メインメニューを開く

リチャード・S・カステラーノ(Richard S. Castellano、1933年9月4日 - 1988年12月10日)は、アメリカ合衆国俳優である。

リチャード・S・カステラーノ
Richard S. Castellano
Richard S. Castellano
テレビドラマ『The Super』より
本名 Richard Salvatore Castellano
別名義 リチャード・カステラーノ
生年月日 (1933-09-04) 1933年9月4日
没年月日 (1988-12-10) 1988年12月10日(55歳没)
出生地 ニューヨーク市ブロンクス区
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 イタリア系アメリカ人
職業 俳優
活動期間 1962年 - 1982年
配偶者 Ardell Sheridan
主な作品
ふたりの誓い
ゴッドファーザー
『ジャグラー/ニューヨーク25時』
テンプレートを表示

目次

来歴編集

1933年ニューヨーク市ブロンクス区生まれ。イタリア系の家庭で生まれ、ニューヨークマフィア五大ファミリーの一つとして知られているガンビーノ一家のボスとして知られたポール・カステラーノの甥でもある[1]。もともとは建設会社のマネージャーとして働いていたが[2]、New Yiddish Theatreで働く機会を得たことから徐々に俳優としての道を歩み始めた[2]

1962年にテレビドラマシリーズの『裸の町』でプロデビューを果たし、1963年にはスティーブ・マックイーン主演の『マンハッタン物語』でノークレジットながらも映画デビューを果たした。その後、順調にキャリアを重ね1970年に出演したコメディ映画ふたりの誓い』では、その演技力が高い評価を受けてアカデミー助演男優賞へノミネートされている[3]1972年にはフランシス・フォード・コッポラが監督・脚本を手掛けたマフィア映画『ゴッドファーザー』へ出演して、役者としての人気を不動のものにした。

私生活編集

女優として活動したArdell Sheridanと結婚しており、カステラーノが死去する1988年まで続いていた[2]。ちなみに二人は『ゴッドファーザー』や、自身が出演したテレビドラマシリーズ『The Super』などで共演している。

死去編集

1988年心筋梗塞のためニュージャージー州の自宅で死去[2]。55歳だった。

出演作品編集

映画編集

  • マンハッタン物語 Love with the Proper Stranger (1963)
  • マンハッタンの哀愁 Trois chambres à Manhattan (1965)
  • 素晴らしき男 A Fine Madness (1966)
  • The Star Wagon (1966) ※テレビ映画
  • ボディガード A Lovely Way to Die (1968)
  • The Choice (1969)
  • ふたりの誓い Lovers and Other Strangers (1970)
  • ゴッドファーザー The Godfather (1972)
  • 検事 Incident on a Dark Street (1973)
  • 暗黒街抗争実録 マフィア Honor Thy Father (1973)
  • ジャグラー/ニューヨーク25時 Night of the Juggler (1980)
  • ギャング Gangster Wars (1981)
  • Dear Mr. Wonderful (1982)

テレビドラマ編集

  • 裸の町 Naked City (1962 - 1963)
  • East Side/West Side (1963)
  • Hawk (1966)
  • N.Y.P.D. (1968, 1969)
  • The Super (1972)
  • Joe and Sons (1975, 1976)
  • ゴッドファーザー・サガ The Godfather: A Novel for Television (1977)
  • The Gangster Chronicles (1981)

参照編集

外部リンク編集