リトアニア自由連合 (1990-2003)

リトアニア自由連合リトアニア語: Lietuvos liberalų sąjunga、略称:LLS)は、1990年から2003年まで存在したリトアニア政党である。

 リトアニアの政党
リトアニア自由連合

Lietuvos liberalų sąjunga
略称 LLS
党首
創立 1990年
解散 2003年
後継政党 自由中道連合
本部所在地 ヴィリニュス
政治的思想 自由主義
リトアニアの政治
リトアニアの政党一覧
リトアニアの選挙

歴史編集

1990年、結党された。

2002年ロランダス・パクサス首相らが自由連合を離党し、自由民主党 (LDP) を結成した[1]

2003年、自由連合はリトアニア中道連合 (LCS) および現代キリスト教民主連合 (MKDS) と合併して、自由中道連合 (LiCS) となった[1]

歴代党首編集

脚注編集

[脚注の使い方]