リッカルド・スカマルチョ

イタリアの俳優

リッカルド・スカマルチョRiccardo Scamarcio1979年11月13日 - )は、イタリア俳優

リッカルド・スカマルチョ
Riccardo Scamarcio
Riccardo Scamarcio
本名 Riccardo Dario Scamarcio[1]
生年月日 (1979-11-13) 1979年11月13日(40歳)
出生地 イタリアの旗 プッリャ州バルレッタ=アンドリア=トラーニ県トラーニ
身長 178 cm[1]
職業 俳優
ジャンル 映画
活動期間 2001年 -
主な作品
あしたのパスタはアルデンテ
ジョン・ウィック:チャプター2
テンプレートを表示

略歴編集

1979年イタリアプッリャ州バルレッタ=アンドリア=トラーニ県の県都トラーニで生まれる。 反抗的で御しにくい少年だったが、1990年代後半にローマに移り、イタリア国立映画実験センターで演技を学ぶと、2001年にテレビドラマでデビューする[1]

2003年、マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の『輝ける青春』に出演して注目される[2]

2005年、ダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞を7部門で受賞した[2]野良犬たちの掟』(日本劇場未公開)に出演。また『Texas』と『L'uomo perfetto』でイタリア記者賞(ナストロ・ダルジェント賞)助演男優賞に初めてノミネートされ、若手演技派スターの地位を確立する[3]

2007年、『モニカ・ベルッチの恋愛マニュアルイタリア語版』で2度目となるイタリア記者賞助演男優賞にノミネートされ、ダニエレ・ルケッティイタリア語版監督の『マイ・ブラザー』ではダヴィッド・ディ・ドナテッロ助演男優賞に初めてノミネートされる[2]

2009年、ヴェネツィア国際映画祭正式出品作品『Il grande sogno』でパシネッティ賞特別表彰を受賞[2]

2010年の映画あしたのパスタはアルデンテ』と『La prima linea』でイタリア記者賞主演男優賞に初ノミネート。

2012年の映画ローマでアモーレ』で3度目となるイタリア記者賞助演男優賞にノミネート。

2015年の映画Nessuno si salva da solo』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞に初ノミネート、イタリア記者賞主演男優賞に2度目のノミネート。

2015年の映画『La prima luce』と2016年の映画Pericle il nero』でイタリア記者賞主演男優賞に3度目のノミネート。

2018年の映画彼らイタリア語版』でイタリア記者賞助演男優賞イタリア語版を4度目のノミネートで初受賞。 同年の映画『幸せな感じイタリア語版』でダヴィッド・ディ・ドナテッロ主演男優賞に2度目のノミネート、また同作と『Il testimone invisibile』『ザ・ルースレス 〜とあるマフィアの転落人生〜イタリア語版』の3作品でイタリア記者賞主演男優賞に4度目のノミネート。

私生活編集

ヴァレリア・ゴリノと2006年4月に婚約した他、ラウラ・キアッティ英語版などとの交際も知られている[4]

主な出演作品編集

出典編集

  1. ^ a b c Riccardo Scamarcio biografia” (イタリア語). Comingsoon.it. 2019年8月4日閲覧。
  2. ^ a b c d Cast&Staff”. 「昼下がり、ローマの恋」Official website. 2012年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月15日閲覧。
  3. ^ キャスト”. 「あしたのパスタはアルデンテ」映画公式サイト. 2015年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月15日閲覧。
  4. ^ Riccardo Scamarcio - Biography” (英語). IMDb. 2012年12月15日閲覧。
  5. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2011. 朝日新聞. 2017年6月11日閲覧。
  6. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2013. 朝日新聞. 2013年6月8日閲覧。
  7. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2014. 朝日新聞. 2017年6月11日閲覧。
  8. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2016. 朝日新聞. 2018年6月22日閲覧。
  9. ^ 作品情報”. イタリア映画祭2019. 朝日新聞. 2019年4月23日閲覧。

外部リンク編集