メインメニューを開く

リチャード・クロムウェル

リチャード・クロムウェル

リチャード・クロムウェル(Richard Cromwell, 1626年10月4日 - 1712年7月12日)は、イングランドの政治家、護国卿(在任:1658年 - 1659年)。清教徒革命の指導者で、革命後にイングランド共和国の護国卿となったオリバー・クロムウェルとエリザベス・バウチャー夫妻(5男4女あり)の三男。ヘンリー・クロムウェルの兄。

20歳代の1654年から庶民院議員となって父を補佐し、1657年には議員とオックスフォード大学の総長を兼任している。

1658年に死去した父の後を継いで第2代護国卿となったが、父ほどの器量や才能がなく、軍人としての経歴もないためニューモデル軍英語版に背かれたことが政権を不安定にした。1659年1月27日第三議会を召集し支持勢力を当てにしたが、議会の共和主義勢力と組んだ軍から解散要求を出され、圧力に屈し4月22日に議会を解散した。そして5月7日ランプ議会を復活させた後、政権存続を諦め就任から8ヶ月経った5月25日で護国卿辞任を余儀なくされた。父の晩年から共和政(事実上のオリバー個人独裁)は崩壊しつつあったが、若年かつ凡庸なリチャードが後を継いだことは、クロムウェル政権の崩壊をより促進させる結果となった。

辞任後は父の部下チャールズ・フリートウッドジョン・ランバートと議会が争ったが、やがて彼らを排除したジョージ・マンクチャールズ2世をイングランドに迎え入れ1660年王政復古を実現させると、報復を恐れて妻子を残してフランス王国に亡命する。以後は名前を変えてパリで過ごしていたが、1680年頃にイングランドに帰国して、ロンドン郊外のチェスハントにいた知人宅に身を寄せ、政界に関わらず余生を送った。1712年、満85歳で死去した。遺体は妻の故郷であるハーズリーにある教会に葬られた。イングランドの指導者としての地位は1年も続かなかったが、2012年エリザベス2世が国王在位のまま86歳を迎えるまで、英国史上もっとも長命だった統治者である。

子女編集

1649年にドロシー・マイジョールと結婚し、9人の子供を儲けた。うち5人が成人したが、誰も子供を儲けることがなかったので子孫はいない。

  • エリザベス(1650年 - 1731年)
  • エドワード(? - 1688年)
  • アン(1651年 - 1652年)
  • メアリー(1654年)
  • オリバー(1656年 - 1705年)
  • ドロシー(1657年 - 1658年)
  • アンナ(1659年 - 1727年)
  • ドロシー(1660年 - 1681年)
  • エディス(1660年 - 1694年)
先代:
オリバー・クロムウェル
  護国卿
第2代:1658年 - 1659年
次代:
廃止
先代:
オリバー・クロムウェル
  元首
1658年 - 1659年
次代:
チャールズ2世