リディア・コ

ニュージーランドの女性プロゴルファー(1997-)

リディア・コLydia Ko고보경、漢字表記:高寶璟(コ・ボギョン)、1997年4月24日 - )は、ニュージーランドの女性プロゴルファー。韓国系ニュージーランド人。

TransparentPlaceholder.svg リディア・コ Golf pictogram.svg
Lydia Ko
Lydia Ko - 27067658976.jpg
基本情報
名前 リディア・コ
生年月日 (1997-04-24) 1997年4月24日(24歳)
身長 165 cm (5 ft 5 in)
国籍 ニュージーランドの旗 ニュージーランド
出身地 大韓民国の旗 大韓民国 ソウル特別市
経歴
プロ転向 2013
成績
優勝回数 17
テンプレートを表示
オリンピック
女子 ゴルフ
2016 ゴルフ
2020 東京 ゴルフ

来歴編集

ソウル特別市生まれ。5歳でゴルフを始め、6歳の時にニュージーランドへ移住。現在はニュージーランド国籍。家族は両親と姉が1人いる。オークランドの名門私立校「パインハースト・スクール」卒業。2015年3月より高麗大学校オンライン講座で心理学を専攻。

アマチュア時代に世界ランキングで130週連続1位、全米アマチュア選手権で優勝するなどタイトルを総なめし、2012年のALPGツアー「NSW女子オープン」で史上最年少の14歳10か月で優勝した[1](それまでの最年少記録は2007年に石川遼が記録した15歳8か月であった[2][3]) 。

2012年のLPGAツアーカナディアン女子オープン」では史上最年少の15歳4カ月で優勝。2013年も連覇を果たして同年10月にプロに転向し、2014年4月に「スインギング・スカートLPGAクラシック」でプロ後初優勝を果たした。

2014年7月に、LPGAツアー史上最年少で獲得賞金100万ドルを越え、タイム誌の「2014年の最も影響力のあるティーン25人」の一人に選ばれた[4]

2015年2月1日付の女子世界ゴルフランキングでは史上最年少の17歳9カ月で1位を獲得した[5]

2015年9月13日のエビアン選手権最終日に、前日3位から逆転優勝を決め、メジャー大会初制覇。また同時に18歳4ヶ月20日で女子選手として最年少メジャー制覇を達成した[6]

国際スポーツ振興協会とアンバサダーとしてスポンサー契約を結んでいる[7][8][9]

1900年パリオリンピック以来116年ぶりにオリンピックゴルフ女子が復活したリオデジャネイロオリンピックに出場し、2位で銀メダルを授与され、ニュージーランド史上初のオリンピックゴルフでのメダル受賞者となった。東京オリンピックでも銅メダルを獲得し2大会連続でのメダルとなった。

プロ優勝歴(19)編集

LPGA (14)編集

No. Date Tournament 優勝スコア パー 打差 2位(タイ)
1 2012年8月26日 CNカナディアン女子オープン
(as an amateur)
68-68-72-67=275 −13 3 strokes   朴仁妃
2 2013年8月25日 CNカナディアン女子オープン
(as an amateur)
65-69-67-64=265 −15 5 strokes   カリン・イシェール
3 2014年4月27日 スインギング・スカートLPGAクラシック 68-71-68-69=276 −12 1 stroke   ステイシー・ルイス
4 2014年7月20日 マラソン・クラシック 67-67-70-65=269 −15 1 stroke   ユ・ソヨン
5 2014年11月23日 CMEグループ・ツアー選手権 71-71-68-68=278 −10 Playoff   カルロタ・シガンダ,   フリエタ・グラナダ
6 2015年2月22日 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン1 70-70-72-71=283 −9 2 strokes   エイミー・ヤン
7 2015年4月26日 スインギング・スカートLPGAクラシック (2) 67-72-71-70=280 −8 Playoff   モーガン・プレッセル
8 2015年8月23日 カナディアン・パシフィック女子オープン (3) 67-68-69-72=276 −12 プレーオフ   ステイシー・ルイス
9 2015年9月13日 エビアン選手権 69-69-67-63=268 -16 6打差   レクシー・トンプソン
10 2015年10月25日 フボンLPGA台湾選手権 69-67-67-65=268 −20 9打差   ジ・ウンヒ
  ユ・ソヨン
11 2016年3月27日 起亜クラシック 68-67-67-67=269 −19 4打差   朴仁妃
12 3 Apr 2016 ANAインスピレーション 70-68-69-69=276 −12 1打差   田仁智
  チャーリー・ハル
13 26 Jun 2016 ウォルマートNWアーカンソー選手権 66-62-68=196 −17 3打差   キャンディ・クン
  モーガン・プレッセル
14 17 Jul 2016 マラソン・クラシック (2) 68-66-67-69=270 −14 Playoff   アリヤ・ジュタヌガーン
  ミリム・リー

1 ALPGと欧州女子ツアーとの合同大会

LPGAプレーオフ記録 (4–1)

No. Year Tournament 相手 結果
1 2014 CMEグループ・ツアー選手権   カルロタ・シガンダ,   フリエタ・グラナダ 4ホール目、コがパーを決め優勝。
2ホール目、グラナダが脱落。
2 2015 スインギング・スカートLPGAクラシック   モーガン・プレッセル 2ホール目、コがバーディーを決め優勝。
3 2015 カナディアン女子オープン   ステイシー・ルイス 1ホール目、コがバーディーを決め優勝。
4 2016 KPMG女子PGA選手権   ブルック・ヘンダーソン サドンデス1ホール目でヘンダーソンがバーディーを取り敗れる
5 2016 マラソン・クラシック   アリヤ・ジュタヌガーン
  ミリム・リー
4ホール目、コがバーディーを決め優勝。

欧州ツアー (4)編集

No. Date Tournament 優勝スコア パー 打差 2位
1 2013年2月10日 ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン1 [10]
(as an amateur)
70-68-68=206 −10 1 stroke   アミリア・ルイス
2 2015年2月22日 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン2 70-70-72-71=283 −9 2 strokes   エイミー・ヤン
3 2015年3月1日 ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン1 70-61-71=202 −14 4 strokes   Hannah Green (a)
4 2015年9月13日 エビアン選手権 69-69-67-63=268 −16 6 strokes   Lexi Thompson

1 ALPGツアーとの共催 2 ALPGとLPGAツアーとの合同大会

ALPG (4)編集

No. Date Tournament 優勝スコア パー 打差 2位
1 2012年1月29日 Bing Lee Samsung Women's NSW Open
(アマチュアとして)
69-64-69=202 −14 4 strokes   ベッキー・モーガン
2 2013年2月10日 ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン1
(アマチュアとして)
70-68-68=206 −10 1 stroke   Amelia Lewis
3 2015年2月22日 ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン2 70-70-72-71=283 −9 2 strokes   エイミー・ヤン
4 2015年3月1日 ISPSハンダ・ニュージーランド女子オープン1 70-61-71=202 −14 4 strokes   Hannah Green (a)

1 LETとの共催 2 欧州ツアーとLPGAツアーとの合同大会

KLPGA (1)編集

No. Date Tournament 優勝スコア パー 打差 2位
1 2013年12月8日 Swinging Skirts World Ladies Masters 68-68-69=205 −11 3 strokes   So Yeon Ryu

脚注編集

外部リンク編集