メインメニューを開く

リディア・チェプクルイ

リディア・トゥム・チェプクルイ(Lydiah Tum Chepkurui、1984年8月23日 - )は、ケニア陸上競技選手。専門は3000メートル障害。自己ベストは9分12秒55(2013年)。

リディア・チェプクルイ
Lydiah Chepkurui
Portal:陸上競技
2013 World Championships in Athletics (August, 15) - Lydiah Chepkurui.JPG
選手情報
フルネーム リディア・トゥム・チェプクルイ
国籍  ケニア
競技 陸上競技
種目 3000mSC
生年月日 (1984-08-23) 1984年8月23日(35歳)
生誕地  ケニア
自己ベスト 3000mSC: 9分12秒55(2013年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

チェプクルイの初期の成績は、陸上競技選手として相対的にレベルの低いものであった。2006年のケニア警察選手権(Kenyan Police Championships)で800mに出場し、2分16秒4で3位に入賞した[1]2010年にはアフリカ選手権七種競技の代表として出場、最終種目の800mで2分15秒40(877点)をマーク、フィールド種目でも自己ベストを出すも、100mハードルが20秒76(242点)、砲丸投が6m83(324点)と国際標準からすると劣っていたため、最終成績は3676点で出場選手中最下位に沈んだ[2]

2011年、チェプクルイは3000m障害に転向し、初めて国際水準に達した。同年中に9分30秒73まで記録を向上させ、ロンドングランプリを5位で、アフリカ競技大会を4位で競技を終えた。翌2012年ロンドンオリンピックにはケニア代表の選考会で6位だったため出場は叶わなかったものの、2012年IAAFダイヤモンドリーグサーキットは好成績を上げた。上海ゴールデングランプリで3位、ビスレットゲームズで5位、ミーティングアレヴァで準優勝、ヴェルトクラッセチューリッヒDNガランで4位になったのである[3]。2012年シーズンの自己ベスト9分14秒98はストックホルムで記録し、同年の世界第8位の成績を収めた[4]

世界レベルの主要大会での初優勝は2013年5月のカタールスーパーグランプリで、自己ベストとなる9分13秒75をマークし、オリンピックでメダルを獲得したことのあるハビバ・グリビ英語版ソフィア・アセファミルカ・チェモス・チェイワといった強力な選手に打ち勝った[5]世界選手権ではチェモスに敗れたものの、9分12秒55の自己新記録で銀メダルを獲得した[6]

脚注編集

  1. ^ Omulo, Okoth (2006年6月17日). “Kemboi and Ochichi star at Kenya Police champs - Day Two”. IAAF. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  2. ^ Heptathlon Women - Dames”. 2010 African Championships. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  3. ^ Lydiah Chepkurui”. Tilastopaja. 2014年2月22日閲覧。
  4. ^ 3000m steeplechase women 2012”. IAAF. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  5. ^ 2013 Doha Women’s Steeplechase: Lydiah Chepkurui pulls off a big upset”. Lets Run (2013年5月10日). 2013年12月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月23日閲覧。
  6. ^ ケニアのチェモスが女子3000m障害制す、第14回世界陸上”. AFPBB (2013年8月14日). 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集