メインメニューを開く

リピーター (:repeater) とは、何かを繰り返す人や物のことである[1]

目次

概要編集

repeat リピート(繰り返す)という動詞があり、それの語尾を「er」にした語であり、「リピートする人・者」という意味の語、「繰り返す人」や「繰り返す物」という意味の語である。ともかく「繰り返す人」とか「繰り返す物」ということを意味しており、語自体には、それ以上の特定の意味は無い。

たとえば、ある施設・店舗・公演などを訪れることを何度も繰り返す人であったり、また例えば、ある製品を購入することを繰り返す人であったり、良いことであれ、悪いことであれ、ともかく何かを「繰り返す」人や物を広く指しうる。

マーケティングや販売推進の用語として編集

マーケティングの領域では、「リピーター」は(特定の店舗を)「繰り返し訪れる顧客」や(特定の製品を)「繰り返し購入する顧客」という意味で用いられる。店舗については、実店舗についても、ネット上の仮想店舗についても用いられる。

一度訪れた客、あるいは一度ある製品を購入した客を、いかにリピーターにするか、その方法について、様々な手法が開発されてきた歴史がある。 米国のマーケティングでは、顧客をrepeaterにすることは、古くから重要な課題であると認識されていた。ビジネスの基本は、新規顧客を得ることと、新規顧客をできるだけ高い確率でリピーターにすることである。また、まだ一度も購入・利用したことのない顧客候補を新たに実際に顧客にすることは比較的難しいことだが、それに比べれば、一度訪れてくれたお客をリピーターにすることのほうが打てる手は多く、うまくすればかなり高い確率でそれを行える、と考えられているからである。

基本中の基本は、はじめて製品やサービスを購入した顧客を、ともかく、何がなんでも満足させる、ということである。そうすれば、自然と再度来店したり、再度その製品を購入する可能性が高くなる。(逆に言えば、最初の購買時に顧客をいらだたせたり、不満にさせると、リピートしてくれる可能性はかなり低くなる)。 他にも、一度来店したお客に、次回使える割引クーポン券やプレゼント券を発券する、という方法がある。 また、実店舗であれネット上の仮想店舗であれ、ポイントサービスによって、消費者を繰り返し来店させようとする方法がある。

小売店

マーケティングでは商品を「最寄品(もよりひん)」と「買回品(かいまわりひん)」に分類することがあるが、「最寄品」を扱う地域密着型の店舗では、徒歩で往復できる圏内の住人が繰り返し訪れる。これも一応、repeater リピーターの一種である。ただし、そのリピーターでも、競合する店舗が新たに現れた時に、他の店に浮気する場合と、浮気しない場合があるわけだが、浮気しない場合を、マーケティング用語では「loyalty ロイヤルティ がある」と言う。「忠誠心がある」といった意味である。

観光業

観光業のマーケティングに関しても、repeaterという用語は用いられる。同じ観光地・行楽地・宿泊施設 等々を繰り返し訪れるを指す。リピーターにする手法としては、行楽施設利用パスを発行したり、一定期間内であれば出入り自由な定期券を発行しているなど、様々な手法がある。

悪い意味の例編集

基本的に「繰り返す人」「繰り返す物」と言う意味しか無い語彙なので、良いことだけでなく、悪いことも指しうる。

たとえば、医療の世界では、ニセ医療を何度でも繰り返す悪徳医師は「リピーター医師」と言う[2]

入国管理官などは、不法入国や不法滞在などを何度でも繰り返す者を「リピーター」と呼ぶ。[3]

[4]

通信機器編集

通信機器でも「repeater リピーター」というものがある。電波通信の世界の用語としては、これは、受信した電波信号をそのまま(改変せず)ただ(オウム返しのように)繰り返すようにして、受け取った方面とは別の方面へ向けて送り出す装置のことである。

この電波の通信の用語を転じて、OSI参照モデルに関連するものとしても「repeater リピーター」は存在する。OSI参照モデルには、物理層、データリンク層...とlayer レイヤ(層)が複数ある、とされ、下のほうの層からいくつか、それぞれの(抽象的)レイヤーに対応する具体的な機器があるわけだが、物理層と対応関係にある具体的な機器が「repeater リピーター」(repeater hub リピーターハブ)である。

脚注編集

  1. ^ [1]
  2. ^ 貞友義典『リピーター医師-なぜミスを繰り返すのか?』光文社新書、2005年、ISBN 9784334033118
  3. ^ ともかく、繰り返す人を指すので、不法滞在不法就労で退去処分を受けながらも同じ国に再び出入国、不法な滞在や就労を繰り返す者も、もちろん指しうる。
  4. ^ [要検証] ×「英語では日本語のように広い意味の言葉ではなく、犯罪の再犯者などの意味にかぎり使われる。[要出典]」だと主張する日本人がいる。[誰?]