メインメニューを開く

リヌス・イスラエル

オランダのサッカー選手

リヌス・イスラエルRinus Israël1942年3月19日 - )は、オランダ アムステルダム出身のサッカー選手、サッカー指導者である。

リヌス・イスラエル Football pictogram.svg
Rinus Israël.jpg
名前
本名 マリヌス・ダヴィド・イスラル
Marinus David Israël
愛称 鉄の男
ラテン文字 Rinus Israël
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 (1942-03-19) 1942年3月19日(77歳)
出身地 アムステルダム
選手情報
ポジション DF
代表歴
1964-1974 オランダの旗 オランダ [1] 47 (3)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

選手としてDWSオランダ語版フェイエノールトエクセルシオールPECズヴォレに所属。

彼にとってクラブレベルでの最大の成功を得たフェイエノールトでは、エールディヴィジに3回、KNVBカップUEFAチャンピオンズカップUEFAカップにそれぞれ1回優勝。1970年UEFAチャンピオンズカップ決勝のセルティック戦では2点のうち1得点を挙げている。

鉄のリヌス (IJzeren Rinus) 」のニックネームで呼ばれ、テオ・ラセロムスとともにフェイエノールトで堅牢な守備陣を築いたことで、アムステルダマーながらフェイエノールト史上最高のDFとして知られている。当時のチームメイト ヴィム・ヤンセンは後に「フェイエノールトがトップに成長するためにリヌスこそが必要な起爆剤だった。彼のおかげて毎回のトレーニングが試合の様になったんだ。トップに到達したいなら常に綺麗にプレーできるわけでは無いということを彼のおかげで経験できた」と当時のチームの強靱なメンタリティの要因がイスラエルにあったことを指摘している。

オランダ代表としては、1964年から1974年の間に47試合出場3得点。オランダが準優勝した1974年ワールドカップでは3試合に途中出場した。

目次

選手経歴編集

指導経歴編集

タイトル編集

DWS
フェイエノールト

出典編集