メインメニューを開く
リツセマオオクワガタのペア。


リツセマオオクワガタ (Dorcus ritsemae) は、コウチュウ目クワガタムシ科オオクワガタ属オオクワガタ亜属の1であり、7亜種[1]に分類されている。 オオクワガタの仲間では地域変異が最も多い。 以前はパリーオオクワガタ (D. parryi) と呼ばれていたが、1998年にリツセマオオクワガタ (D. ritsemae) とされた。

リツセマオオクワガタ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: コウチュウ目 Coleoptera
亜目 : カブトムシ亜目 Polyphaga
上科 : コガネムシ上科 Scarabaeoidea
: クワガタムシ科 Lucanidae
: オオクワガタ属 Dorcus
亜属 : オオクワガタ亜属 subgen. Dorcus
: リツセマオオクワガタ
D. ritsemae
学名
Dorcus ritsemae
Oberphiir et Houlbert, 1914
和名
リツセマオオクワガタ

形態編集

体長はオスが28.2 - 79.0mm、メスが29.3 - 41.5mm 東南アジアの島々などの隔離された地域に分布しているため、大アゴなどに特有の形態が存在している。

分布編集

生態編集

比較的に標高の高い地域に生息しているが、個体数は少ない。熱帯地方で冬がないため連続して発生している。

成虫は、夜行性であり、樹液としている。夜行性で外灯などにも飛来するようである。 オスは樹液が出る大木の縄張りにしている。 メスはオスの縄張りや産卵場所を求めて飛び歩く。 成虫での寿命は2 - 3年である。

幼虫は、倒木、立枯れの朽木の地上から地下までの中で生活し、その朽木を食べて育つ。 産卵から孵化までは約1ヶ月。幼虫期間は生育環境や気温条件によって幅があり、6 - 24ヶ月。

タイ北部でクルビデンスオオクワガタと混棲していることから、別種であることが確認されている。 近年、日本への輸出のため、現地の人々が収入源としてクワガタ捕獲していて、大木を切り倒していることが社会問題となり、環境への影響が心配されている。

分類編集

7亜種分類されている[1]が、特に細い体形のタイ南部の個体群を別亜種とする考えもある。

Dorcus ritsemae ritsemae Oberthür et Houlbert, 1914(基亜種)
ジャワ島東部から中部。オスは36 - 73mm、メスは34 - 41.5mm
体の横幅が太く、大アゴは太く短く、湾曲が強い。内歯は中央付近に位置して、水平に向いて出ている。
D. r. kazuhisai Tsukawaki, 1998
ジャワ島西部。体長は雌雄とも不明
体の横幅が太く、D.R. ritsemaeに比べて大アゴが長く、内歯が先端方向に位置して、前方を向いている。最もクルビデンスオオクワガタに似る。
D. r. volscens Didier et Séguy, 1953
ボルネオ島、スマトラ島、タイからマレー半島。オスは31 - 79mm、メスは31 - 37.4mm
大アゴが直線的で体が細い。スマトラ島南部では大型個体もいるが、小・中型個体が多い。
D. r. setsuroi Mizunuma, 1994
ミンダナオ島。オスは38.7 - 79mm、メスは36 - 40mm
最も大型で、体が長く、最も内歯が先端方向にあり、前方を向いている。上翅(じょうし)の光沢が強く、縦のスジが出やすい。
D. r. curvus Mizunuma, 1994
パラワン島。オスは28.2 - 73mm、メスは35 - 37mm
体の横幅がやや太く、内歯が中央付近にあるが、前方を向いている。
D. r. toraja Tsukawaki, 1998
スラウェシ島北部から中部。オスは28.2 - 74.4mm、メスは29.3 - 34.8mm
D. r. ssp. volscensと似ているが、♂の大アゴの内縁の長い中歯の前方に隆起がある。
D. r. ungaiae Nagai et Tsukawaki, 1998
スラウェシ島南部。体長は雌雄とも不明
D. r. ssp. torajaと比べると、大アゴや体形が細く、小型である。

脚注及び参考文献編集

  1. ^ a b 『ビー・クワ』2005年秋号