リヒャルト・ゼール

リヒャルト・ゼールRichard Seel 1854年 - 1922年)は、ドイツ人の建築家。日本で建築設計事務所を開設した。

生涯編集

ドイツのエルバーフェルト生まれ。建築を学び、1875年ベルリンに出てエンデ・ベックマン事務所に入った。1888年、日本の官庁集中計画をエンデ・ベックマン事務所が引き受けることになり、ゼールが来日した。この計画に基づき、国会議事堂はじめ諸官庁を建設する予定であったが、途中で中止され、実現したのは東京裁判所(最高裁判所)、司法省(1888-1895年、法務省)の庁舎であった。

ゼールはその後も日本に留まり、1896年に横浜で建築設計事務所を開設し、教会堂ミッションスクールの工事を主に手がけた。

1903年に同じドイツ人のゲオルグ・デ・ラランデ建築設計事務所を引き継ぎ、ドイツに帰国した。帰国後も劇場建築などを行い、1922年に亡くなった。

作品編集

関連項目編集