メインメニューを開く

リチャード・"リッキー"・ハットンRichard "Ricky" Hatton1978年10月6日 - )は、イングランドの元プロボクサーグレーター・マンチェスター州ストックポート出身。現在マンチェスターを拠点に活動している。弟のマシュー・ハットンもプロボクサー。

リッキー・ハットン
Ricky Hatton 2009.jpg
基本情報
本名 リチャード・ハットン
通称 The Hitman(殺し屋)
階級 ウェルター級
身長 171cm
リーチ 178cm
国籍 イギリスの旗 イギリス
誕生日 (1978-10-06) 1978年10月6日(40歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド
グレーター・マンチェスター州
ストックポート
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 48
勝ち 45
KO勝ち 32
敗け 3
テンプレートを表示

目次

人物編集

WBA世界スーパーライト級スーパー王者。また、IBF世界スーパーライト級王座を2回、WBA世界ウェルター級王座を1回獲得した。

ファイティングスピリットに溢れた突進力と回転の速い連打とボディブローが持ち味で、猛然と相手を打ち倒すことからThe Hitman(殺し屋)の異名を持っている。また、常にKO勝ちを目指す姿勢はイギリスのボクシングファンのみならず世界中で人気が高い。以前はクリンチを多用するスタイルであったが、フロイド・メイウェザー・シニアをトレーナーに迎えて以降は減少傾向にあり巧みなワンツーを使うようになっている。プロモーターとしてハットン・プロモーションズを主宰している。

労働者階級出身で、同階級出身のウェイン・ルーニーオアシスのギャラガー兄弟と仲が良く、ハットンの試合観戦に訪れていた[1]。また、ギャラガー兄弟と同じくマンチェスター・シティFCの熱心なサポーターでもある。

私生活は大変不摂生として知られ、ギネスビールフィッシュ・アンド・チップスが好物であるため毎試合約20ポンド減量しており、試合のない日は度々太った体で公の場に顔を出していてファンの間ではリッキー・ファットンというあだ名がついた[2]

来歴編集

1978年にストックポートに生まれた。父と祖父はロッチデールAFCに所属していた元サッカー選手。ハットンもユースチームの入団試験を受けたことがある。アマチュアとしてのボクシング歴はそれほど長くなく15歳ぐらいから本格的にボクシングを始める。実家がカーペット内装業を営んでいたことから職人を目指すが、カッターナイフで一度に4本の指を切ったことがあるほど不器用だったため販売員に転職する。しかしこちらでも仕入れ値で販売してしまうなど商才は発揮できなかった[3]

キャリア初期編集

1997年9月11日に18歳でプロデビューし、初回TKOで勝ちを収めた。

1999年2月27日、空位のBBBofC中部スーパーライト級王座を獲得した。

1999年5月29日、空位のWBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座を獲得した。

2000年9月23日、WBAインターナショナルスーパーライト級王座を獲得した。

2000年10月21日、空位のBBBofC英国スーパーライト級王座を獲得した。

2001年3月26日、空位のWBU世界スーパーライト級王座を獲得し同王座を15度防衛した。

コンスタンチン・チュー戦編集

2005年6月4日、当時長期療養後ではあったがIBF世界スーパーライト級暫定王者シャンバ・ミッチェルを苦もなくKOで下し、同階級で最強と目されていたIBF世界スーパーライト級王者コンスタンチン・チューロシア)を執拗なボディ攻めで11回終了後TKO(チューの試合放棄)で破り王座を獲得した。この試合は「リッキー・ハットン」の名を一躍世界中のボクシングファンに轟かせ、英国内での彼の人気を不動のものにした。

2005年11月26日、WBA世界スーパーライト級王者カルロス・マウサとの統一戦を9回KO勝ちを収め王座統一に成功した。

二階級制覇編集

2006年ウェルター級への転向を目指し王座を返上した。

2006年5月13日、WBA世界ウェルター級王者ルイス・コラーゾアメリカ)を12回判定勝ちを収めデビュー以来の無敗記録を41戦に伸ばすと共に王座獲得に成功した[4]。しかし、階級を上げての出来は決して良いものではなく、すぐに同王座を返上し階級を元のスーパーライト級に戻すことを発表した。

2007年1月20日、IBF世界スーパーライト級王者ファン・ウランゴコロンビア)を判定で破り王座の獲得に成功し同時にIBO世界スーパーライト級王座獲得に成功した[5]

2007年2月に、同年7月に既に予定されたホセ・ルイス・カスティージョとのビッグマッチを優先させるため、IBF世界スーパーライト級王座の指名挑戦者との指名試合を拒否し、2月10日にIBFから王座を剥奪された。同王座は指名挑戦者だったラブモア・ヌドゥが戴冠した[6]

6月23日に実施されたホセ・ルイス・カスティージョメキシコ)との対戦はブルファイター同士の対決ということもあり激戦が期待されたが一方的な内容で4回2分16秒KO勝ちを収めWBCインナーナショナルスーパーライト級王座獲得とIBO王座の初防衛に成功した[7]

ラスベガスでのビッグマッチ編集

かねてからラスベガスでのビッグマッチを熱望していたハットンは、ついに2007年12月8日にMGMグランド・ガーデン・アリーナでWBC世界ウェルター級王者フロイド・メイウェザー・ジュニア(アメリカ)と対戦。中量級の無敗のスーパースター同士の大一番であったが、10回TKO負けを喫し、キャリア初黒星となった[8]

