メインメニューを開く
Lutzow1940.jpg
艦歴
発注:
起工: 1937年8月2日
進水: 1937年1月7日
就役:
その後: 1940年2月にソヴィエト連邦に売却。
性能諸元
排水量: 基準:15,660 t 満載:19,553 t
全長: 202.7 m (水線長)212.5 m
全幅: 21.9 m
喫水: 6.6 m 基準時
7.2 m 満載時
兵装: 就役時:C34 20.3cm(60口径)連装砲2基
C34 37mm(80口径)連装1基
C30 20mm(65口径)連装機銃8基
装甲: 舷側装甲帯 40~80mm、20mm(水雷隔壁)
甲板 50+30mm(最大)
司令塔 150mm(側盾)、30mm(天蓋)
砲塔 160mm(前盾)
艦載機(計画): Ar-196 4機 カタパルト1基
機関: ワグナー式高圧重油専焼水管缶9基
デシマーク式ギヤードタービン3基3軸
132,000 hp (98MW) = 32.0ノット(計画)
航続距離: 6,800海里 (12,600 km) (20ノット(37km/h)時)
乗員: 1,600名

リュッツオウ (Lützow) はドイツ海軍アドミラル・ヒッパー級重巡洋艦。同級の第3グループに属し、艦名はナポレオン戦争時のプロイセンの将軍ルードヴィヒ・アドルフ・ヴィルヘルム・フォン・リュッツォウに由来する。

概要編集

1937年2月8日ブレーメンのデシマーク造船所で起工。1939年7月1日進水。艤装中に第二次世界大戦を迎えた。

1939年の独ソ不可侵条約により、リュッツオウは350万トンの物資と引き換えに1940年11月2日に未完成のままソ連に売却された。この時には艦橋の基礎工事が行われ、A砲塔・D砲塔が搭載されていた。

レニングラートオルジョニキーゼ記念工場(第189造船所)へ曳航されたリュッツオウは、4月15日よりドイツから派遣された技師の指導の下建造作業が再開され1942年頃の完成を目指した。[1] リュッツオウの艦名は第二次大戦開戦後、ドイッチュラント級装甲艦(ポケット戦艦)1番艦「ドイッチュラント」の改名の際に再利用された。[2]

9月25日には、ペトロパヴロフスク(ロシア語:Петропавловскピトロパーヴラフスク)と改名された。これは83型と称された[3]。ソ連海軍にとって82型巡洋艦の溶接構造の船体や装甲配置、新型の高温ボイラー、10.5cm連装高角砲などは貴重な教材となった。第17中央設計局は図面や資料を積極的に研究して技術の吸収とその向上に役立てた。[4]

ドイツでソ連侵攻の準備が開始されたとき、ドイツ人技師たちはペトロパヴロフスクの建造を中断した。1941年6月のドイツによるソ連侵攻の直前では完成率は51%であった[3]。しかし、ペトロパヴロフスクは最低限の運用能力は有するものとして1941年8月15日には実戦配備に就き、浮き砲台として使用されることになった。[3]

レニングラード防衛戦ではドイツ軍に対して20.3cm砲で艦砲射撃を行った。この時にA砲塔の1門は22発を撃ったところで破裂してしまったが残りの3門で1700発以上発射したが、1941年9月17日に砲爆撃を受けて被弾浸水により港内で着底した。[5]

1942年9月10日には浮揚され、9月16日から17日にかけて修理のためにクロンシュタットへと曳航された。主砲の3 門のみが使用可能という部分的な修理を受けた結果、ペトロパヴロフスクは戦線に復帰した。[6]1944年1月には、赤軍ドイツ軍のレニングラード包囲を突破した戦闘に参加し、火力支援を行った。この年の9月1日にはタリン(Таллинタリーン)と改称された。

 
練習艦時代の本艦。

1953年3月11日にはドニエプル(Днепрドニェープル)と改称され、練習艦に艦種変えされた。1956年12月からは海上兵舎に改修され、名称もPKZ-112(ПКЗ-112ペーカーゼー・ストー・ヂヴィナーッツァチ)に改められた。

その後、1958年4月には除籍となった。そして1959年から1960年にかけて解体された。

脚注編集

  1. ^ 幻のソ連戦艦建造計画 P124
  2. ^ 幻のソ連戦艦建造計画 P124~125
  3. ^ a b c ソ連/ロシア巡洋艦建造史、51ページ
  4. ^ 幻のソ連戦艦建造計画 P125
  5. ^ 幻のソ連戦艦建造計画 P126~127
  6. ^ 幻のソ連戦艦建造計画 P127

参考文献編集

  • アンドレイ・V・ポルトフ、『ソ連/ロシア巡洋艦建造史』、世界の艦船 増刊第94集、2010年、海人社
  • 瀬名 堯彦 幻のソ連戦艦建造計画 光人社NF文庫、2017年10月、光人社
  • 大塚 好古 世界の重巡洋艦パーフェクトガイド、2007年、学習研究社