メインメニューを開く
リチャード・マークス

リチャード・マークスRichard Marx1963年9月16日 - )は、アメリカシンガーソングライター

目次

人物編集

ソロ・デビュー前編集

作曲家の父、ディック・マークスとその妻で歌手のルース・マークスの間に生まれる。19歳の頃、マークスのデモ・テープを聴いたライオネル・リッチーに認められて、ロサンゼルスに移住しアルバム『ライオネル・リッチー』(1982年)のレコーディングに参加した[1]。その後、リッチーの紹介でケニー・ロジャースのバックアップ・シンガーとなり、さらにロジャースと共作も始め[2]、2人が共作した「クレイジー」は、1984年にロジャースの歌唱で『ビルボード』カントリー・シングル・チャート1位を獲得した[3]

デビュー・スターダムへ編集

1987年アルバム『Richard Marx/リチャード・マークス』でデビュー。デビューシングルとなった「Don't Mean Nothing」がいきなり全米チャートの3位に入るヒットとなり、大きな注目を集める。その後、アルバムからシングルカットされた「Should've Known Better」「Endless Summer Nights」も立て続けにチャートインさせ、4枚目の「Hold On to the Nights」で遂に全米ナンバーワン(2週連続)を獲得した。これで完全にスターダムに乗り、セカンドアルバム『Repeat Offender』からは、「Satisfied(2週連続)」「Right Here Waiting(4週連続)」と前作を上回るビッグヒットを飛ばした。

「Right Here Waiting」は、当時交際していた女優シンシア・ローズへのラブレターに曲をつけたもので[4]、自身最大のヒット曲となったことを契機にローズと結婚した(2014年に離婚)。 初来日公演は1988年2月で、日本武道館での公演も行った。

転機編集

デビュー以来、立て続けにヒットを飛ばしたマークスは、1991年に満を持してアルバム『Rush Street』を発売。第1弾シングル「Keep Coming Back」はあらゆるフォーマットのシングルレコードが準備されるほどだった。また勝ち馬に乗りたいアーティストがレコーディングや発売記念パーティに集合した。

しかしながら、このアルバムは前2作のようなヒットに結びつくことなく、ヒットチャートからすべり落ちた。第2弾シングル「Hazard」の後、「Take This Heart」をシングルカットしたが、時既に遅かった。これ以降、1994年にシングル「Now and Forever」が全米7位になるヒットがあったものの、アルバムのセールスは振るわなかった。

1990年代半ばよりプロデューサーとしての仕事に重きを置くようになり、自らの創作活動やコンサートツアーは減っている。近年では、アイドルグループのイン・シンクバックストリート・ボーイズに曲を提供。1996年には日本のアーティストCHAGE&ASKAの楽曲を世界中の一流アーティストがカバーするトリビュートアルバム「one voice THE SONGS OF CHAGE&ASKA」に参加。マークスが担当した「Heart of My Own」は英国版には収録されていないが、日本版の追加曲として収録されており、その縁で翌年に発表した「Every Day Of Your Life」はASKAとのデュエット曲となっている。 2004年には、ルーサー・ヴァンドロスの「Dance With My Father」をヴァンドロスと共作し、グラミー賞最優秀楽曲賞を受賞した。

2006年にはリンゴ・スター&ヒズ・オール・スター・バンドのメンバーに名を連ねた。

2014年のアルバム『Beautiful Goodbye』は全米39位、インディペンデント・アルバム・チャートで6位を記録し、20年ぶりの全米トップ40アルバムとなった[5]

家族編集

1989年1月8日にシンシア・ローズと結婚。Brandon(1990年生まれ)、Lucas(1992年生まれ)、Jesse(1994年生まれ)の3人の息子がいる。 2014年4月に離婚を発表。2015年12月23日、自身のFacebook上でデイジー・フエンテスとの結婚を発表した。[6]

アルバム編集

シングル編集

  1. "Don't Mean Nothing" (1987) #3 US
  2. "Should've Known Better" (1987) #3 US
  3. "Endless Summer Nights" (1988) #2 US
  4. "Hold On To The Nights" (1988) #1 US - 1 week
  5. "Satisfied" (1989) #1 US - 1 week
  6. "Right Here Waiting" (1989) #1 US - 3 weeks, #2 UK
  7. "Angelia" (1989) #4 US
  8. "Too Late To Say Goodbye" (1990) #12 US
  9. "Children Of The Night" (1990) #13 US
  10. "Keep Coming Back" (1991) #12 US
  11. "Hazard" (1992) #9 US
  12. "Take This Heart" (1992) #20 US
  13. "Chains Around My Heart" (1992) #44 US
  14. "Now and Forever" (1994) #7 US
    映画「ゲッタウェイ」主題歌
  15. "The Way She Loves Me" (1994) #20 US
  16. "Silent Scream" (1994)
  17. "Until I Find You Again" (1997) #42 US
  18. "At The Beginning" (with Donna Lewis) (1997) #45 US
  19. "Every Day Of Your Life" (with Aska) (1997)
  20. "Days In Avalon" (2000)
  21. "When You're Gone" (2004)
  22. "Ready to Fly" (2004)

日本公演編集

2月11日,12日 ゆうぽうと簡易保険ホール、15日 愛知県勤労会館、16日 フェスティバルホール
10月19日,20日 Billboard Live Tokyo
10月22日 Billboard Live Osaka
6月23日 EX THEATER ROPPONGI

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Gowen, Anne (1994年7月17日). “Back Home Again”. Chicago Tribune. 2015年11月24日閲覧。
  2. ^ Leahey, Andrew (2014年7月16日). “Songwriter Spotlight: Richard Marx”. Rolling Stone. 2015年11月24日閲覧。
  3. ^ Kenny Rogers | Awards | AllMusic
  4. ^ Right Here Waiting by Richard Marx”. Songfacts. 2015年11月24日閲覧。
  5. ^ Richard Marx | Awards | AllMusic
  6. ^ Wedding Announcement”. Richard Marx Music Official Facebook (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。

外部リンク編集