リチャード・チャールズ・ロジャース

アメリカ合衆国の実業家、元プログラマ

リチャード・チャールズ・ロジャース(Richard Charles Rogers 、1966年3月8日 - )はアメリカ合衆国ニューヨーク出身の実業家・元プログラマ。現在、株式会社蛍テック(ほたるてっく)社の代表取締役を務めている。またリチャード・ロジャースはブループラネットソフトウェア社代表取締役のヘンク・ブラウアー・ロジャーステトリスオンラインジャパン社の取締役エドワード・S・P・ロジャースの実弟である。略称はRCR、愛称はリッチ(Rich)である。

略歴編集

アメリカ合衆国のニューヨーク市に生まれ、親の仕事の関係で5歳の時に山梨県甲府市に住み、15歳の時には同じく親の仕事の関係でタイフィリピンの間を5年間行き来していた。

その後は兄のヘンク・ブラウアー・ロジャースの経営するビーピーエス社にプログラマとして入社し、社内開発ツール(ファミコン用グラフィックツールなど)やゲームソフトウェア(『テトリス』など)を開発をしていた。その後、社長室長として社長のヘンク・ロジャースと共に世界中を飛び回り、日本国内へのソフトウェア移植契約関係として、正規契約書として手にしたもののひとつがテトリスである。

ビーピーエス社解散後、米国のブループラネットソフトウェア社に在籍しプログラマを務めていた。

その後、日本で蛍テック社を起業し、現在、同社の代表取締役を務めている。

携わった作品編集

その他

関連項目編集

その他編集