メインメニューを開く

リライト (ASIAN KUNG-FU GENERATIONの曲)

リライト」は、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲。同グループ5枚目のシングルとして2004年8月4日Ki/oon Recordsから発売された。

リライト
ASIAN KUNG-FU GENERATIONシングル
初出アルバム『ソルファ
B面 夕暮れの紅
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POPアニメソング
ロック
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 後藤正文
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 2004年度年間63位(オリコン)
  • 登場回数15回(オリコン)
  • ASIAN KUNG-FU GENERATION シングル 年表
    ループ&ループ
    2004年
    リライト
    (2004年)
    君の街まで
    (2004年)
    ミュージックビデオ
    「リライト」 - YouTube
    テンプレートを表示

    解説編集

    前作から約3ヶ月ぶりのリリース。

    表題曲は、アニメ『鋼の錬金術師』のオープニングテーマに起用され、シングルとしては、バンド初のアニメタイアップとなった。シングルとしては、2017年現在バンド最大のヒットとなっている。

    日本のアニメを対象とした第1回アメリカンアニメアワードでは『Rewrite』としてベスト主題歌賞を受賞した。

    当初はCCCDとして発売されたが、現在そちらは廃盤となっている。また、歌詞カードに誤りがあったことから、一時公式ホームページ上で回収を呼びかけていた。

    芸人集団キュートンが、ダンスパフォーマンス時のBGMとして当曲を採用している。

    2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」においてアーティストソング賞(2000年 - 2009年)に選出された[1]

    収録曲編集

    全曲 作詞・作曲:後藤正文、編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION

    1. リライト
      • MBSTBS系アニメ『鋼の錬金術師』第4期オープニングテーマ。日研総業CMソング。
      • 後藤のコピーコントロールCDに対する皮肉が歌になった曲であり、本来後藤はこの曲をシングルにするつもりはなかったが、スタッフがアニメのタイアップの話を持ってきて、シングルリリースされることになった。アニメのOPとして起用されることに対しては、メンバー間でも意見が割れたが、山田の「絶対にこの話を受けるべきだ」という一言により、タイアップが決まった。結果としてバンド最大のヒット曲となったことから、山田はこの後「リライト職人」と呼ばれるようになる。またこのことから後藤は「俺には商才がない」と自虐するようになる。また2013年のヨーロッパツアーに際して、「俺たちを世界へ連れてってくれた曲」と述べている。
    2. 夕暮れの紅
      ある日突然リズム隊(山田・伊地知)が「ファンクっぽいビートをやりたい」と言ったことがきっかけでアレンジが大幅に変わった楽曲である。

    収録アルバム編集

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。