メインメニューを開く

リッチフィールド郡 (コネチカット州)

コネチカット州の郡

リッチフィールド郡英語:Litchfield County)は、アメリカ合衆国コネチカット州に位置するである。郡の人口密度は州内で最も低く、面積は最大。2010年国勢調査時点での人口は189,927人であり、ニューヨーク都市圏内に入る。

コネチカット州リッチフィールド郡
リッチフィールド郡の位置を示したコネチカット州の地図
郡のコネチカット州内の位置
コネチカット州の位置を示したアメリカ合衆国の地図
州のアメリカ合衆国内の位置
設立 1751
郡庁所在地 なし(1960年以来、コネチカット州の郡は政府を持たないため)
最大都市 トリントン
面積
 - 総面積
 - 陸
 - 水

2,446 km2 (944.57 mi2)
2,383 km2 (919.92 mi2)
64 km2 (24.65 mi2), 2.61%
人口
 - (2010年)
 - 密度

189,927人
79.7人/km2 (206人/mi2)

郡は、他のコネチカット州の7郡と同じく、政府を持たない。また、郡庁所在地も存在しない。各町では、教育、除雪、下水道、消防、警察など、行政サービスの責任を持つ。しかし、郊外のいくつかの町では、共同でサービスを行ったり、学校を設立したりする場合もある。

目次

歴史編集

リッチフィールド郡は、フェアフィールド郡、ニューヘイブン郡及びハートフォード郡にあった土地から、コネチカット州議会によって1751年10月9日に新設された。

タウンシップのリッチフィールド、ウッドベリー、ニュー・ミルフォード、
ハーウィントン、ニュー・ハートフォード、バークハンステッド、ハートランド、コレブロック、
ノーフォーク、キャナアン、サリスベリー、ケント、シャロン、コーンウォール、ゴーシェン、
トリントン及びウィンチェスター、このコロニーの北西部を
リッチフィールド郡と呼び、同じ権力をもたらし、
コロニー内の他の郡が持っている同じ規則に従う[1]

1780年と1807年の間、いくつかの新しい町は、リッチフィールド郡とコネチカット州の他の郡との間で設立された。ウォータータウン町は、ウォーターベリーから1780年に分離し、リッチフィールド郡の管轄下に置かれた。逆に、フェアフィールド郡の領域であったニュー・ミルフォードから1788年に設立されたブルックフィールド町は、フェアフィールド郡へ移っている。1796年には、ハートランド町がハートランド郡へ移っている。1798年には、オックスフォード町が、リッチフィールド郡からニューヘイブン郡となったサウスベリーの一部から分離している。ニュー・ハートフォードから1806年に町が設立されたときも、ハートフォード郡は領域を一部失った。1807年にはサウスベリー町がニューヘイブン郡へ移されている。最後の境界の変更となる1807年10月8日には、ミドルベリー町がウッドベリーの一部から分離した[2]

地理編集

2000年国勢調査によると、郡の面積は944.57平方マイル(2,446.4k㎡)であり、このうち97.39%にあたる919.92平方マイル(2,382.6k㎡)は陸地、2.61%にあたる24.65平方マイル(63.8k㎡)は水面積である[3]。リッチフィールド郡は、アパラチア山脈の範囲にも含まれる、バークシャー山脈(地元ではリッチフィールド・ヒルズと呼ばれることもある)として知られる山脈にも接している。

近隣の自治体編集

人口編集

人口
179038,635
180041,2146.7%
181041,3750.4%
182041,267−0.3%
183042,8583.9%
184040,448−5.6%
185045,25311.9%
186047,3184.6%
187048,7273.0%
188052,0446.8%
189053,5422.9%
190063,67218.9%
191070,26010.3%
192076,2628.5%
193082,5568.3%
194087,0415.4%
195098,87213.6%
1960119,85621.2%
1970144,09120.2%
1980156,7698.8%
1990174,09211.1%
2000182,1934.7%
2010189,9274.2%
[4][5][6]

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[7]

基礎データ

  • 人口: 182,193人
  • 世帯数: 71,551 世帯
  • 家族数: 49,584 家族
  • 人口密度: 76人/km2(198人/mi2
  • 住居数: 79,267軒
  • 住居密度: 33軒/km2(86軒/mi2

人種別人口構成

先祖による構成

  • イタリア系:20.8%
  • アイルランド系:14.8%
  • イギリス系:10.6%
  • ドイツ系:9.2%
  • フランス系:6.3%

言語による構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 24.60%
  • 18-24歳: 5.70%
  • 25-44歳: 29.80%
  • 45-64歳: 25.70%
  • 65歳以上: 14.20%
  • 年齢の中央値: 40歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 95.60
    • 18歳以上: 92.50

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.10%
  • 結婚・同居している夫婦: 57.20%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 8.60%
  • 非家族世帯: 30.70%
  • 単身世帯: 25.30%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 10.20%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.51人
    • 家族: 3.03人

収入編集

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 56,273米ドル
    • 家族: 66,445米ドル[8]
    • 性別
      • 男性: 45,586米ドル
      • 女性: 31,870米ドル
  • 人口1人あたり収入: 28,408米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 4.50%
    • 対家族数: 2.70%
    • 18歳未満: 4.30%
    • 65歳以上: 5.40%

政治編集

リッチフィールド郡は、州内でも多くの共和党支持者が残る郡である。2004年にはブッシュが51%、ケリーが46%でブッシュが勝ち、ブッシュが勝った南ニューイングランドで唯一の郡となった。1992年、リッチフィールド郡はコネチカット州の2郡のうちの1郡をジョージ・H・W・ブッシュが勝ち取った[9]。2008年、リッチフィールド郡を含むコネチカット州の郡で、共和党候補のジョン・マケインが勝つことはなかった。郡は、1964年、1996年、2000年に民主党候補の支持率が高かった。

自治体編集

* 自治町村は、1つ以上の町の一部とされ、個別の議会、区域指定委員会、自治町村役員を持つ。村は町の区分とされるが、村の個別の政府は持たない。

市外局番編集

ウッドベリー、ベスレヘム、ロックスベリーの一部を除き、郡の全ての地域は市外局番860である。市外局番203/市外局番475も重なる。ウッドベリー電話交換所は、サウスベリー町と2つの町でも利用されている。それは、ニューヘイブン郡及びウッドベリーの一部にある。2009年11月14日より、市外局番203/475も登場したが、860/959は施行されなかった。

関連項目編集

出典編集

外部リンク編集