リチャード・ブラッドリー

リチャード・ブラッドリーRichard Bradley1991年8月17日 - )は、イギリス人のレーシングドライバー。しばしば "リチャード・ブラッドレー" と日本語表記されることがある[1]。近年はバンコクに居住し、シンガポールのレーシング・ライセンスで、フォーミュラBMW・パシフィックと全日本F3選手権に参戦している[2]

リチャード・ブラッドリー
個人情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
生誕 (1991-08-17) 1991年8月17日(28歳)
スポーツ
競技 レーシングドライバー

レーシング・キャリア編集

カート編集

ブラッドリーは、11歳の時に彼自身のモーターレースのキャリアのスタートとなるカートを始め、様々な選手権大会に参戦した。2008年には15歳以上のカートのカテゴリーであるKF1に昇格し、CIK-FIAヨーロッパ選手権でランキング8位に入った[3]

フォーミュラBMW・パシフィック編集

2010年、ブラッドリーはカートを卒業し、シンガポール人用のレーシング・ライセンスの発給を受けてユーラシア・モータースポーツのチームに所属して、アジアでフォーミュラBMW・パシフィックに参戦した。彼は、開幕戦のセパンでのラウンドを制するなど終始シリーズのレースを引っ張る存在で7勝を挙げ、ドライバーズタイトルとルーキー(新人)タイトルの二冠を獲得している[4]

フォーミュラ3編集

2011年、ブラッドリーはペトロナス・チーム・トムスに所属して、全日本F3選手権に参戦した[5]。彼は2度の表彰台(3位以内)に立ち年間ランキング5位に入った[6]。全日本F3選手権に参戦しながら、FIA フォーミュラ3・インターナショナルトロフィのポーとマカオのラウンドに出場している[7][8]

2012年シーズン、ブラッドリーはトムスに残留して全日本F3選手権参戦を継続した。彼は6回の表彰台を獲得して年間ランキング4位に入った[9]。彼はまた、FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権スパのラウンドにも出場した。彼は、シーズン終了までペトロナス・チーム・トムスで参戦し、テストにも参加した。

スーパーフォーミュラ編集

2013年、ブラッドリーはKCMGスーパーフォーミュラに参戦デビューを果たした[10]

レースの記録編集

レース概要編集

シリーズ チーム レース数 勝利数 ポール 最速ラップ 表彰台 ポイント 順位
2010年 フォーミュラBMW・パシフィック ユーラシア・モータースポーツ 15 7 2 3 9 217 1位
2011年 全日本F3選手権 ペトロナスチーム・トムス 14 0 0 0 2 36 5位
マカオグランプリF3 1 0 0 0 0 N/A 9位
FIA フォーミュラ3・インターナショナルトロフィ カーリン 3 0 0 0 0 0 NC†
ペトロナスチーム・トムス
2012年 全日本F3選手権 ペトロナスチーム・トムス 15 0 0 1 6 52 4位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 カーリン 2 0 0 0 0 6 19位
2013年 スーパーフォーミュラ KCMG 7 0 0 0 0 0 NC
アジアン・ル・マン・シリーズ KCMG、クラフト・レーシング 2 1 0 0 2 40 5位
2018年 SUPER GT DIJON Racing 1 0 0 0 0 0 NC

† – ブラッドリーはゲスト・ドライバーだった為、ノーポイント扱いであった。

全日本フォーミュラ3選手権編集

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント
2011年 PETRONAS TEAM TOM'S トヨタ SUZ1
3
SUZ2
4
FSW1
5
FSW2
5
FSW3
4
FSW1
4
FSW2
Ret
TRM1
4
TRM2
Ret
OKA1
Ret
OKA2
4
SUZ1
C
SUZ2
C
SUG1
4
SUG2
2
SUG3
5
5位 36
2012年 SUZ1
5
SUZ2
2
TRM1
3
TRM1
5
FSW1
7
FSW2
5
TRM1
2
TRM2
5
OKA1
6
OKA2
Ret
SUG1
2
SUG2
2
SUG3
Ret
FSW1
2
FSW2
5
4位 52

スーパーフォーミュラ編集

(太字ポールポジション斜字ファステストラップ)

チーム 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2013年 KCMG SUZ
19
AUT
Ret
FUJ
Ret
MOT
14
SUG
Ret
SUZ1
13
SUZ2
18
21位 0

SUPER GT編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2018年 DIJON Racing 日産・GT-R NISMO GT3 GT300 OKA FSW
21
SUZ
22
CHA FSW
18
SUG AUT
28
TRM
26
NC 0

世界耐久選手権編集

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2013年 KCMG モーガン・LMP2 LMP2 SIL SPA LMN SÃO COA FSW
6
SHA BHR NC 0
2014年 KCMG オレカ・03 LMP2 SIL
2
SPA
2
3位 130
オレカ・03R LMN
Ret
COA
1
FSW
2
SHA
Ret
BHR
1
SÃO
1
2015年 KCMG オレカ・05 LMP2 SIL
4
SPA
3
LMN
1
NÜR
1
COA
2
FSW
Ret
SHA
3
BHR
2
2位 155
2016年 マノー オレカ・05 LMP2 SIL
6
SPA
3
LMN
NÜR
Ret
MEX
Ret
COA
Ret
FSW
7
SHA
9
BHR
10
17位 33

ル・マン24時間レース編集

チーム パートナー 使用車両 クラス 周回数 Pos. Class
Pos.
2014年   KCMG   マシュー・ハウソン
  アレキサンドレ・インペラトーリ
オレカ・03R-日産 LMP2 87 DNF DNF
2015年   KCMG   マシュー・ハウソン
  ニコラ・ラピエール
オレカ・05-日産 LMP2 358 9位 1位
2016年   KCMG   松田次生
  マシュー・ハウソン
オレカ・05-日産 LMP2 116 DNF DNF
2017年   グラフ・レーシング   ジェームス・アレン
  フランク・マテッリ
オレカ・07-ギブソン LMP2 361 6位 5位

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ リチャード・ブラッドレー”. トヨタ. 2016年2月18日閲覧。
  2. ^ Profile”. richardbradleymotorsport.com. Richard Bradley. 2013年3月13日閲覧。
  3. ^ CIK-FIA European Championship – SKF & KF1 2009”. drivedb.com. Driver Database. 2013年3月13日閲覧。
  4. ^ Formula BMW Pacific 2010”. Driver Database. 2013年3月13日閲覧。
  5. ^ “[Travel round the opening possession]” (Japanese). 全日本F3選手権 (Japanese Formula 3 Association). (2011年5月13日). http://www.j-formula3.com/season/2011/report/report110513.html 2011年6月14日閲覧。 
  6. ^ Japanese Formula 3 Championship – Championship Class 2011”. driverdb.com. Driver Database. 2013年3月13日閲覧。
  7. ^ Cars admitted (PDF)”. Grand Prix de Pau. Alkamel Systems. 2011年8月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年5月21日閲覧。
  8. ^ Formula 3 Macau Grand Prix Provisional Entry List”. macau.grandprix.gov.mo. マカオグランプリ (2011年10月6日). 2011年11月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月6日閲覧。
  9. ^ Japanese Formula 3 Championship – Championship Class 2012”. driverdb.com. Driver Database. 2013年3月13日閲覧。
  10. ^ “KCMG unveils Richard Bradley as Super Formula driver for 2013”. KCMG. (2013年2月25日). http://www.kcmg.com.hk/?p=1534 2013年3月13日閲覧。 

外部リンク編集