メインメニューを開く

リバース・グラフィティ

リバース・グラフィティ: Reverse graffiti)は、そのまま日本語に訳すと「逆落書き」のような意味を指す。塗料の類は用いず、例えば排気ガスで汚れた街中の壁などの、描きたい部分のみの汚れを意図的に落とす行為のことである。一般的なグラフィティの逆の行為を行うことから「リバース」の語が用いられている。

むした壁や[1]まみれの自動車ボンネットをキャンバス代わりにする場合もある。

高圧洗浄機放水する場合、フリーハンドの他、あらかじめ下書きした型紙を貼ってマスキング(養生)することもある[2]

目的としては、環境問題平和へのメッセージ色が込められたものや、ゲリラ・マーケティング的な広告のものもある。

脚注編集