リポビタンDチャレンジ2006

2006年リポビタンDチャレンジカップは、リポビタンDチャレンジ2006として5月にジョージア代表と6月にイタリア代表と11月にオーストラリア首相XVとの対戦が行われた。

リポビタンDチャレンジ2006
期間 5月14日11月4日

試合日程・結果編集

日時 会場 ホーム スコア アウェイ
2006年5月14日, 13:00 JST (UTC+09) 東大阪市花園ラグビー場, 大阪府東大阪市 日本   32–7   ジョージア
2006年6月11日, 14:05 JST (UTC+09) 秩父宮ラグビー場, 東京都港区 日本   6–52   イタリア
2006年11月4日, 13:05 JST (UTC+09) 秩父宮ラグビー場, 東京都港区 日本   19–61 オーストラリア首相XV

ジョージア戦編集

日本代表スコッド編集

注記: 年齢及び所属クラブは5月14日時点

5月10日、ジャン=ピエール・エリサルドヘッドコーチは、日本A代表のメンバーから追加招集して、日本代表合宿参加メンバーを発表した[1]。 5月11日、矢富勇毅はチーム事情で辞退。

スタッフ:

選手 ポジション 誕生日 (年齢) キャップ チーム
松原裕司 フッカー (1979-09-05)1979年9月5日(26歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
山岡俊 フッカー (1976-04-24)1976年4月24日(30歳)   サントリーサンゴリアス
久富雄一 プロップ (1978-08-11)1978年8月11日(27歳)   NECグリーンロケッツ
山村亮 プロップ (1981-08-09)1981年8月9日(24歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
相馬朋和 プロップ (1977-06-05)1977年6月5日(28歳)   三洋電機ワイルドナイツ
大野均 ロック (1978-05-06)1978年5月6日(28歳)   東芝府中ブレイブルーパス
佐藤剛 ロック (1977-07-16)1977年7月16日(28歳)   三洋電機ワイルドナイツ
谷口智昭 ロック (1982-08-26)1982年8月26日(23歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
中居智昭 フランカー (1981-09-18)1981年9月18日(24歳)   東芝府中ブレイブルーパス
菊谷崇 フランカー (1980-02-24)1980年2月24日(26歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
浅野良太 フランカー (1979-09-25)1979年9月25日(26歳)   NECグリーンロケッツ
熊谷皇紀 フランカー (1978-05-31)1978年5月31日(27歳)   NECグリーンロケッツ
木曽一 ナンバー8 (1978-11-07)1978年11月7日(27歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
池田渉 スクラムハーフ (1975-11-17)1975年11月17日(30歳)   三洋電機ワイルドナイツ
伊藤護 スクラムハーフ (1975-12-08)1975年12月8日(30歳)   東芝府中ブレイブルーパス
矢富勇毅 スクラムハーフ (1985-02-16)1985年2月16日(21歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
大西将太郎 フライハーフ (1978-11-18)1978年11月18日(27歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
安藤栄次 フライハーフ (1982-05-14)1982年5月14日(24歳)   NECグリーンロケッツ
吉田英之 センター (1977-03-03)1977年3月3日(29歳)   クボタスピアーズ
遠藤幸佑 センター (1980-11-11)1980年11月11日(25歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
今村雄太 センター (1984-10-31)1984年10月31日(21歳)   早稲田大学
大畑大介 ウイング (1975-11-11)1975年11月11日(30歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
ナタニエラ・オト ウイング (1980-05-16)1980年5月16日(25歳)   東芝府中ブレイブルーパス
水野弘貴 フルバック (1981-10-08)1981年10月8日(24歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
武井敬司 フルバック (1980-06-01)1980年6月1日(25歳)   NECグリーンロケッツ

