メインメニューを開く

リドワーン(? - 1113年12月10日)は、シリア・セルジューク朝アレッポ政権の初代スルタン(在位:1095年 - 1113年)。

生涯編集

父はシリア・セルジューク朝の始祖であるトゥトゥシュ1095年に父がバルキヤールクの前に敗死すると、兄弟であるドゥカークと所領を分割して相続してバルキヤールクの宗主権を否定して対立した。だがドゥカークとの兄弟仲も非常に険悪で、1096年より始まった十字軍遠征に対抗できなかった。

また政権基盤が脆弱で軍事力も弱小のため、リドワーンは親ファーティマ朝の姿勢をとったりした。[要出典]これはシリアに多かったスンナ派の怒りを招いてかえって支持を失っただけであった[1][要出典]1113年にリドワーンが死去すると、若年の息子らの下で権力闘争が起こってシリア・セルジューク朝は崩壊していくことになる。

脚注編集

  1. ^ ファーティマ朝はイスマーイール派で他派を激しく弾圧していた

参考文献編集