メインメニューを開く

人物編集

ポーランド系の父アダムとイタリア/ポーランド系の母ジョアン・シェニラとの間に生まれる。父方のルーツはクラクフ。ニュージャージー州ウッドブリッジの町で育つ。ギターを始めたのは14歳の時で、ジミ・ヘンドリックスの死に触発されてのことである。

ボン・ジョヴィの前身バンドであったワイルド・ワンズのライヴを見て、当時のギタリストであったデイヴ・セイボ(現スキッド・ロウ)の演奏に憤慨し、終演後楽屋に乗り込み、「こんなギタリストより俺の方が上手い」とジョンらメンバーの前で啖呵を切ったことが加入のきっかけとなった。後日正式にオーディションに参加し、デイヴの代わりにギタリストとして加入することとなった。

ソロとしては1991年、アルバム『ストレンジャー・イン・ディス・タウン』でデビュー。ボン・ジョヴィのライヴにおいてコーラスを披露していたが、ここであらためてソウルフルな歌を披露した。「Mr.Bluesman」という曲は、彼が尊敬してやまないエリック・クラプトンに憧れてギタリストを夢見る少年(リッチー本人)のことを歌っているが、エリック・クラプトン本人がその曲に感動し、ゲストミュージシャンとして参加している。

1994年、アリー・シーディシェールなどとの交際暦を経て、ヘザー・ロックリアと結婚し一女をもうけるも、マリブの自宅の近所に住む女優で、妻のヘザーの親友だったデニス・リチャーズが、彼女の夫で人気俳優チャーリー・シーンの浮気の激しさに悩んだ末に友人のリッチーに相談を持ちかけたことがきっかけで不倫関係になってしまい、その事実を知り激怒した妻のヘザーがリッチーに三行半を突きつけ2007年に離婚。その後リッチーとデニスは「全米で一番憎まれているカップル」とゴシップ誌に認定されるなど、世間から激しくバッシングを受けてしまったが1年後に破局した。

デニスとの破局後からアルコール依存症の症状が重くなり、2007年にはついにリハビリ施設に入所。2008年春に飲酒運転で逮捕されたが、そのときに酔っ払った状態で11歳の娘を自動車に同乗させていたことが問題になり、父親としての自覚が足りないということで、再び世間からバッシングを受ける羽目になった。2011年4月には再びリハビリ施設に入ることとなり、欧米で予定していたツアーへ参加できなくなる事態となった[1]。その後6月にクロアチアザグレブ公演よりツアーに合流。しかし、2013年のビコーズ・ウィー・キャンツアーの開始一月目から「家庭上の都合」を理由に再び離脱し、それ以降も不参加の状態が続いた[2]。2014年11月、ジョンがショービズ411のインタビューにて、リッチーが脱退したことを明かした[2][3]が、バンド側からの正式な発表はない。

個人的な日本との繋がりでは、1997年反町隆史のアーティストデビューシングル「Forever」に参加。同曲は、反町隆史の主演ドラマ「ビーチボーイズ」の主題歌として使用され、フジテレビ系列で放映された。

ディスコグラフィー編集

使用機材編集

80年代のギター

  • クレイマー - シグネイチャー・モデル“Jersey Star”シリーズ
  • シャーベル - カスタムモデル。(クレイマーとのエンドース契約時にはヘッドにクレイマーのロゴが貼られていた。)
  • オベーション - D768ダブルネック、1985シリーズ

90年代以降のギター

OMC41

等々多数

アンプ

出典編集

外部リンク編集