リンカーン伯爵英語: Earl of Lincoln)は、イングランド貴族伯爵位。

リンカーン伯爵
Earl of Lincoln
Blason Clinton.svg
創設時期1572年5月4日
創設者エリザベス1世
貴族イングランド貴族
初代エドワード・クリントン(9代クリントン男爵)
現所有者ロバート・ファインズ=クリントン (19代伯)
相続人ウィリアム・ハウソン
相続資格初代伯の直系の嫡出男系男子
付随称号無し

過去に8回創設されており、現存する8期目のリンカーン伯爵位は1572年に9代クリントン男爵エドワード・クリントンイングランド貴族爵位として叙されたのに始まる。1768年には9代リンカーン伯爵ヘンリー・ペラム=クリントンが伯父トマス・ペラム=ホリスからニューカッスル公爵位を継承し、姓名を「ペラム=クリントン」に改めた[1]

以降リンカーン伯爵位はニューカッスル公爵位の従属爵位としてペラム=クリントン家に継承されていたが、ニューカッスル公爵位は1988年に継承者が絶えて廃絶した[2]。一方リンカーン伯爵位は2代リンカーン伯まで遡っての分流のファインズ=クリントン家によって継承されて現存している[3]

リンカーン伯 第1期 (1143年)編集

リンカーン伯 第2期 (1143年より後)編集

リンカーン伯 第3期 (1149年頃)編集

リンカーン伯 第4期(1217年)編集

リンカーン伯 第5期 (1349年)編集

リンカーン伯 第6期 (1467年)編集

リンカーン伯 第7期 (1525年)編集

リンカーン伯 第8期 (1572年)編集

法定推定相続人はいない。推定相続人は現当主の弟ウィリアム・ロイ・ハウソン(1980-)。彼は1996年に政府の許可を得てハウソンに改姓している[4]。2015年現在、彼と彼の息子ジョーダン・ライダー・ハウソン(2004-)のみが継承可能な人物。

家系図編集

リンカーン伯 及び ニューカッスル公 クリントン家系図
 
8代クリントン男爵
トマス・クリントン
(1490–1517)
 
 
 
 
リンカーン伯爵, 1572
初代リンカーン伯
9代クリントン男爵
エドワード・クリントン

(1512–1585)
 
 
 
 
2代リンカーン伯
10代クリントン男爵
ヘンリー・クリントン
英語版

(1539–1616)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3代リンカーン伯
11代クリントン男爵
トマス・クリントン
英語版

(1568–1619)
 
エドワード・クリントン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘンリー・クリントン
別名フィンズ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代リンカーン伯
12代クリントン男爵
シオフィラス・クリントン
英語版

(1600–1667)
 
フランシス・クリントン
(?-1681/2)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノリス・フィンズ
(?-1693)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クリントン卿(儀礼称号)
エドワード・クリントン

(1624–1657)
 
6代クリントン伯爵
フランシス・クリントン
(1635–1693)
 
 
 
初代ペラム男爵
トマス・ペラム

(1653–1712)
 
 
 
ノリス・フィンズ
(1651–1736)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ニューカッスル=アンダー=ライン公爵, 1756
 
 
 
 
5代リンカーン伯
13代クリントン男爵
エドワード・クリントン

(?-1692)
クリントン男爵保持者不在
 
7代リンカーン伯
ヘンリー・クリントン

(1684–1728)
 
ルーシー・ペラム
(1695–1736)
 
初代ニューカッスル公
トマス
ペラム=ホリス

(1693–1768)
 
ケンダル・フィンズ
(1692–1740)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8代リンカーン伯
ジョージ・クリントン

(1718–1730)
 
2代ニューカッスル公
9代リンカーン伯
ヘンリー
ペラム=クリントン

(1720–1794)
 
 
 
 
 
 
 
ノリス・フィンズ
(1720–1764)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンカーン伯(儀礼称号)
ヘンリー
ペラム=クリントン

(1750–1778)
 
3代ニューカッスル公
10代リンカン伯
トマス
ペラム=クリントン

(1752–1795)
 
 
 
 
 
 
 
チャールズ・フィンズ
後フィンズ=クリントン姓
(1748–1827)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
4代ニューカッスル公
11代リンカーン伯
ヘンリー
ペラム=クリントン

(1785–1851)
 
 
 
 
 
 
 
クリントン
フィンズ=クリントン
後ファインズ=クリントン姓
(1792–1833)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5代ニューカッスル公
第12代リンカン伯爵
ヘンリー
ペラム=クリントン

(1811–1864)
 
 
 
チャールズ
ペラム=クリントン
(1813–1894)
 
 
 
ヘンリー
ファインズ=クリントン
(1826–1911)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6代ニューカッスル公
13代リンカン伯
ヘンリー
ペラム=クリントン
英語版

(1834–1879)
 
 
 
チャールズ
ペラム=クリントン
(1857–1911)
 
 
 
チャールズ
ファインズ=クリントン
(1855–1888)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7代ニューカッスル公
14代リンカン伯
ヘンリー
ペラム=クリントン
英語版

(1864–1928)
 
8代ニューカッスル公
15代リンカン伯
フランシス
ペラム=クリントン=ホープ
英語版

(1866–1941)
 
ガイ
ペラム=クリントン
(1894–1934)
 
 
 
エドワード
ファインズ=クリントン
(1886–1916)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
9代ニューカッスル公
16代リンカン伯
ヘンリー
ペラム=クリントン=ホープ
英語版

(1907–1988)
 
10代ニューカッスル公
17代リンカン伯
エドワード
ペラム=クリントン
英語版

(1920–1988)
1988年に公爵位廃絶
 
 
 
18代リンカーン伯
エドワード
ファインズ=クリントン
英語版

(1913–2001)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フィンズ卿(儀礼称号)
エドワード
ファインズ=クリントン
(1943–1999)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
19代リンカーン伯
ロバート
ファインズ=クリントン
(1972-)
 
ウィリアム
ファインズ=クリントン
後ハウソン姓
(1980-)
推定相続人
 

出典編集

  1. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  2. ^ Lundy, Darryl. “Edward Charles Pelham-Clinton, 10th Duke of Newcastle-under-Lyme” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。
  3. ^ Heraldic Media Limited. “Lincoln, Earl of (E, 1572)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2012年7月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月19日閲覧。
  4. ^ Lundy, Darryl. “William Roy Howson” (英語). thepeerage.com. 2015年8月9日閲覧。