リチャード・エッジカム (初代エッジカム男爵)

初代エッジカム男爵リチャード・エッジカム英語: Richard Edgcumbe, 1st Baron Edgcumbe PC PC (Ire)1680年4月23日1758年11月22日)は、イギリスの政治家。1701年から1742年まで庶民院議員を務めた後、エッジカム男爵に叙された。

ゴドフリー・ネラーによる肖像画
マウント・エッジカム・ハウス、1869年作。

生涯編集

サー・リチャード・エッジカム英語版とアン・モンタギュー(初代サンドウィッチ伯爵エドワード・モンタギューの娘)の間で生まれた[1]。1697年5月25日にケンブリッジ大学トリニティ・カレッジに入学、1698年にM.A.の学位を修得した[2]

1701年6月にコーンウォール選挙区英語版の補欠選挙で当選したが、議会が閉会したため任期中に登院することはなく、続く1701年11月イングランド総選挙英語版ではセント・ジャーマンズ選挙区英語版に鞍替えして当選、1702年イングランド総選挙英語版ではプリンプトン・アール選挙区英語版に移った。以降1734年イギリス総選挙でプリンプトン・アール選挙区とロストウィシアル選挙区英語版で同時当選し、ロストウィシアル選挙区の議員として登院することを選ぶまでプリンプトン・アール選挙区の議員を務めた。1741年イギリス総選挙では再びプリンプトン・アール選挙区の議員になったが、1742年にエッジカム男爵に叙され庶民院を離れることとなった[3][4]

1716年から1717年までと1720年から1724年までの2度にわたって下級大蔵卿を務め、1724年から1742年までアイルランド大蔵卿英語版を、1742年12月から1758年までランカスター公領大臣を務めた。ホイッグ党の首相サー・ロバート・ウォルポールを常に支持し、総選挙では与党側としてコーンウォールの選挙区を担当した。そのため、1742年の叙爵の裏にはウォルポールの政府機密費流用(ウォルポールは政府機密費を選挙経費に流用した)について証言させないという理由もあった[4]。ほかには1734年にイギリスとアイルランドの枢密顧問官に任命され、1734年から1737年まで錫鉱区長官英語版を務めた[4]

1758年11月22日に死去、息子リチャード英語版が爵位を継承したが、リチャードが1761年に未婚のまま死去するとその弟ジョージ英語版が爵位を継承した[1]

米国ノースカロライナ州エッジコム郡の名前は初代エッジカム男爵に由来する[5]

家族編集

1715年3月12日、初代準男爵サー・ヘンリー・ファーニーズ英語版の娘マティルダ(1721年没)と結婚した[1]。2人は3男をもうけ、うち1男が夭折した。

  • リチャード英語版(1716年 – 1761年) - 第2代エッジカム男爵
  • ジョージ英語版(1720年 – 1795年) - 第3代エッジカム男爵、1781年にマウント・エッジカム子爵に叙爵、1789年にマウント・エッジカム伯爵に叙爵

脚注編集

  1. ^ a b c Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 1440.
  2. ^ "Edgcumbe, Richard (EGCM697R)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
  3. ^ EDGCUMBE, Richard (1680-1758), of Mount Edgcumbe, Maker and Cothele, Cornw.”. History of Parliament Online (1690-1715). 2018年8月23日閲覧。
  4. ^ a b c EDGCUMBE, Richard (1680-1758), of Mount Edgcumbe, nr. Plymouth, Devon.”. History of Parliament Online (1715-1754). 2018年8月23日閲覧。
  5. ^ Gannett, Henry (1905). The Origin of Certain Place Names in the United States (英語). Govt. Print. Off. p. 114.

参考文献編集

外部リンク編集

イングランド議会 (en
先代:
ヒュー・ボスコーエン英語版
ジョン・スペコット
庶民院議員(コーンウォール選挙区英語版選出)
1701年
同職:ジョン・スペコット
次代:
ジョン・グランヴィル英語版
ジェームズ・ブラー
先代:
ヘンリー・フレミング英語版
ダニエル・エリオット
庶民院議員(セント・ジャーマンズ選挙区英語版選出)
1701年 – 1702年
同職:ヘンリー・フレミング英語版
次代:
ヘンリー・フレミング英語版
ジョン・アンティス英語版
先代:
コートネイ・クロッカー
リチャード・ヘル
庶民院議員(プリンプトン・アール選挙区英語版選出)
1702年 – 1707年
同職:トマス・ジャーヴォイス 1702年 – 1703年
リチャード・ヘル 1703年 – 1705年
サー・ジョン・コープ英語版 1705年 – 1707年
次代:
グレートブリテン議会
グレートブリテン議会英語版
先代:
イングランド議会
庶民院議員(プリンプトン・アール選挙区英語版選出)
1707年 – 1734年
同職:サー・ジョン・コープ英語版 1707年 – 1708年
ジョージ・トレビー英語版 1708年 – 1728年
ジョン・フラー英語版 1728年 – 1734年
次代:
トマス・クラッターバック英語版
先代:
アンソニー・クラッチロード英語版
エドワード・ウォルポール英語版
庶民院議員(ロストウィシアル選挙区英語版選出)
1734年 – 1741年
同職:フィリップ・ロイド英語版 1734年 – 1735年
デュシー・デ・モアトン男爵 1735年 – 1736年
サー・ジョン・クロス準男爵英語版 1736年 – 1741年
次代:
サー・ジョン・クロス準男爵英語版
サー・ロバート・コットン準男爵英語版
先代:
トマス・クラッターバック英語版
トマス・ウォーカー英語版
庶民院議員(プリンプトン・アール選挙区英語版選出)
1741年 – 1742年
同職:トマス・クラッターバック英語版
次代:
トマス・クラッターバック英語版
サンドン男爵
名誉職
空位
最後の在位者
ラドナー伯爵英語版
コーンウォール首席治安判事英語版
1726年 – 1758年
次代:
エッジカム男爵英語版
コーンウォール統監英語版
1742年 – 1758年
宮廷職
先代:
ファルマス子爵
錫鉱区長官英語版
1734年 – 1737年
空位
次代の在位者
トマス・ピット英語版
公職
先代:
チャムリー伯爵
ランカスター公領大臣
1743年 – 1758年
次代:
キノウル伯爵英語版
司法職
先代:
サマセット公爵
巡回裁判官英語版
北トレント

1758年
次代:
サンズ男爵
グレートブリテンの爵位
新設 エッジカム男爵
1742年 – 1758年
次代:
リチャード・エッジカム英語版