メインメニューを開く

リュキア文字(リュキアもじ)とは、鉄器時代小アジアで話されていたリュキア語を表記するための文字。西方ギリシャ文字エウボイア文字クマエ文字)から派生した。

リュキア文字
Close up of Xanthian Obelisk.jpg
類型: アルファベット
言語: リュキア語
時期: 紀元前6世紀 - 紀元前4世紀
親の文字体系:
子の文字体系: 無し
ISO 15924 コード: Lyci
注意: このページはUnicodeで書かれた国際音声記号 (IPA) を含む場合があります。

青銅器時代中期 前19–15世紀

メロエ 前3世紀
カナダ先住民 1840年
注音 1913年

目次

アルファベット編集

アルファベットはほぼ西方ギリシャ文字を踏襲している。一部の文字の音価は異なっている。

字形 ラテン文字転写 発音
  a [ɑ]
  e [æ, e]
  b [b]
  β [kʷ]
  g [ɣ]
  d [ð]
  i [i]
  w [w]
  z [ts]
  θ [θ]
  j [j]
  k [k]
  q ?
  l [l]
  m [m]
  n [n]
  [m̩]
  ñ [n̩]
  u [u]
  p [p]
  κ 未詳
  r [r]
  s [s]
  t [t]
  τ [tʷ, tʃ]
  ã [ã]
  [ẽ]
  h [h]
  χ [q]

Unicode編集

Unicodeでは、U+10280からU+1029Fにコードが割り振られている。Unicode 5.1より追加された。順番は上の表と同じ。

リュキア文字
Official Unicode Consortium code chart (PDF)
  0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 A B C D E F
U+1028x 𐊀 𐊁 𐊂 𐊃 𐊄 𐊅 𐊆 𐊇 𐊈 𐊉 𐊊 𐊋 𐊌 𐊍 𐊎 𐊏
U+1029x 𐊐 𐊑 𐊒 𐊓 𐊔 𐊕 𐊖 𐊗 𐊘 𐊙 𐊚 𐊛 𐊜

参考文献編集

関連項目編集