リチャード・ジュエル (映画)

アメリカの映画作品

リチャード・ジュエル』(Richard Jewell)は2019年アメリカ合衆国伝記ドラマ映画。監督はクリント・イーストウッド、主演はポール・ウォルター・ハウザーサム・ロックウェルが務めた。マリー・ブレナー英語版1997年に雑誌『ヴァニティ・フェア』に寄稿した記事「American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell(アメリカの悪夢:リチャード・ジュエルのバラード)」を原作とし、1996年のアトランタオリンピックで爆発物を発見して多くの人命を救った英雄であるにもかかわらず、FBIやメディアに容疑者と見なされた実在の警備員リチャード・ジュエルを描いている。

リチャード・ジュエル
Richard Jewell
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ビリー・レイ
原作 マリー・ブレナー英語版
American Nightmare: The Ballad of Richard Jewell
製作 アンディ・バーマン
レオナルド・ディカプリオ
ジョナ・ヒル
ジェシカ・マイアー
ティム・ムーア
ジェニファー・デイヴィソン
ケヴィン・ミッシャー英語版
クリント・イーストウッド
出演者 サム・ロックウェル
キャシー・ベイツ
ジョン・ハム
オリヴィア・ワイルド
ポール・ウォルター・ハウザー
音楽 アルトゥーロ・サンドヴァル
撮影 イヴ・ベランジェ
編集 ジョエル・コックス
製作会社 アッピアン・ウェイ・プロダクションズ英語版
ミッシャー・フィルムズ
マルパソ・プロダクションズ英語版
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2019年11月20日AFI映画祭
アメリカ合衆国の旗 2019年12月13日
日本の旗 2020年1月17日[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[2]
興行収入 世界の旗 $26,820,321[3]
テンプレートを表示

2019年11月に開催されたAFI映画祭においてワールドプレミアが行われた[4]

ストーリー編集

1996年7月27日、警備員のリチャード・ジュエルアトランタ五輪の会場近くの公園で爆発物を発見した。リチャードの通報のお陰で、多くの人たちが爆発前に避難できたが、それでも2人の死者と100人以上の負傷者を出す大惨事となった(避難の最中に心臓発作で亡くなった人間も出た)。マスメディアは爆発物の第一発見者であるリチャードを英雄として持ち上げたが、数日後、地元紙が「FBIはリチャードが爆弾を仕掛けた可能性を疑っている」と報じた。それをきっかけに、マスメディアはリチャードを極悪人として糾弾するようになった。また、FBIはリチャードの自宅に2回も家宅捜索に入り、彼の知人たちにも執拗な聞き込みをするなど常軌を逸した捜査を行った。ジュエルはかつての職場で知り合った弁護士ワトソン・ブライアントを呼び出し、彼と共にこの理不尽な状況と対峙していくことになる。

キャスト編集

製作編集

2014年2月4日、リチャード・ジュエルの伝記映画が製作されることになり、レオナルド・ディカプリオジョナ・ヒルが主演と製作を兼任することになったと報じられた[5]。9月10日、ポール・グリーングラスに監督のオファーが出ているとの報道があったが[6]、交渉は不首尾に終わった。2015年4月1日、クリント・イーストウッドが本作の監督を務める意欲を見せていると報じられた[7]2016年11月15日、エズラ・エデルマン英語版が監督に起用される見込みだとの報道があった[8]

2019年4月、ディカプリオとヒルが降板し、製作サイドがイーストウッドに本作の監督のオファーを出していると報じられた[9]。5月24日、ワーナー・ブラザース映画が本作の配給権をディズニー(元々、20世紀フォックスが本作の配給権を持っていたが、ディズニーに買収されたため、配給権はディズニーの手に移った)から購入したとの報道があった[10]。6月、ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、オリヴィア・ワイルド、ジョン・ハム、イアン・ゴメスの出演が決まった[11][12][13][14][15]。同月24日、本作の主要撮影ジョージア州アトランタで始まった[16]。7月、ニナ・アリアンダがキャスト入りした[17]

公開編集

本作は2019年12月13日に全米公開される予定だが、これは第92回アカデミー賞をはじめとする賞レースへのノミネート資格を得るためでもある[18]

2019年11月20日、AFI映画祭で本作のプレミア上映が行われた[19]。その際、ジュエルの母バーバラ(ボビー)・ジュエル本人が会場に姿を見せた[20]

興行収入編集

本作は『ジュマンジ/ネクスト・レベル』及び『Black Christmas』と同じ週に封切られ[21]、公開初週末に1100万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが、実際の数字はそれを大きく下回るものとなった。2019年12月13日、本作は全米2502館で公開され、公開初週末に468万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場4位となった[22]。この数字はクリント・イーストウッド監督作品としては異例の低さであった[23]