試合内容編集

2006年5月14日
13:00 JST (UTC+09)
日本   32–7   ジョージア 東大阪市花園ラグビー場, 大阪府東大阪市
観客動員数: 5,089人
レフリー: ブレット・ボーデン (オーストラリア)
トライ: 松原裕司 9' c
大畑大介 36' c, 59' c, 85' c
武井敬司 69' c
コンバート: 安藤栄次 (1/2) 10'
大西将太郎 (1/2) 50'
PK: 安藤栄次 (1/1) 18'
Report トライ: スジャシヴィリ 25' c
コンバート: ジムシェラゼ 26'
FB 15 武井敬司
RW 14 大畑大介
OC 13 今村雄太
IC 12 吉田英之
LW 11 遠藤幸佑   61分
FH 10 安藤栄次   49分
SH 9 池田渉   76分
N8 8 木曽一   63分
OF 7 浅野良太 ( )
BF 6 菊谷崇
RL 5 佐藤剛
LL 4 大野均   69分
TP 3 山村亮   49分   73分
HK 2 松原裕司   70分
LP 1 久富雄一   73分
ベンチ:
HK 16 山岡俊   70分
PR 17 相馬朋和   49分
LK 18 中居智昭   69分
N8 19 熊谷皇紀   63分
SH 20 伊藤護   76分
FH 21 大西将太郎   49分
WG 22 水野弘貴   61分
コーチ:
  ジャン=ピエール・エリサルド
FB 15 テイムラズ・ソハゼ   76分
RW 14 ギオルギ・エリズバラシヴィリ英語版   58分
OC 13 マルハズ・ウルジュカシヴィリ英語版
IC 12 ダヴィト・カチャラヴァ
LW 11 ギオルギ・シュキニン英語版   82分
FH 10 パヴレ・ジムシェラゼ
SH 9 イラクリ・アブセリゼ英語版   76分
N8 8 ベサリオン・ウデシアニ
OF 7 ズヴィアド・マイスラゼ英語版
BF 6 グリゴル・ラバゼ英語版 ( )
RL 5 レヴァン・ダトゥナシヴィリ英語版   84分から86分
LL 4 ズラブ・ムチェドゥリシヴィリ英語版
TP 3 アヴタンディル・コパリアニ英語版
HK 2 ギオルギ・クタラシヴィリ   76分
LP 1 ミヘイル・スジャシヴィリ   67分
ベンチ:
HK 16 イウリ・ナトリアシヴィリ   76分
PR 17 ダヴィド・ガスヴィアニ   67分
FL 18 ヴァシル・アバシゼ   82分
FB 19 レゾ・ギガウリ   76分
FH 20 ギオルギ・カチャラヴァ   76分
WG 21 オタル・バルカライア英語版   58分
コーチ:
  マルハズ・チェイシヴィリ

タッチジャッジ:
イアン・ハンプトン(香港)
平林泰三(日本)
原田隆司(日本)

備考編集

  • 大畑大介が当時世界記録64を超えてトライ世界記録を達成[2]

イタリア戦編集

試合内容編集

2006年6月11日
14:05 JST (UTC+09)
日本   6–52 イタリア   秩父宮ラグビー場, 東京都港区
観客動員数: 8,826人
レフリー: スコット・ヤング (オーストラリア)
PK: 池田渉 (2/2) 3', 52'
Report トライ: ジョシュ・ソール英語版 7' c
デビット・ボルトルッシ英語版 15' c
デニス・ダラン英語版 24' c
ミルコ・ベルガマスコ英語版 47' c, 85' c
サンティアーゴ・デラペ英語版 66' c
ベンジャミン・デ・ヤーゲル英語版 87' c
コンバート: ラミロ・ペズ英語版 (4/4) 8', 16', 25', 48'
デビット・ボルトルッシ英語版 (3/3) 67', 86', 88'
PK: ラミロ・ペズ英語版 (1/1) 44'
FB 15 武井敬司
RW 14 遠藤幸佑   83分
OC 13 守屋篤
IC 12 今村雄太
LW 11 ナタニエラ・オト
FH 10 大西将太郎
SH 9 池田渉
N8 8 木曽一
OF 7 浅野良太 ( )   83分
BF 6 中居智昭
RL 5 谷口智昭   44分   71分   74分
LL 4 熊谷皇紀
TP 3 山村亮
HK 2 松原裕司   79分
LP 1 相馬朋和   63分
ベンチ:
HK 16 山岡俊   79分
PR 17 久富雄一   63分
LK 18 大野均   71分から74分の間   44分
FL 19 菊谷崇   63分
SH 20 伊藤護
CE 21 吉田英之
WG 22 水野弘貴   83分
コーチ:
  ジャン=ピエール・エリサルド
FB 15 デビット・ボルトルッシ英語版
RW 14 ベンジャミン・デ・ヤーゲル英語版
OC 13 アンドレア・マージィ英語版
IC 12 ミルコ・ベルガマスコ英語版
LW 11 デニス・ダラン英語版   77分
FH 10 ラミロ・ペズ英語版   53分
SH 9 ポール・グリフィン英語版   53分
N8 8 ジョシュ・ソール英語版   69分から79分
OF 7 マウロ・ベルガマスコ   44分
BF 6 シルビオ・オルランド英語版
RL 5 マルコ・ボルトラーミ英語版 ( )   53分
LL 4 サンティアーゴ・デラペ英語版
TP 3 カルロス・ニエート英語版   53分
HK 2 ファービオ・オンガロ英語版   68分
LP 1 アンドレア・ロチチェロ英語版
ベンチ:
HK 16 レオナルド・ギラルディーニ   68分
PR 17 ファビオ・サタイバーノ英語版   53分
LK 18 カルロ・アントニオ・デル・ファーバ英語版   53分
FL 19 ロベルト・バルビエーリ英語版   44分
SH 20 シモン・ピコーネ英語版   53分
FH 21 アンドレア・マルカート英語版   53分
WG 22 ミケーレ・セーペ英語版   77分
コーチ:
  ピエール・ベルビジェ英語版

