メインメニューを開く

リップ・タイラーRip Tyler、本名:Wallace Dean Vaughn1940年9月28日 - 1997年12月3日[1])は、アメリカ合衆国プロレスラーミシシッピ州コフィービル出身(出身地はミシシッピ州ジャクソンテネシー州メンフィス、テネシー州ナッシュビルミズーリ州セントルイス、などとされる場合もある)[3][5]

リップ・タイラー
プロフィール
リングネーム リップ・タイラー
ジェリー・ディーン
ディーン・ヴォーン
本名 ウォレス・ディーン・ヴォーン
ニックネーム 引き裂き魔
吸血獣
身長 185cm
体重 120kg(全盛時)
誕生日 1940年9月28日[1]
死亡日 (1997-12-03) 1997年12月3日(57歳没)[1]
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ミシシッピ州の旗 ミシシッピ州
ヤロブシャ郡コフィービル[2]
スポーツ歴 レスリング[2]
ボクシング[2]
野球[3][4]
デビュー 1960年[3]
引退 1988年[3]
テンプレートを表示

ザ・リッパーThe Ripper)の異名を持つ金髪ヒールとして、テネシーやアラバマなど南部のローカル・テリトリーを主戦場に活動。日本にも昭和期の各団体に参戦した。

来歴編集

学生時代からレスリングボクシング、そして野球でも非凡な才能を発揮し、プロレス界に入る前は、セミプロキャッチャーとして活躍していた[4]ミシシッピ州AAUレスリング大会に出場した際、プロレスラーのティム・タイラーにスカウトされ、1960年5月にデビュー[2]

ジェリー・ディーンJerry Dean)のリングネームで活動後、1963年アラバマにてティム・タイラーの「弟」と称し、リップ・タイラーRip Tyler)と改名[2]。以降、アラバマおよびテネシーではティムや初代ランディ・タイラー(カール・リード)、ジョージアではターザン・タイラーとの兄弟ギミックでのタッグチームで活躍[6][7]、各地区のローカル・タッグ王座を獲得した[5]

1971年11月、ブルーノ・サンマルチノザ・ファンクスが同時参加した日本プロレスの『ワールド・チャンピオン・シリーズ』に初来日[8]。シリーズ中にドリー・ファンク・ジュニアNWA世界ヘビー級王座に挑んだ坂口征二は、仮想ドリーの対戦相手としてタイラーを指名したという[9]。同年、タイラーはNWAの総本山セントルイス地区にて再びジェリー・ディーンと名乗り、2月19日にルーファス・ジョーンズと対戦している[10]

1972年6月、当時アラバマのガルフ・コースト地区で本格的にタッグチームを結成していた弟分のエディ・サリバンと共に新日本プロレスに来日。外国人エースとしてアントニオ猪木と対戦した[11]。翌1973年4月には、地元のミシシッピおよびオクラホマルイジアナなどNWAのミッドサウス・エリアを拠点としたトライステート地区(後のMSWA)にて、サリバンと組んでジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツハリウッド・ブロンズからUSタッグ王座を奪取している[12]。同地区では2代目のランディ・タイラーとの新生タイラー・ブラザーズでも活動[13]。シングルでは、同地区のフラッグシップ・タイトルだった北米ヘビー級王座を1974年ブル・ラモスらと争った[14]

以降もサリバンとのコンビで活動し、1976年5月には国際プロレスに揃って初参戦。6月7日に福山にてグレート草津&マイティ井上を破り、IWA世界タッグ王座を獲得した[15]。翌1977年1月の再来日でもサリバンと組んで草津&井上に挑んだほか、シングルでも1月19日に佐野にてラッシャー木村IWA世界ヘビー級王座に挑戦している[16]。なお、このときの来日ではサリバンと共に映画『空手バカ一代』の撮影にも参加した(主演の千葉真一と対戦するプロレスラー役で出演)[17]

同時期、本拠地のアラバマではロン・バス&ダッチ・バスジ・アイランダーズなどのチームを相手に、サリバンとのコンビでNWAガルフ・コースト・タッグ王座を再三獲得[18]1978年9月には国際プロレスに単独で来日、オックス・ベーカーデビッド・シュルツと共に外国人エースの一角を担ったが、シリーズ途中で帰国している[19][20]。以降もアラバマを主戦場に、ガルフ・コーストの後継プロモーションであるサウスイースタン・チャンピオンシップ・レスリングでも活動した。

1984年10月には国際プロレスで共闘した親友上田馬之助の仲介でサリバンと共に全日本プロレスに来日[21]。新日本・国際・全日本と、サリバンとのコンビでの昭和の3団体への参戦を果たした(タッグチームでは、彼ら以前にはダスティ・ローデスディック・マードックジ・アウトローズ、以後にはブッチ・ミラールーク・ウィリアムスザ・シープハーダーズも3団体出場を果たしている)。