2008年5月24日、イギリスランカシャーシティ・オブ・マンチェスター・スタジアムでフアン・ラスカーノ(メキシコ)と対戦し、ジャッジ2者がフルマークを付ける12回3-0(120-110、118-110、120-108)圧勝でIBO王座の2度目の防衛に成功するとともにプロ初黒星を喫して以来の再起戦を勝利で飾った[9]

2008年11月22日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでポール・マリナッジ(アメリカ)と対戦し、11回TKO勝ちを収めIBO王座3度目の防衛に成功した[10]

2009年5月2日、MGMグランド・ガーデン・アリーナでマニー・パッキャオフィリピン)と対戦。1回に2度のダウンを喫したのち、2回終盤にパッキャオの左フックで失神させられ、2回2分59秒KO負けを喫しIBO王座から陥落した[11]

ボクサーライセンス剥奪編集

2010年9月12日、ハットンがコカインを吸引をしている姿がスクープとして新聞の一面を飾り[12]、英国ボクシング統制委員会によりボクサーライセンスを剥奪された[13]

しかし、2012年にライセンスの再交付が認められることとなり現役復帰を宣言する。

現役復帰編集

2012年11月24日、地元イギリスランカシャー州マンチェスターにて約3年半ぶりの復帰戦としてウェルター級10回戦で元WBA世界ウェルター級王者ビチェスラフ・センチェンコウクライナ)と対戦。ポイントではリードするものの、9回KO負けを喫し復帰戦を白星で飾ることはできず、試合後に改めて現役引退を表明した[14]

2014年5月1日、イギリスのテレビ局のためにフロイド・メイウェザー・ジュニアVSマルコス・マイダナの解説者としてアメリカへ入国予定であったが、ビザの発給を拒否され入国する事が出来なかった[15]

獲得タイトル編集

アマチュア時代編集

プロ時代編集

  • BBBofC中部スーパーライト級王座(防衛0=返上)
  • WBOインターコンチネンタルスーパーライト級王座(防衛6=返上)
  • WBAインターナショナルスーパーライト級王座(防衛0=返上)
  • BBBofC英国スーパーライト級王座(防衛0=返上)
  • WBU世界スーパーライト級王座(防衛15=返上)
  • IBF世界スーパーライト級王座(防衛0=返上)
  • WBA世界スーパーライト級スーパー王座(防衛0=返上)
  • WBA世界ウェルター級王座(防衛0=返上)
  • IBO世界スーパーライト級王座(防衛3)
  • WBCインナーナショナルスーパーライト級王座(防衛0=返上)
  • IBF世界スーパーライト級王座(防衛0=剥奪)

脚注編集

  1. ^ http://www.afpbb.com/article/sports/sports-others/boxing/2542145/3552283
  2. ^ http://menmedia.co.uk/manchestereveningnews/tv_and_showbiz/s/1463172_video-boxer-ricky-hatton-takes-a-battering---at-fish-and-chip-shop
  3. ^ Hatton-Mayweather: Pull No Punches”. Time.com (2007年12月7日). 2014年5月2日閲覧。
  4. ^ ヒットマン、2階級制覇なる WBA世界ウェルター級 コラーゾに少差判定勝ち ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2006年5月15日
  5. ^ ハットン、元のJ・ウェルターでIBF王座復帰 ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年1月22日
  6. ^ ハットン王座返上。無冠でカスティーリョ戦へ ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年2月14日
  7. ^ リッキー・ハットン カスチィーヨをKOで降す 「AFPBB News」 2007年6月24日
  8. ^ プレティボーイがヒットマンを痛烈TKO ボクシング総合ポータル「Box-on!」 2007年12月9日
  9. ^ リッキー・ハットン ラスカーノを下し防衛に成功 「AFPBB News」 2008年5月25日
  10. ^ リッキー・ハットン 11ラウンドTKOで防衛に成功 「AFPBB News」2008年11月22日
  11. ^ ボクシング=パッキャオ、ハットンを2回KO 「ロイター通信」2009年5月3日
  12. ^ Former world champion boxer Ricky Hatton to check into rehab after cocaine video”. Daily Mail (2010年9月13日). 2014年5月2日閲覧。
  13. ^ Ricky Hatton loses licenses, Amir Khan says board was too harsh Badlefthook 2010-9-24
  14. ^ ハットンが引退表明=3年半ぶり復帰戦でKO負け-ボクシング 時事通信 2012年11月25日
  15. ^ Visa problems deny Ricky Hatton entry into America to commentate on Mayweather-Maidana fight in Las Vegas”. Telegraph (2014年5月1日). 2014年5月2日閲覧。
  16. ^ 英国アマチュアボクシング協会の略称がABAである。

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
コンスタンチン・チュー
IBF世界スーパーライト級王者

2005年6月4日 - 2006年3月29日(返上)

空位
次タイトル獲得者
ファン・ウランゴ
前WBA正規王者
カルロス・マウサ
WBA世界スーパーライト級スーパー王者
2005年11月26日 - 2006年5月4日(返上)
次スーパー王者
返上により消滅
前王者
ルイス・コラーゾ
WBA世界ウェルター級王者

2006年5月13日 - 2006年(返上)

空位
次タイトル獲得者
ミゲール・コット
前王者
ファン・ウランゴ
IBF世界スーパーライト級王者

2007年1月20日 - 2007年2月10日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ラブモア・ヌドゥ