タッチジャッジ:
リンドン・ブライ(ニュージーランド)
パール・マークス(オーストラリア)
渡辺敏行(日本)

備考編集

オーストラリア首相XV戦編集

日本代表スコッド編集

注記: 年齢及び所属クラブは11月4日時点

10月23日、太田治ヘッドコーチは、ラグビーワールドカップ2007アジア地区最終予選の日本代表メンバーを発表した[5]

スタッフ:

選手 ポジション 誕生日 (年齢) キャップ チーム
松原裕司 フッカー (1979-09-05)1979年9月5日(27歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
山本貢 フッカー (1981-05-12)1981年5月12日(25歳)   三洋電機ワイルドナイツ
山村亮 プロップ (1981-08-09)1981年8月9日(25歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
久富雄一 プロップ (1978-08-11)1978年8月11日(28歳)   NECグリーンロケッツ
相馬朋和 プロップ (1977-06-05)1977年6月5日(29歳)   三洋電機ワイルドナイツ
西浦達吉 プロップ (1976-02-20)1976年2月20日(30歳)   コカ・コーラウエストレッドスパークス
ルアタンギ侍バツベイ ロック (1977-12-08)1977年12月8日(28歳)   東芝ブレイブルーパス
大野均 ロック (1978-05-06)1978年5月6日(28歳)   東芝ブレイブルーパス
赤塚隆 ロック (1973-09-08)1973年9月8日(33歳)   クボタスピアーズ
木曽一 フランカー (1978-11-07)1978年11月7日(27歳)   ヤマハ発動機ジュビロ
浅野良太 フランカー (1979-09-25)1979年9月25日(27歳)   NECグリーンロケッツ
フィリップ・オライリー フランカー (1980-07-24)1980年7月24日(26歳)   三洋電機ワイルドナイツ
箕内拓郎 ナンバー8 (1975-12-11)1975年12月11日(30歳)   NECグリーンロケッツ
菊谷崇 ナンバー8 (1980-02-24)1980年2月24日(26歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
伊藤護 スクラムハーフ (1975-12-08)1975年12月8日(30歳)   東芝ブレイブルーパス
後藤翔太 スクラムハーフ (1979-09-05)1979年9月5日(27歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
森田恭平 フライハーフ (1984-02-06)1984年2月6日(22歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
沢木敬介 フライハーフ (1975-04-12)1975年4月12日(31歳)   サントリーサンゴリアス
吉田英之 センター (1977-03-03)1977年3月3日(29歳)   クボタスピアーズ
霜村誠一 センター (1981-09-20)1981年9月20日(25歳)   三洋電機ワイルドナイツ
赤沼源太 センター (1980-03-22)1980年3月22日(26歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
大畑大介 (c) ウイング (1975-11-11)1975年11月11日(30歳)   神戸製鋼コベルコスティーラーズ
小野澤宏時 ウイング (1978-03-29)1978年3月29日(28歳)   サントリーサンゴリアス
北川智規 ウイング (1983-07-25)1983年7月25日(23歳)   三洋電機ワイルドナイツ
正面健司 フルバック (1983-05-01)1983年5月1日(23歳)   トヨタ自動車ヴェルブリッツ
有賀剛 フルバック (1983-11-03)1983年11月3日(23歳)   サントリーサンゴリアス

