メインメニューを開く
リンゴの木が中央分離帯に植えられている
実がなっているリンゴの木

リンゴ並木(リンゴなみき)とは、北海道札幌市豊平区にある環状通北海道道89号札幌環状線)の豊平区役所前から国道36号までの中央分離帯に植えられているリンゴ並木で[1]、豊平区のシンボルとして市民に親しまれている[2]

目次

概要編集

北海道におけるリンゴは1879年明治12年)に初めて実をつけたことに始まり、その後、札幌のリンゴ生産量は全国一となり、明治末期にはかつての平岸村(豊平区平岸地区)で栽培された「平岸リンゴ」が特産品として有名になった[3]。しかし、急速な都市化によりそれらリンゴ園は失われた[4]

1974年昭和49年)、当時の札幌市長であった板垣武四は、「札幌の街に赤いリンゴの実る並木通りを」との願いを込めて、かつてリンゴの産地であった現在の場所に、長野県飯田市立飯田東中学校生徒の手による飯田市りんご並木を参考にして造成した[4]

2017年平成29年)現在、延長約1.1キロメートルの区間、幅6メートルの中央分離帯に、「茜(あかね)」「レッドゴールド」「津軽(つがる)」「北上(きたかみ)」など13品種、計70本の木が植えられている[1]。収穫されたリンゴは、豊平区の各イベントなどで区民に無料配布されるほか、北海道日本ハムファイターズにも贈呈される[1]

沿革編集

 
りんご並木の碑(美園11条7丁目)
  • 1974年(昭和49年)11月 - 環状通中央分離帯のうち800メートルに、初めて80本(「レッドゴールド」52本、「旭(あさひ)」28本)の植樹が行なわれる。
  • 1975年(昭和50年)秋 - 収穫前にリンゴの実すべてが盗難にあう[5]
  • 1976年(昭和51年)10月 - 初収穫を祝い「豊平区民のつどい 第1回リンゴまつり」が開催される[5]
  • 1985年(昭和60年)8月 - 「リンゴまつり」10周年を記念し、地元有志(美園リンゴ会)により「りんご並木の碑」が、月寒公園の入口に建立される[4]
  • 1999年(平成11年) - 「リンゴまつり」終了[5][6]
  • 2001年(平成13年)9月 - 「リンゴまつり」に代わり、第1回「美園りんごまつり」が開催される[6]

脚注編集

  1. ^ a b c 豊平区のリンゴ並木について知りたい”. 札幌市コールセンター. 札幌市. 2019年1月10日閲覧。
  2. ^ りんご並木について”. 『美園りんごのひろば』へようこそ!. 美園地区町内会連合会 (2010年). 2019年1月10日閲覧。
  3. ^ 『開拓使時代』札幌市教育委員会編、北海道新聞社さっぽろ文庫50〉、1989年、203頁。ISBN 4-89363-049-0
  4. ^ a b c 『札幌の碑』札幌市教育委員会編、北海道新聞社〈さっぽろ文庫45〉、1988年、189頁。ISBN 4-89363-044-X
  5. ^ a b c 豊平区役所, 編纂.「とよひら (PDF) 」 『広報さっぽろ』2018年9月号、札幌市、2018年、 1-3頁、2019年1月10日閲覧。
  6. ^ a b 美園まちづくりセンター (2016年). “H28.09.22 第16回『美園りんごまつり』が開催されました (PDF)”. 新着情報(№017/2016 年度). 美園地区町内会連合会. 2019年1月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集