大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者及び革命指導者

大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者及び革命指導者(だいリビア・アラブしゃかいしゅぎじんみんジャマーヒリーヤこくのさいこうしどうしゃおよびかくめいしどうしゃ、アラビア語: الشقيق القائد ومرشد الثورة‎)は、ムアンマル・アル=カッザーフィーが保持した称号であり、大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の事実上の元首である。リビア政府は、この称号は国の象徴的な地位に過ぎないと主張した。しかし、カッザーフィーはこの称号の下でリビアにおける事実上の最高指導者であった[1][2][3]

Flag of Libya (1977).svg
大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者及び革命指導者
الشقيق القائد ومرشد الثورة
Coat of arms of Libya.svg
Muammar al-Gaddafi at the AU summit.jpg
ムアンマル・アル=カッザーフィー
معمر أبو منيار القذافي
地位元首
呼称閣下
官邸トリポリ
根拠法令人民の権威の確立に関する宣言英語版
前身リビア・アラブ共和国革命指導評議会議長
創設1977年3月2日
初代ムアンマル・アル=カッザーフィー
最後ムアンマル・アル=カッザーフィー
廃止2011年8月23日
称号: 大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の最高指導者及び革命指導者
الشقيق القائد ومرشد الثورة

Coat of arms of Libya.svg
敬称 閣下

歴史編集

1969年9月1日にイドリース1世が退位を強いられたクーデターの後、リビアはカッザーフィーが率いる革命指導評議会(RCC)によって統治された。1977年3月2日、人民の権威の確立に関する宣言が採択された後、RCCは廃止され、最高権力が全人民会議アラビア語版英語版(GPC)の手に渡った[4]。その後、カッザーフィーは全人民会議の書記長になった。

1977年3月2日、カッザーフィーがすべての公的職務を放棄し、リビア国家の「指導者」(アラビア語: قائدQāʾid カーイド)に指名され、「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国の9月1日革命指導者」または「最高指導者及び革命指導者」を授与されたことが、政府の声明と公式報道によって周知された[5]

この称号は1979年から正式に使用されたが、カッザーフィーの統治期間全体に適用されることがよくある。カッザーフィーは1979年から政府内の公的職務を持っていなかったが、彼が政府と国をほぼ絶対的に支配しているものと理解されていた。2011年の内戦前の42年間にわたる権力保持によって、彼を1900年以来5番目に長い統治期間を持つ非王族の国家指導者であり、また、最も長い統治期間を持つアラブの指導者であった[6]

カッザーフィーは2011年8月末にトリポリから追放されたが、2011年10月20日のシルトの戦いで反カッザーフィー勢力に敗北するまで、親カッザーフィー勢力の指導者としてこの事実上の地位を維持した[7]

カッザーフィー政権下のリビアの政治体制編集

大リビア・アラブ・ジャマーヒリーヤは、『緑の書』に定められた政治的イデオロギーに基づいて正式に管理された。イデオロギーは、直接民主主義と、すべての政治問題に関するすべての市民の直接的な意思決定の考えに基づいていた。全国に基礎人民会議があり、元々の主権者と見なされていた。これらには、男性と女性の両方の成人市民の構成が含まれていた。彼らの管理および執行機関のうち、地方自治体の人民会議および委員会が形成され、次に全人民会議(立法機関)および一般人民委員会(執行機関)が形成された。[要出典]

全国人民会議は、国民に代わって決定を下した選出されたメンバーではなく、すべての人気のある議会と委員会をまとめた調整機関と見なされていたため、カッザーフィーは国民の議会代表または選出された代表者による代表を拒否した。すべての法律は、基礎人民会議によって承認され、最終的に全人民会議によって採択された。[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Wynne-Jones, Jonathan (2011年3月19日). “Libyan minister claims Gaddafi is powerless and the ceasefire is 'solid'”. The Daily Telegraph (London). https://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/libya/8393285/Libyan-minister-claims-Gaddafi-is-powerless-and-the-ceasefire-is-solid.html 2011年10月22日閲覧。 
  2. ^ Gaddafi: Libya dignity under attack”. Al Jazeera (2011年3月2日). 2011年10月22日閲覧。 “Libyan leader Muammar Gaddafi has said that he is not a president and so cannot resign his position, and that power is in the hands of the people, during a televised public rally in the capital, Tripoli.”
  3. ^ Bazzi, Mohamad (2011年5月27日). “What Did Qaddafi’s Green Book Really Say?”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2011/05/29/books/review/what-did-qaddafis-green-book-really-say.html 2011年10月28日閲覧。 
  4. ^ Text of the Declaration (英語)
  5. ^ Background Note: Libya”. US Department of State, Bureau of Near Eastern Affairs (2007年10月). 2018年3月11日閲覧。
  6. ^ Charles Féraud, "Annales Tripolitaines", the Arabic version named "Al Hawliyat Al Libiya", translated to Arabic by Mohammed Abdel Karim El Wafi, Dar el Ferjani, Tripoli, Libya, vol. 3, p.797.
  7. ^ Muammar Gaddafi killed in Sirte”. Al Jazeera English (2011年10月20日). 2011年10月20日閲覧。