リュシアン・シモン

リュシアン・シモン(Lucien Joseph Simon、1861年7月18日 - 1945年10月13日)はフランスの画家、版画家である。

リュシアン・シモン
Lucien Simon
Lucien Simon, 1883c - Autoportrait jeune.jpg
自画像 (1883)
生誕1861年7月18日
フランス,パリ
死没1945年10月13日
フランス,コンブリ

略歴編集

パリで生まれた。商人や法律家の多い家系で父親は医師であった。エコール・ポリテクニークに学ぶが、学位を得た後、兵役に就き、そこで画家の ジョルジュ・デュヴァリエール(George Desvallières:1861-1950)と友人となり、美術の道に進むことになった。ジュール・ディディエ(Jules Didier:1831-1914)のスタディオで学び、1881年から1885年の間、私立の美術学校、アカデミー・ジュリアンでトニー=ロベール・フルーリーやウィリアム・アドルフ・ブグローらに学んだ。[1]

1881年に初めて、フランス芸術家協会の展覧会(サロン・ド・パリ)に出展し、1885年から継続的に出展した。国民美術協会の展覧会にも出展した。オランダへ旅し、17世紀のオランダ巨匠、フランス・ハルスの影響を受けた。1890年に国民美術協会の会員となった。

1890年に画家、アンドレ・ドーシェの姉で、肖像画家でもあったジャンヌ・ドーシェと結婚した。ブルターニュ地方のドーシェ家の別荘にしばしば滞在し、ブルターニュ風景を描くようになった。1901年に夫妻はブルターニュのコンブリ近くに家を買った。

1895年にポスト印象派の画家、シャルル・コッテと出会い、「バンド・ノワール」(Bande noire または "Nubians")と呼ばれる暗い色調の絵画を描く画家グループがつくられることになった。シモン、アンドレ・ドーシェ、ルネ=グザヴィエ・プリネ(René-Xavier Prinet)、エドモン=フランソワ・アマン=ジャン( Edmond Aman-Jean)、エミール=ルネ・メナール(René Ménard)らがメンバーとされる。[2]

1902年からカタルニア画家、クラウディオ・カステルッチョらが モンパルナスに開いたグランド・ショミエール芸術学校(Académie de la Grande Chaumière)でスイスの女性画家、ステトラー(Martha Stettler)らと最初の教師となり、共同校長も務めた。アカデミー・コラロッシでも教え、個人教師も行った。1923年から1929年の間はフランス国立高等美術学校で教えた。1937年からはパリのジャックマール=アンドレ美術館の館長も務めた。[3]ミュンヘン分離派」と呼ばれるミュンヘン造形芸術家協会の会員にもなった。[4]

作品編集

シモンの教えた芸術家 (一部)編集

脚注編集

参考文献編集

  • Lucien Simon. In: Hans Vollmer (Hrsg.): Allgemeines Lexikon der Bildenden Künstler von der Antike bis zur Gegenwart. Begründet von Ulrich Thieme und Felix Becker. Band 31: Siemering–Stephens. E. A. Seemann, Leipzig 1937, S. 57–58.
  • Lucien Simon. In: Hans Vollmer: Allgemeines Lexikon der bildenden Künstler des XX. Jahrhunderts. Band 4: Q–U. E. A. Seemann, Leipzig 1958, S. 284.
  • Wilhelm Michel: Lucien Simon. In: Die Kunst für alle. (ISSN 1435-7461) 28. Jahrgang 1912/1913, Nr. 16, S. 361–364,
  • Jean Valmy-Baysse: Lucien Simon, sa vie, son oeuvre, nombreuses reproductions. Librairie Félix Juven, Paris 1910
  • Raymond Bouyer: L’œuvre de Lucien Simon. In: La revue L’Art et les artistes. Jahrgang VI, 1907/1908, S. 523–531 (Digitalisat: Gallica, la bibliothèque numérique de BnF)

Anna Seaton-Schmidt: Lucien Simon. In: Art and Progress, Vol. 5, No. 1 (Nov. 1913), S. 3–9, JSTOR:20560993,

  • Simon, Lucien Joseph. In: Theodor Westrin, Ruben Gustafsson Berg, Eugen Fahlstedt (Hrsg.): Nordisk familjebok konversationslexikon och realencyklopedi. 2. Auflage. Band 25: Sekt–Slöjskifling. Nordisk familjeboks förlag, Stockholm 1917, Sp. 579 .
  • Simon, Lucien Joseph. In: Christian Blangstrup (Hrsg.): Salmonsens Konversationsleksikon. 2. Auflage. Band 21: Schinopsis–Spektrum. J. H. Schultz Forlag, Kopenhagen 1926, S. 426