セミリタイア後の1987年、かつての主戦場ガルフ・コースト・エリア(メキシコ湾岸)のフロリダ州ペンサコーラを本拠地に、独立団体のワールド・オーガニゼーション・レスリングWorld Organization Wrestling、略称:WOW)を旗揚げ[3]。ミスター・イトーこと上田馬之助、ボブ・スウィータンハクソー・ヒギンズロン・スターチック・ドノバンノーベル・オースチンミスター・オリンピアエイドリアン・ストリートビッグ・ババコキーナ・マキシマスパット・タナカポール・ダイヤモンドなどが参戦し、アラバマ出身のボブ・ホーリーもWOWにてデビューしている[22]。タイラーは "Rip's Corner" なるインタビューコーナーのホストやカラー・コメンテーターも務めたが、WOWは1年足らずで活動を停止した。

プロレス業界からの引退後は、フロリダで空調サービス会社を経営していた[5]1997年12月3日肝癌のため死去[23]。57歳没。

得意技編集

獲得タイトル編集

ガルフ・コースト・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAアラバマ・ヘビー級王座:1回[24]
  • NWAミシシッピ・ヘビー級王座:1回[25]
  • NWAミシシッピ・タッグ王座:3回(w / エドゥアルド・ペレス、ドン・ファーゴ、エディ・サリバン[26]
  • NWAガルフ・コースト・ヘビー級王座:1回[27]
  • NWAガルフ・コースト・タッグ王座:10回(w / ティム・タイラー、ランディ・タイラー×2、ビッグ・バッド・ジョン、エディ・サリバン×5、ボブ・ケリー)[18]
  • NWA USタッグ王座(ガルフ・コースト版):4回(w / エディ・サリバン)[28]
NWAミッドアメリカ
NWAトライステート
  • NWA北米ヘビー級王座(トライステート版):1回[14]
  • NWAブラスナックル王座(トライステート版):1回[30]
  • NWA USタッグ王座(トライステート版):1回(w / エディ・サリバン)[12]
スーパースター・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCWウエスタン・ステーツ・タッグ王座:1回(w / エディ・サリバン)[31]
インターナショナル・レスリング・エンタープライズ

脚注編集

  1. ^ a b c Rip Tyler”. Wrestlingdata.com. 2012年1月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『日本プロレス事件史 vol.24 悪党の世紀』P54(2016年、ベースボール・マガジン社ISBN 458362462X
  3. ^ a b c d e Rip Tyler”. Wrestlingscout.com. 2012年1月7日閲覧。
  4. ^ a b 『金狼の遺言 完全版』P91(2012年、辰巳出版ISBN 4777810496
  5. ^ a b c Bios: Rip Tyler”. The Oklahoma Wrestling Fan Resource Center. 2012年1月7日閲覧。
  6. ^ The GCW matches fought by Rip Tyler in 1963”. Wrestlingdata.com. 2015年9月18日閲覧。
  7. ^ The GWE matches fought by Rip Tyler in 1967”. Wrestlingdata.com. 2016年10月31日閲覧。
  8. ^ JWA 1971 World Champion Series”. Puroresu.com. 2016年10月31日閲覧。
  9. ^ 『ゴング ポケット ダイジェスト 闘魂アントニオを燃えさせた男たち』P124(1983年、日本スポーツ出版社
  10. ^ Show at St. Louis 1971/02/19”. Wrestlingdata.com. 2015年9月18日閲覧。
  11. ^ NJPW 1972 Opening Series III”. Puroresu.com. 2015年4月23日閲覧。
  12. ^ a b NWA United States Tag Team Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  13. ^ The Tri-State matches fought by Rip Tyler in 1974”. Wrestlingdata.com. 2016年10月31日閲覧。
  14. ^ a b NWA North American Heavyweight Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  15. ^ a b IWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  16. ^ IWE 1977 New Year Pioneer Series”. Puroresu.com. 2015年4月23日閲覧。
  17. ^ 『Gスピリッツ Vol.17』P71(2010年、辰巳出版、ISBN 4777808297
  18. ^ a b NWA Gulf Coast Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  19. ^ IWE 1978 Dynamite Series”. Puroresu.com. 2016年3月19日閲覧。
  20. ^ 『忘れじの国際プロレス』P106(2014年、ベースボール・マガジン社、ISBN 4583620802
  21. ^ The AJPW matches fought by Rip Tyler in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年9月18日閲覧。
  22. ^ World Organization Wrestling”. Classic Wrestlings Online. 2012年1月7日閲覧。
  23. ^ Down for the Count”. Solie's Vintage Wrestling. 2012年1月7日閲覧。
  24. ^ NWA Alabama Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。
  25. ^ NWA Mississippi Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。
  26. ^ NWA Mississippi Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。
  27. ^ NWA Gulf Coast Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  28. ^ NWA United States Tag Team Title [Gulf Coast]”. Wrestling-Titles.com. 2012年1月7日閲覧。
  29. ^ NWA Southern Tag Team Title [Mid-America]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。
  30. ^ NWA Brass Knuckles Title [Tri-State]”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。
  31. ^ SCW Western States Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年4月23日閲覧。

外部リンク編集