リポヴァン人英語: Lipovansロシア語: Липовáне,、ルーマニア語: Lipoveni,、ウクライナ語: Липовани)は、ルーマニアモルダヴィア地域とドブロジャムンテニア地域に定住した、主にロシア民族出身でロシア正教でも古儀式派の信者を指す。2002年の人口調査では、ルーマニアのドブロジャに35,791人のリポヴァン人が住んでいる。

リポヴァン人がルーマニアの村の教会前で古儀式派の儀式中(2004年)。
ウクライナのヴィルコヴェで漁労を営むリポヴァン人(2013年)。

リポヴァンの語源ははっきりしないが、ボダイジュロシア語Липа=リパ)であるという説がある。

リポヴァン人と呼ばれる人々は、18世紀以降のロシア帝国でロシア正教からの分離派として、移住した人々である。モルダヴィアのプルト川下流域およびドナウ川河口デルタで、現在でもロシア語を使い暮らしている。[1]

同じくドナウ川河口デルタにあるウクライナのヴィルコヴェ(Vylkove北緯45度23分57秒 東経29度35分37秒 / 北緯45.39917度 東経29.59361度 / 45.39917; 29.59361)にもリポヴァン人が多く住む。

脚注編集

参照項目編集

外部リンク編集