試合内容編集

2006年11月4日
13:05 JST (UTC+09)
日本   19–61 オーストラリア首相XV 秩父宮ラグビー場, 東京都港区
観客動員数: 10,711人
レフリー: 相田真治 (日本)
トライ: 小野澤宏時 28' c
後藤翔太 34' c
大畑大介 64' c
コンバート: 森田恭平 (2/3) 35', 65'
Report トライ: ピーター・ハインズ英語版 1' c
ジュニア・ペレササ英語版 5' c
ジョン・ロー (ラグビー選手)英語版 14' c
デイヴィッド・クロフト英語版 18' c
カレブ・ブラウン英語版 40' c, 49' c
ピーター・ヒューワット 46' c
フランシス・ファイニフォ英語版 70' c
ロイド・ヨハンソン 83' c
コンバート: ピーター・ヒューワット (8/9) 2', 5', 15', 19', 41', 47', 71', 84'
FB 15 有賀剛
RW 14 大畑大介 ( )
OC 13 赤沼源太
IC 12 霜村誠一   26分
LW 11 小野澤宏時
FH 10 沢木敬介
SH 9 後藤翔太
N8 8 箕内拓郎   63分
OF 7 フィリップ・オライリー
BF 6 木曽一
RL 5 赤塚隆   80分
LL 4 大野均
TP 3 山村亮   65分
HK 2 松原裕司   71分
LP 1 久富雄一
ベンチ:
HK 16 山本貢   71分
PR 17 相馬朋和   65分
LK 18 浅野良太   80分
N8 19 菊谷崇   63分
SH 20 伊藤護
CE 21 森田恭平   26分
FB 22 正面健司
コーチ:
  太田治
FB 15 ピーター・ヒューワット
RW 14 ピーター・ハインズ英語版
OC 13 ジュリアン・ハクスリー英語版
IC 12 ジュニア・ペレササ英語版
LW 11 カレブ・ブラウン英語版   61分
FH 10 ダニエル・ハランガフ英語版
SH 9 マット・ヘンジャック英語版   61分
N8 8 ジョン・ロー (ラグビー選手)英語版 ( )
OF 7 デイヴィッド・クロフト英語版   55分
BF 6 リチャード・ブラウン (ラグビー選手)英語版   55分
RL 5 パット・オコーナー (ラグビー選手)英語版
LL 4 ウィル・カルドウェル英語版   63分
TP 3 ベン・カウツ英語版   72分
HK 2 アダム・フレイアー英語版   23分から29分の間   55分
LP 1 ガレス・ハーディー
ベンチ:
HK 16 ショーン・ハードマン英語版   23分   29分   55分
PR 17 ジョン・ウルジア英語版   63分
FL 18 ルーク・ドアティー   55分
FL 19 ジュリアン・サルヴィ英語版   55分
SH 20 ニック・ベリー   61分
PR 21 ロイド・ヨハンソン   72分
WG 22 フランシス・ファイニフォ英語版   61分
コーチ:
 ボブ・ドワイヤー[6]

タッチジャッジ:
ブレット・ボーデン (オーストラリア)
下井真介(日本)
八嶋亮太(関東)

備考編集

  • この試合はキャップ獲得対象外の試合となった。

脚注編集

  1. ^ 「グルジア代表来日シリーズ」日本代表 合宿参加メンバー . 日本ラグビーフットボール協会(2006年5月12日). 2021年3月31日閲覧。
  2. ^ おめでとう、大畑選手。トライ世界記録を達成 . 日本ラグビーフットボール協会(2006年5月14日). 2021年3月31日閲覧。
  3. ^ リポビタンDチャレンジ2006 U23日本選抜”YAMATO”対U23外国人選抜”SOUL” . 日本ラグビーフットボール協会. 2021年3月31日閲覧。
  4. ^ 6月11日「日本代表 vs イタリア代表」日本国歌独唱の平原綾香さん、ハーフタイムに「Jupiter」を披露 . 日本ラグビーフットボール協会(2006年6月9日). 2021年3月31日閲覧。
  5. ^ 「ラグビーワールドカップ2007アジア地区最終予選」日本代表メンバー . 日本ラグビーフットボール協会(2006年10月23日). 2021年3月31日閲覧。
  6. ^ 11.4 日本代表 vs オーストラリア首相XV マッチ&会見リポート . 日本ラグビーフットボール協会(2006年11月5日). 2021年3月31日閲覧。

外部リンク編集