評価編集

映画批評家によるレビュー編集

本作は批評家から好意的に評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには144件のレビューがあり、批評家支持率は73%、平均点は10点満点で6.71点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『リチャード・ジュエル』は実際に起きた出来事を単純化している。しかし、同作によって、クリント・イーストウッドが熟練の映画監督としてまだまだ手腕を発揮できることが証明された。」となっている[24]。また、Metacriticには38件のレビューがあり、加重平均値は69/100となっている[25]。なお、本作のシネマスコアはAとなっている[2]

受賞歴編集

部門 対象者 結果
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞[26][27] トップ10映画英語版 受賞
助演女優賞 キャシー・ベイツ
ブレイクスルー演技賞英語版 ポール・ウォルター・ハウザー
AFIアワード[28][29] トップ10映画 受賞
デトロイト映画批評家協会賞[30] 助演男優賞英語版 サム・ロックウェル ノミネート
助演女優賞英語版 キャシー・ベイツ
ブレイクスルー演技賞 ポール・ウォルター・ハウザー
ゴールデングローブ賞[31] 映画部門助演女優賞 キャシー・ベイツ ノミネート
アカデミー賞[32] 助演女優賞 キャシー・ベイツ 未決定

論争編集

作中で、実在の記者キャシー・スクラッグスがFBIの捜査官を前にセックスと引き換えに情報を引き出そうとする描写があり、問題となった[33]。故人であるため反論できない状況にある人間に対するこのような描写への反発は強く、批評家や記者の一部は激しく作品を批判し、SNS上では「BoycottRichardJewell」というハッシュタグも作られてボイコット運動が起こった[33]ハフポストのジェフリー・ヤングは、「女性は身体を使う」という男性によって作り出されたステレオタイプが作品に内在することの現実への悪影響を指摘した[33]。キャシーの所属していたアトランタ・ジャーナル=コンスティチューション英語版(以降AJCと略)は「記者の描写は衝撃的であり、真実ではない」と主張し、クリント・イーストウッド監督とワーナー・ブラザースに書簡を送り、中傷的な方法で誤って描かれているために、場面の一部が脚色されたものであることを正式発表するよう要求した。これに対してワーナー・ブラザースは、映画は情報源に基づいていると主張し、ジュエル氏が疑われていると真っ先に報じたメディアの一つであるAJCが映画を非難するのは残念で皮肉だと述べた[34]

