リヨン・ペラーシュ駅

リヨン・ペラーシュ駅Gare de Lyon-Perrache)は、フランスリヨン中心部にある主要鉄道駅である。1855年CF du PLMのアレクシス・サンドリエルによって建てられた。駅舎は古典的な様式で2つの屋根と旅客用建物で構成されている。

リヨン・ペラーシュ駅
駅外観
駅外観
Lyon-Perrache
所在地 フランスの旗 フランス リヨン
管理者 RFF
フランス国鉄(運営者)
駅構造 地上駅
開業年月日 1855年
テンプレートを表示

1970年代、自動車道路やインターチェンジによって景観が失われた。多くの近代的な建物で周辺が色あせたが、駅そのもは昔からの特徴を残した。プラットホームは2つの鉄骨の屋根で覆われている。当駅はパリからのTGV南東線系統のターミナル駅にもなっている。また、リヨンメトロA線や2つのトラムのターミナル駅でもある。年間利用客数は600万人である。

しかしながら、今日ではリヨンにおける重要な駅としての役割は変化してきた。1970年代にリヨン・パールデュー駅に開業によってビジネス地区が中心部の外に計画されるとパリやそれ以北に向かう高速列車のターミナル駅としてパールデュー駅の重要性が高まってきた。