エクアドル出身の自転車競技選手として初めてのワールドツアー所属選手となった[3]

2017年、グラン・プレミオ・インドゥストリア・エ・アルティジャナートにて逃げ集団に入り、2位を獲得[4]

2018年、ジロ・デ・イタリアにて、第6ステージのエトナ山へと向かう山岳ステージにて新人賞マリア・ビアンカを着用、第8ステージにて自身初のワールドツアー、及びグランツール初勝利を挙げた[5]。その後も安定した走りを見せ、新人賞争いこそミゲル・アンヘル・ロペスに敗れたが、個人総合成績では4位となった。

2019年、ジロ・デ・イタリアでは山岳ステージの第14ステージで区間優勝して総合首位に立つと、以後はヴィンチェンツォ・ニバリプリモシュ・ログリッチらライバル達の攻撃を堅実に抑え、エクアドル人として初の総合優勝を達成した。

2020年、チーム・イネオスに移籍。

主な戦績編集

2017年編集

2018年編集

2019年編集

2020年編集

2021年編集

2022年編集

グランツールの総合成績編集

グランツール 2017 2018 2019 2020 2021 2022
ジロ・デ・イタリア 4 1 2
ツール・ド・フランス 13 3
ブエルタ・ア・エスパーニャ 36 18 2

脚注編集

参考文献編集

リチャル・カラパスのプロフィール - ProCyclingStats