出典編集

  1. ^ “クリント・イーストウッド最新作『リチャード・ジュエル』1月17日公開決定、日本版予告編が到着 ─ 五輪会場の爆破テロ、第一発見者の警備員は英雄か犯人か”. THE RIVER. (2019年11月7日). https://theriver.jp/richard-jewell-jp-release/ 2019年11月7日閲覧。 
  2. ^ a b ‘Jumanji: The Next Level’ Advancing To $52M+ Opening; ‘Richard Jewell’ & ‘Black Christmas’ Earn Lumps Of Coal”. Deadline.com (2019年12月14日). 2019年12月15日閲覧。
  3. ^ Richard Jewell (2019)”. The Numbers. 2020年1月15日閲覧。
  4. ^ RICHARD JEWELL” (英語). AFI FEST. 2019年11月25日閲覧。
  5. ^ ‘Wolf Of Wall Street’s Leonardo DiCaprio & Jonah Hill Plan Re-Team In Story Of Richard Jewell; Labelled Hero, Then Falsely Vilified As Bomber At 1996 Atlanta Olympics”. Deadline.com (2014年2月4日). 2019年9月28日閲覧。
  6. ^ Paul Greengrass Circling Richard Jewell Pic With Leonardo DiCaprio, Jonah Hill”. Deadline.com (2014年9月10日). 2019年9月28日閲覧。
  7. ^ Clint Eastwood Circling Leonardo DiCaprio’s Richard Jewell Project”. /Film (2015年4月1日). 2019年9月28日閲覧。
  8. ^ ‘O.J. Made In America’ Helmer Ezra Edelman In Talks To Direct Richard Jewell Movie”. Deadline.com (2016年11月15日). 2019年9月28日閲覧。
  9. ^ Clint Eastwood Circling ‘Ballad Of Richard Jewell’ For Fox/Disney”. Deadline.com (2019年4月18日). 2019年9月28日閲覧。
  10. ^ Warner Bros. Lands Clint Eastwood’s ‘The Ballad of Richard Jewell’ From Fox-Disney (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年5月24日). 2019年9月28日閲覧。
  11. ^ Sam Rockwell Joins Clint Eastwood’s ‘The Ballad of Richard Jewell’”. Deadline.com (2019年6月10日). 2019年9月28日閲覧。
  12. ^ Clint Eastwood Casts 'BlacKkKlansman' Actor as Lead in Richard Jewell Movie (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2019年6月12日). 2019年9月28日閲覧。
  13. ^ Kathy Bates Joining Clint Eastwood’s ‘Richard Jewell’”. Deadline.com (2019年6月13日). 2019年9月28日閲覧。
  14. ^ Olivia Wilde, Jon Hamm Join Clint Eastwood’s ‘Richard Jewell’ (EXCLUSIVE)”. Variety (2019年6月17日). 2019年9月28日閲覧。
  15. ^ Ian Gomez Joins Clint Eastwood's Richard Jewell Movie (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2019年6月20日). 2019年9月28日閲覧。
  16. ^ 'Jewell'”. Backstage.com. 2019年9月28日閲覧。
  17. ^ Tony Winner Nina Arianda Joins Clint Eastwood's Richard Jewell Drama (Exclusive)”. Hollywood Reporter (2019年7月17日). 2019年9月28日閲覧。
  18. ^ Clint Eastwood’s ‘Richard Jewell’ Enters Awards Season With December Release”. Deadline.com (2019年9月27日). 2019年9月28日閲覧。
  19. ^ “クリント・イーストウッド新作がAFI映画祭でワールドプレミア”. 映画.com. (2019年10月29日). https://eiga.com/news/20191029/6/ 2019年10月29日閲覧。 
  20. ^ “クリント・イーストウッド、テロ事件容疑者にされた男を描いた理由語る”. 映画ナタリー. (2019年11月21日). https://natalie.mu/eiga/news/356444 2019年11月21日閲覧。 
  21. ^ 'Jumanji 2' Poised for $50M+ Debut While 'Uncut Gems' Strong in Limited Release”. Box Office Mojo (2019年12月12日). 2019年12月17日閲覧。
  22. ^ Domestic 2019 Weekend 50 December 13-15, 2019”. Box Office Mojo. 2019年12月17日閲覧。
  23. ^ Box Office: ‘Black Christmas’ And ‘Richard Jewell’ Both Disappoint While ‘Uncut Gems’ Breaks Records”. Forbes (2019年12月15日). 2019年12月17日閲覧。
  24. ^ Richard Jewell”. Rotten Tomatoes. 2019年12月15日閲覧。
  25. ^ Richard Jewell (2019)”. Metacritic. 2019年12月15日閲覧。
  26. ^ Hilary Lewis (2019年12月3日). “'The Irishman' Named Best Film by National Board of Review” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/irishman-tops-national-board-review-2019-honorees-full-list-1259206 2019年12月5日閲覧。 
  27. ^ “NATIONAL BOARD OF REVIEW ANNOUNCES 2019 AWARD WINNERS” (英語). National Board of Review. (2019年12月3日). http://www.nationalboardofreview.org/2019/12/national-board-of-review-announces-2019-award-winners/ 2019年12月5日閲覧。 
  28. ^ “AFIの2019年映画トップ10に「アイリッシュマン」「ジョーカー」「1917」など”. 映画.com. (2019年12月9日). https://eiga.com/news/20191209/6/ 2019年12月17日閲覧。 
  29. ^ AFI AWARDS 2019 Honorees Announced” (英語). American Film Institute (2019年12月4日). 2019年12月17日閲覧。
  30. ^ The 2019 Detroit Film Critics Society Awards” (英語). DFCS. 2019年12月17日閲覧。
  31. ^ “キャシー・ベイツ、映画『リチャード・ジュエル』で第77回ゴールデン・グローブ賞 「助演女優賞」 にノミネート”. tvgroove. (2019年12月10日). https://www.tvgroove.com/?p=25975 2019年12月17日閲覧。 
  32. ^ “アカデミー賞最多ノミネートは『ジョーカー』で11部門!ノミネート全リスト”. シネマトゥデイ. (2020年1月13日). https://www.cinematoday.jp/news/N0113443 2020年1月15日閲覧。 
  33. ^ a b c “実話”のクリント・イーストウッド新作、女性記者の「まくら営業」シーンは『嘘』ボイコット広がる”. フロントロウ. 2019年12月14日閲覧。
  34. ^ 実話に基づいたイーストウッド最新作、記者の枕営業シーンに抗議の声”. AFPBB News. 2019年12月14日閲覧。

外部リンク編集